> > > 宮崎太陽銀行のキャッシングには何か特徴のような物がありますか

宮崎太陽銀行のキャッシングには何か特徴のような物がありますか

宮崎太陽銀行のキャッシングには何か特徴のような物がありますか

主人の転勤で宮崎県に先週引越してきました。これまでも地方を順次回ってきたので銀行はメガバンクの一つに口座を持っていて、もう一つその転勤先の地方銀行に口座を作ることにしています。そこで宮崎でも良さそうな銀行を探している最中です。我が家は主人の給料はそれなりなのですが、子供の教育にお金がかかる時期で、給料日近くになるとお金がなくなってしまうことが良く有ります。このため地方銀行ではカードローンを利用してキャッシングをすることを前提にしています。

そこでまず近くにある宮崎太陽銀行を覗いて見たのですが、どういう訳かカードローンが何件も有って何が良いのかわかりません。他行も見てみたのですが、やはりすぐ近くなら困った時も安心ですから立地としては宮崎太陽銀行にしたいと思っています。大きなお金は借りないので利息の心配というよりは使い勝手が良いものを選びたいと考えています。そこで何件もあるこのカードローンにはどの様な特徴が有るのかを教えて下さい。

6種類のカードローンが有ってそれぞれ借り入れ条件が有ります

地方銀行では複数のカードローンを提供しているのは珍しいことではないのですが、宮崎太陽銀行の様に6種類も用意しているところはちょっと珍しいと言って良いでしょう。あなたの様にどれにすれば良いのか迷ってしまってもおかしなことではありませんし、はっきり言ってもう少し数を絞った方が利用者的には良いと思います。これは経営上の問題なのかもしれませんが、各カードローンはそれぞれ保証会社が違っており、そういったお付合いも理由としては有るのかもしれません。(参考ページはこちら→保証会社とはどんなところ?

利用はすべて20歳以上と言うことで話を進めます。まず使い上手というカードローンの場合65歳まで利用することが出来ますが宮崎太陽銀行サン太ポイントバンクに加入していることが前提になり最大500万円まで借りられます。二つ目のキャッシュフルの場合70歳まで利用できやはり宮崎太陽銀行サン太ポイントバンクに加入していることが前提で同じく500万円まで借りられます。3つ目の太陽カードローンは65歳までで上限が300万円になり、申し込みは郵送のみになっています。(参考ページはこちら→たくさんの限度額を用意してもらうのは難しい?

4つ目のカードローン九総信型は70歳まで対応しており、学生以外は申込みが出来最も縛りが少ないと思われるもので500万円まで借りられます。5つ目はプレミアムカードローンで宮崎太陽銀行で住宅ローンのを利用している人だけが対象になり300万円まで借りることが出来ます。最後が太陽パワーカードローンで70歳まで利用でき宮崎太陽銀行サン太ポイントバンクに加入していることが前提で500万円まで借りることが出来ます。

この他金利の違いや固定金利や変動金利の違いなどが有ります。どれが良いのか本当に迷うのですが、最初の契約では金利差はそれほど無さそうですし、借入も少額であるのであれば、返済金額がどうなるかなどを考慮して選んでみてはいかがでしょうか。どうしても分からない場合には銀行に行って窓口で相談して見るのが一番良いと思います。またご主人の意向も有るでしょうからすぐに決めないで一度持ち帰って決めるようにして下さい。

宮崎太陽銀行のキャッシングサービスについて

宮崎太陽銀行でキャッシングサービスを利用したいと思ってる方がおられるかもしれません。宮崎太陽銀行は文字通り銀行ですから、まずは銀行の特徴について知っておく必要があります。(参考ページはこちら→銀行系融資のまとめ

例えば、金利についてはどうでしょうか?返済負担を考えるうえで金利という要素はとても大切ですが、銀行の場合、金利は比較的低く設定されています。それは消費者金融系と比べても明らかですが、銀行の金利は負担が軽いのが特徴です。

ただ一方、金利が低い分、審査基準は厳しく設定されています。銀行では、他の消費者金融系とは違って、一定の収入があれば誰でも利用できるというわけではありません。より厳しくより細かく調査が行われ、あらゆる属性において基準を満たさなければ審査に通過することができません。その一つが雇用形態ですが、銀行では正規雇用以外の雇用形態では、審査に通りづらいのが現状です。利用者はまずこの点をよく覚えておきましょう。(参考ページはこちら→非正規雇用では融資を受けるのが厳しくなる?

さらに、審査にかかる時間についてもチェックしておく必要があります。この点も消費者金融系とは対照的ですが、銀行の審査は比較的長い時間がかかります。審査時間が長いということは、即日融資などのサービスがしづらいということであり、スピード融資を望む方には不利になるといわなければなりません。申し込んだその日に融資が受けたいと考える人もおられるかもしれませんが、そのような方には銀行は向いていないといえるでしょう。

ただし、高額融資を受けるにあたっては銀行は逆に有利であるといえます。その理由は、銀行は総量規制の対象にならないからです。総量規制とは、申込者の年収の3分の1までしか貸付できないという制限のことですが、消費者金融系はこの総量規制の対象になります。したがって、消費者金融では大口融資が望めないのが現状ですが、銀行はそうではありません。銀行は総量規制による借入制限を受けないので、融資限度額は銀行によって恣意的です。高額融資を望む方にはこれは大きなメリットといえるでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY