> > > キャッシング審査と他のローン申込みって何か関係ありますか

キャッシング審査と他のローン申込みって何か関係ありますか

キャッシング審査と他のローン申込みって何か関係ありますか

キャッシング審査と他のローンを申し込んでいること、利用していることって何か影響するのでしょうか。別段申告しなければ特に問題ないでしょうか。

教育ローンを申し込んでいてそれが利用できる見込みなので、今からキャッシング審査を受ける時はローンがある状態になるかと思います。何か影響は出ますか?

キャッシングの審査では他のローン利用が影響します!

キャッシングの審査で他のローン利用は影響してしまいます。それは、返済能力を計る上で他にローンがあるかないかという事が重要なポイントになるためです。他にローンがあるという事は、そのローンの返済をしているという事になります。その返済金額が多い、少ないにしろ毎月の出費になっていることは間違いありませんよね。新たにキャッシングの返済が現在の返済金額に加わったときにしっかり返済することが出来るのかは当然重要になりますし、生活に支障が出るようであれば返済できなくなる可能性だってあります。キャッシング会社が重要視しないはずがありません。

もちろん、他のローンがあるからキャッシングは利用できません、と直接繋がるわけではなく、そのローンの返済金額や返済残高がいくらあるのかということもとても重要です。返済残高がかなり残っていて毎月の返済金額も大きいようであれば当然返済能力は低いと判断されてしまいます。もし余裕があるのであれば、出来るだけ今のローン返済残高を少なくする、もしくは完済してからキャッシングの申し込みをするようにしておきたいですね。

キャッシングを申し込む際には必ず現在他社の借り入れがないか、ローン利用が無いかということを記載する欄があります。自己申告という事になりますから隠してもばれないのではないか、と考えて意図的に記載しないという選択も出来るでしょう。しかし、キャッシングの審査はそんなに甘いものでは無く他社からの借り入れやローン利用というのは簡単に調べられてしまうのです。ここで嘘をついてしまう、情報を隠してしまうというのは得策ではありません。
(⇒融資の申し込みも慎重に

ローンを申し込んだという情報、そしていくら利用しているか、毎月の返済に遅延は無いかといった情報は個人信用情報に登録され、その情報は個人信用情報団体に加盟している銀行や貸金業者がチェックできるようになっています。情報が共有化されていると考えてください。黙っていればばれないということはありませんし、嘘をつくことで審査に不利になる事もあります。他社利用が必ず審査NGに繋がるわけではありませんからまずは現在の自分の状況をありのまま申告し、審査に挑むようにしておきましょう。
(⇒自分が融資審査に通るかどうか考えてみよう

キャッシング審査と他のローンととの関係とは

お金が足りなくなると、生活をしていくのが大変になってとても困ります。そんな時には、人から借りるという方法もありますが、額が大きかったり、先の事を考えて揉め事を作りたくないのであれば、ほかの金融会社などに借りることを検討するといいでしょう。

ほかの金融会社というと、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがありますが、どこの会社にしても審査があり、基準も違ってきます。特に銀行やクレジットカード会社では審査が厳しく、時間がかかるのですが、それでも経営が堅く、金利手数料の負担がわりと軽めなので総合的に考えると悪くはないでしょう。また、消費者金融では、審査が緩く、即日審査・即日融資でスピーディな対応ですが、金利手数料が若干高めです。それぞれのメリットやデメリットと自分の置かれた状況を踏まえて決めていくといいでしょう。

通常、申し込みの時点で氏名や年齢、職業、年収、家族構成、住宅の形態などについての個人情報を伝えることになります。その時にほかからの借り入れなどについても記載するところがあります。住宅ローンなどのほかのローンとの兼ね合いもあります。もちろん、職場への在職確認や収入の確認などを行った上で、返済能力の有無を審査することになります。

ですから、キャッシング審査と他のローンというのは、とても関係があるものなのです。

しかしながら、一度審査に通れば、次回からは審査なしでそのままコンビニや商業施設などでキャッシングをすることが出来るようになるので便利です。上手に使えば、とても頼りになるのがキャッシングなのです。

このようにキャッシングというのは便利なので、うまく使えばいいのですが、あまりにも簡単にお金が手に入ってしまうので、つい使いすぎてしまうこともあります。そうならないようにするためにも、借金をしているという意識をしっかりと持って、計画的にお金を使い、返済をしていくようにしたいものです。(参考ページはこちら→融資の返済は計画的に

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY