> > > 簡単に100万キャッシングというのは無理でしょうか?

簡単に100万キャッシングというのは無理でしょうか?

簡単に100万キャッシングというのは無理でしょうか?

ちょっとしたことでカードローンを検討しているのですが、100万というのは初回借入では難しいでしょうか?また、審査が甘いと評価されているキャッシング業者ではどうでしょうか?なるべく、簡単に100万キャッシングのような借入をしてみたいのです。

また、利用目的ですが「旅行、買い物、滞在費」となっています。全部まとめて目的に記入する場合には旅行でよかったでしょうか?最近は、カードローンとキャッシングでは審査で目的について厳しい部分が減っていると聞いています。なので、こんな自分でも審査に受かるのでは?と思っているので、なるべく好条件になるようなローンを教えてください。後、有担保ローンのようなものは財産的に対応するのは無理となっているので無担保ローンをお願いします。
(⇒融資審査に受かる基準とは?

初回借入で簡単に100万キャッシングは無理です

重要なことなので先に回答しておきますが、「初回借入は50万円まで」というケースが圧倒的に多いです。これは、銀行やサラリーマン金融でまったく違いがありません。近年では、増額審査をするような形で借入額を増やしていくような流れになっていますので、初回から100万円以上借りるというのは、業者側が特に嫌っている行為でもあるのです。また、年収について記載されていませんが、年収などとも相談しないといけません。

例えば、サラリーマン金融といった銀行以外のノンバンク系金融については、「総量規制がかかっている」ので年収の3分の1までしか借りられないようになっています。つまり、年収が微妙に300万円に届かない・・・という人は、そもそも総量規制分で100万円未満までしか借りられないはずなのです。簡単に100万キャッシングという情報が、インターネットにあまりない理由いついてもこちらが該当する場合が多いとなっています。
(⇒金融機関によって適用されるルールが違う

また、初回借入から100万円以上でも対応しているという金融業者は、ヤミ金融業者の可能性もあるので利用しないようにしておいたほうがいいでしょう。もし、相談だけの目的で使ってしまっても、場合によっては何度も電話されて面倒な目にあいます。金融業者でヤミ金融関連のものは、「高い金額のローンに対応しているか、もしくは聞いたこともない業者」である場合が多いです。

それと、簡単に100万キャッシングは無理でも、キャッシングで50万円、クレジットカードで30万円であれば審査に受かる可能性があります。できるだけ50万円以下で2つの業者から合計で100万円前後借りるようにするのが、今回の目的の達成では重要となってくるでしょう。

簡単に100万キャッシングする方法について

簡単に100万キャッシングするにはいくつか方法があります。1つ目はカードローンを利用する、2つ目はクレジットカードのキャッシング枠を利用する、3つ目は銀行から融資を受けるです。3つ目の銀行から融資を受ける案は時間がかかることもあるのでここでは1,2番目の各種方法について考えてみますどちらの場合も借り入れについてはいくつか条件があります。

条件としては収入と借り入れの状態についてです。カードローンやクレジットカードの審査は主に収入と借り入れの状態のみで審査が行われるようになっています。以前のように月給制のサラリーマンでなければ借りられないということもなく、また、収入が低すぎて審査が通らないということもありません。

収入と借り入れに見合った審査をすることで一人でも多く利用者を増やそうとしています。審査では所得を年収でチェックすることが多くなっています。そのため、月給では所得が安定しない、また、アルバイトやパートのように収入が少ない、もしくは年金生活者のように毎年春にその年の支給額が決まるなど人によって収入がはっきりする時期が違いますので年収による審査は誰に対しても公平な審査が行えます。

収入が少ないからカードローンなどが利用できないと思われがちですが、総量規制と呼ばれる消費者金融に対しての法的制限では下限は貸出の下限は設定していないので所得に合わせて貸出額が決まることになるので、例えば40万円の所得しかなくても10万円程度はキャッシングが可能となっています。

総量規制では上限を定めています。それは所得の3分の1までしか現金を貸してはならないという制限です。そのため、100万円キャッシングしたい場合には他の借り入れがなければ300万円以上の所得があれば借りられることになります。カードローンによっては契約当初から規制される額面いっぱいまで貸すことはあまりないのですが、ローンによっては最初から満額回答することも多いので収入がある場合はどんどん申し込んでみると良いです

【参考ページ】
融資限度額の条件について

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY