> > > すでに40万キャッシングしていますが未だ借りられる?

すでに40万キャッシングしていますが未だ借りられる?

すでに40万キャッシングしていますが未だ借りられる?

20代男性だけど、現在40万ほどキャッシングしている状況でちょっと困っている。というのも、サラリーマン金融で借金を新たにお願いしてもNGばっかり出てしまうという状況。これってもう借りられないと考えるのが正しいのだろうか。(参考ページはこちら→何故融資審査には落ち続けてしまうのか

また、40万ほどキャッシングしているのだけど、できればもう少し借りたいという気持ちがある。できれば70万円まで借りたいのだけど、これって別から借りたほうがいいのか?このへんがよくわからないので、できる限り効果的な方法を教えて欲しい。それと、キャッシングを銀行に切り替えると大きく借りられるというのは本当?なんでサラリーマン金融より借りられるのかもわからないので、その辺についても教えて欲しい。(参考ページはこちら→企業によって借入条件は異なるものです

カードローンもキャッシングも銀行の方が借りられる

キャッシングについてだけど、20代で40万円なのであればそこまで厳しい状況ではないだろう。というのも、今では「銀行カードローンでおまとめ」という対応が存在するからだ。現状を把握すると、とりあえず借金について返済では困っていないようなので、「さらに借りるという方向で話を進めていこう」と思う。そして、銀行カードローンのおまとめについてだけど、カードローン件数が多くない人向けのローンとなっている。

すでに弁護士などを通じて返済不履行について相談されている・・・という場合は、この便利なおまとめローンについても使えないと思っておいて欲しい。そして、利用できる前提で話を進めていくが、銀行カードローンはなんと「1~500万円」までであれば相談に乗ってくれるようになっている。当然、収入によって増減するようになっているが、インターネットのおまとめローンの話では200万円前後で借りている人が多い。

次におまとめローンについて詳細を案内していくが、おまとめローンとは「決まった業者でカードローンをまとめる」というローンプランだ。近年では、借金返済に困っている人が利用していることで知られている。また、おまとめローンにすると金利優遇キャンペーンなどもあって金利が安くなったりする。つまり、他のローンプランと比較すると非常に有効的なサービスということだ。

さらに、おまとめローンであれば100万円以上であっても「収入証明不要」となっている。つまり、年収があまり高くない人でも長期でローンを組ませてくれるのだ。借入限度額をさらに大きく増やしたいという場合にも使えるので、借入で迷っている場合には検討してみて損はない。
(⇒年収が低くても融資審査には通れる?

キャッシングで40万借りるための方法について

キャッシングサービスはとても便利なサービスですが、利用する側にとってよくわからないことが多いと言われています。その中でも利用限度額の設定方法についてはよくわからないという方が多いようです。利用限度額は大きく分けて2つによって決められています。ひとつは法的制限、もうひとつは独自のルールです。

法的制限については主に消費者金融に制限があります。消費者金融には法律で所得の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限、いわゆる総量規制があります。総量規制はすべての消費者金融の現金の借り出しに作用しますが、金融機関の扱う借り出しについては適用されませんが、金融機関のサービスであっても保証が消費者金融であったり、そもそも消費者金融のサービスを代理サービスしている場合には適用となります。

複数の金融機関や消費者金融から借りている場合でも情報は各社で共有できるのですべての借り入れがチェック対象となります。例えば40万円現金で借りたい場合には所得が120万円以上ないとダメだということになります。

2つ目のポイントは自社で決めている独自のルールです。自社の独自ルールは法律での貸出上限に加えて社内での上限を設けていることが多いです。社内ルールでは例えば新規の顧客で他の自社ローンを使っていない場合には限度額を一律20万円を上限にするなどです。所得がしっかりあり、他の借り入れがないのに借入可能額が低い場合にはこのルールが適用されていると考えられます。

もし、さらに借りたい場合など増額申請ができますが、最初の契約から、半年から1年程度あけてから増額申請を受付けている場合が多いので他の会社のローンを検討するほうが良いと思います。利用限度額については利用していなければ他のローンに影響しませんが、利用した場合には法律の制限を順守するため、利用限度額に余裕があっても突然利用停止とする場合も多いので注意が必要です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY