> > > キャッシングの融資限度額に年収はやっぱり関係しますか…?

キャッシングの融資限度額に年収はやっぱり関係しますか…?

キャッシングの融資限度額に年収はやっぱり関係しますか…?

私は非正規雇用でずっと働いていますので、給与も上がらずに毎月毎日苦しい生活を送っています…学生時代から特に優れた事も無かったし、それで就職も上手くいかないのは当たり前でして、将来の事を考えて生きられるほどの余裕もありません。さらにその日暮らしといった表現がぴったりの生き方になっています…情けないですね。せめて30になるまでには何とか現状を打開したいところですが…。

そんな私でもキャッシングが出来るカードローンを作る事ができる…そうネットで見ました。非正規雇用でもカードローンを最近は銀行でも消費者金融でも作ってくれるということで、余計な出費でもあればあっという間に生活がピンチになる私には、本当に最適なアイテムだと思います。カードローンは限度額に応じて金利も安くなるし色々使えるようになるらしいのですが…でもこのカードローン、収入が少ないとあまり役に立たないとか…。

カードローンの限度額って、やっぱり年収が関係しますか?年収が少ない私だと、あまり役に立たないカードローンになってしまうのでしょうか?この事について誰か教えて下さると幸いです…。

どんな融資でも収入が無関係な事はありませんね

非正規雇用だといつ仕事が無くなるか分からない上に、給料が増えにくいっていう問題もあるっすからね…ボーナスも貰えないところがほとんどっすし、将来の事を考えると不安でいっぱいっすよね。独り身のうちはまだ良いっすけど、結婚となると相当厳しいものがあるっす。

でもそんな立場であってもキャッシング用のカードローンは作れるのは事実っすし、さらに言えば収入によってカードローンの使い勝手は大きく変わる…っていうのも間違っていないっす。特に消費者金融でカードローンを作る場合、ダイレクトに収入がカードローンに関わってくるっすから、その理屈についてもちょっと触れていくっす。
(⇒融資審査において収入はどれくらいのウェイトなのか

まあ触れていくといっても、原理としては非常に簡単なものっすよ。カードローンを作ったとして、お金を借りたら返済する事になるっすよね?で、返済するためには収入が必要で、収入が多いほど安定してお金を返していける事になるっす。だから、収入の分だけお金を貸せると言っても良くて、収入が多い人にはたくさんの限度額を、そして低い金利もくれるってわけっすよ。仮に最低限の枠しか用意してもらえない場合、金利も高めになるからちょっとだけ使い勝手は悪くなるっすね。

さらに、消費者金融の場合は総量規制っていうルールが適用されて、年収の三分の一までしか最大でも限度額に設定出来なくなっているっす。だから収入がダイレクトに関わるって意味だと、消費者金融の方がシビアに感じるかもしれないっすね。銀行の場合は規制外っすけど、それでも収入が無関係な事は無いっす。

最低限の枠だと微妙みたいっすけど、実際はそれでも10万くらいはもらえるから、生活費の補填くらいなら十分っすよ?

キャッシングの限度額と、年収の関係について

キャッシングを利用する際、設定されるのが、限度額です。無制限に現金を借入できるのではなく、この範囲内で、借入をしていきます。上限に達したら、返済をして余裕を持たせるまで、次の借入ができません。この上限となる金額は、最初の審査の際に、業者が、利用者が提出した情報と、希望額を元に設定していきます。(参考ページはこちら→限度額の決まり方

消費者金融の場合は、年収の1/3までしか借入ができないという事を聞いた事がある人もいるでしょう。これは、消費者金融が、総量規制の対象になる為です。複数の消費者金融を利用しても、借入できる上限は、合計で総量規制の範囲内となります。

ですが、いきなり総量規制の上限まで借入できる事は少なく、それよりも低い金額で始まり、増枠を繰り返す事で、上限に近付いていく事になります。この総量規制で重要になってくるのは、その人の年収の為、収入によって、その上限は大きく変わる事になります。

それに対して、銀行の場合、総量規制の対象にならない為、収入にかかわらず、銀行が定めた上限まで借入する事が可能となっています。ただ、銀行もまた、最初は少額から始まり、増額を繰り返していく事で、その上限へと近付けていく事になります。

キャッシングの限度額は、高い程、便利に利用できると考える人は少なくないでしょう。ですが、借入したお金は、返済をしていく事になります。借入が増えると、それだけ多くの利息を支払う事になるだけでなく、長期間、返済をしていく事になります。ですから、限度額は高ければ良いというものでもありません。

必要な時に、少し借入できる程度の使い方をしていれば、短期間での完済が可能で、それにより支払う利息も、少額で済む事になり、キャッシングはとても便利で頼れる存在となります。現金は少しでも多く借入出来る方が、便利で良いと考えられがちですが、借金の場合、必要以上、借りないようにする事も大切で、設定された限度額の範囲内での利用を考える位がお勧めです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY