> > > キャッシングやローンの審査に通るか通らないかの基準って何?

キャッシングやローンの審査に通るか通らないかの基準って何?

キャッシングやローンの審査に通るか通らないかの基準って何?

子供が私立の学校に通うことになり、主人の収入だけでは生活が苦しく、私も働きに出ようかそれともお金を借りようかと迷っています。そこで、キャッシングやカードローンでお金を借りる時の審査について少し教えていただけませんでしょうか

お金を借りる時には審査があると聞きました。今まではローンを利用したことはないのですが、審査に通る、通らないの基準とはどのようなものなのでしょうか?主人の勤務先の職場が有望な職場であるかどうかとかそういうことなのでしょうか?審査に通るためにはそのようなところに注意しておけば良いのか教えてほしいです。
(⇒融資審査に通らない場合の問題はこちら

通るか、通らないかは個人の信用情報によって変わってきます

確かに、今までローンなどを利用したことがないのであれば気になる部分でしょう。今回の場合、あなたが気にしなけっればならないところはいくつかの項目があります。借りれないパターンもあるとは思いますが、まずは借りるためにどのようなことを知っておかなければならないのかを中心にご説明していきましょう。

まずはご認識の通り、今の状態からキャッシングでもローンでも現金の借り入れを考えた場合には、ご主人の情報が重要になってきます。もちろん勤務先がしっかりしているかどうかというのも審査の基準になることは間違いありませんが、今回の場合最も重要なのはご主人の過去の借り入れや過去の支払い状況ということになります。

信用情報機関には、その人が過去数年間にいくらお金を借りたか、そしてどのように返済したかが記録されています。今まで特にお金を借りたことがなく、分割で商品を購入したこともないと言うのであれば、審査に通るか通らないかというのは杞憂にすぎません。しっかりと一定期間普通に働いていれば、まず間違いなく審査に通ると思ってよいでしょう。(参考ページはこちら→仕事をしているかどうかは融資審査において重要

しかしやはり、それでも審査に通らない場合もあります。ご主人があなたに内緒で何か大きな金額のものを分割で購入していたり、小さなものであってもその分割での支払いが滞った過去があったりすれば審査には通らないということもあります。最近では携帯電話を購入するのに分割で購入するということもあります。このような支払いに遅れが出ていると審査に通らないということもあります。

この他にも、申し込みの段階で何らかの記入ミスがあった場合には審査が進まずに止まってしまうということもあります。特に電話番号やメールアドレスなどは注意深く記入する必要があります。例えば、メールアドレスの提示がなく、電話番号が間違っていたような場合には申し込み者と連絡の取りようがありません。

最近ではインターネットを利用した申し込みが主流ですが、もし手書きで記入していた場合などは「6」か「0」かわからないなど判断ができないこともあります。企業によっては両方に電話するのが一般的ですが、担当者によっては電話をすることなく「不備」として扱われることもあるでしょう。自分が分るような癖で記入するのではなく、客観的にみて判断ができる記入を心がけることが重要です。

特に専業主婦の場合には申込みの段階からご主人の同意書や収入の証明が必要になることもあります。確実に審査に通るために重要なのは、先方が審査しやすい申込みを心がけることが何よりも重要になって来るでしょう。

他のローンが通らない人でも審査通るキャッシングはアイフル

必要な資金を手に入れたいときには、消費者金融業者が行っているキャッシングローンを利用することが最適です。消費者金融業者のキャッシングローンを利用しておけば、簡単な申し込み手続きをするだけで手軽に借り入れが行えますので、どうしても足りない部分の資金の穴埋めをすることが可能になります。

消費者金融業者が行っているキャッシングローンのサービスでは、それぞれの金融業者ごとに審査が行われていますので、審査で調べられた個人の情報によって借り入れ可能な限度額が決まってきます。ひとつの消費者金融業者から受けられる融資の金額には限りがあると考えられますので、複数の金融業者から借り入れをしたいという人もいるでしょう。消費者金融業者のキャッシングローンの審査は基準が難しい金融業者では審査に通らないこともありますので、確実に審査に通るためには審査基準が甘い金融業者を選択することがおすすめとなります。(参考ページはこちら→審査の甘い金融業者の特徴

他の消費者金融業者では審査に通らない人でも、審査が通るおすすめの金融業者はアイフルです。アイフルは複数の金融業者から借り入れている人でも融資が受けられる借り換え専用の商品や、おまとめ専用の商品もありますので、他の金融業者から融資を受けている人でも借り入れができます。

アイフルの借り換え専用商品やおまとめ専用商品の場合には、法律で制限されている総量規制の適用対象外となりますので、年収の3分の1以上の金額の融資を受けることも可能です。

アイフルのキャッシングローンは携帯電話、スマートフォン、パソコンを使ってインターネットから申し込みができるので、自動契約機や店舗に来店しなくても融資が受けられます。審査スピードが速いですので即日融資にも対応してもらうことが可能で、急いで資金を集めなければならない人にとっても使いやすい融資サービスと言えるでしょう。

借り入れには運転免許証などの身分証明書や、他の金融業者からの借り入れ金額と合わせて100万円以上の融資を受けることになるときには収入証明書の提出も必要になりますので、事前に準備しておくようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY