> > > 三菱UFJ銀行のキャッシングの審査は何を見ているの?

三菱UFJ銀行のキャッシングの審査は何を見ているの?

三菱UFJ銀行のキャッシングの審査は何を見ているの?

カードローンでキャッシングを利用しようとするときに避けて通れないのが審査ですが、私は現在アルバイト生活で、収入は決して安定せず、年収も多くは有りません。したがって私が利用したら返済は非常に苦しいと思います。しかし私に似たような状態の人が審査に通って実際に利用している場合も有って、審査と言うのは大したことをやっていないのではないかと考えることも有ります。私も本当は出来れば生活の安定のためにもキャッシングを利用したいのです。

私は以前から三菱UFJ銀行に口座を持っていてお付合いが有ります。しかもネット上の経験談によれば三菱UFJ銀行のカードローンは比較的審査が緩いと言う話を読んだことがります。そこで今度思い切ってこのカードローンに申込んでみようと思うのですが、その前に確認したいので三菱UFJ銀行のキャッシングの審査は何を見ているのかを教えて下さい。消費者金融はちょっと心配なので三菱UFJ銀行が駄目そうなら諦めたいと思います。

審査するのは返済能力と信用情報の大きく分けて2点です

三菱UFJ銀行に限らず通常の金融機関が審査を行うのは返済能力の評価と信用情報の確認です。審査基準は各金融機関独自の内容を持っていますので、その点で審査の結果が左右されます。審査基準の内容にあなたの評価を下げるような内容が含まれていなければ評価は高いですし、含まれていれば評価は厳しくなります。したがって似たような状態の人と言っても細かい部分ではちがうでしょうから、その人の結果をもとに自分も大丈夫だと判断するのは早計です。

確かに三菱UFJ銀行のバンクィックというカードローンは審査がゆるいと言われていますが、審査は個人の状況によって違いますので、あなたが通るかどうかは判断しかねます。ただ基準としてはやはりアルバイトよりも会社員の方が評価は高くなります。しかし金融機関は要するに利息を付けて返済がして貰えれば良い訳ですから、自分は長期にアルバイトを続けていて、年収も安定している、あるいはここ数カ月の月収は安定していると言うことを示せれば評価は上がるでしょう

またあなたは消費者金融はちょっと心配と言っていますが、銀行のカードローンの信用保証業務は大手消費者金融が行っているのをご存知でしょうか、今やほとんどの大手消費者金融は大手銀行の傘下に入っており、経営的には非常に安定していますし、上場も果たしており、上場時にはそれまで噂されていたような裏組織との繋がりも切れていますから、特に敬遠するような理由は有りません。今では上限金利も抑えられ、大変利用し易くなっています。

したがってもし銀行の審査が駄目であっても、多少審査がゆるくなる大手消費者金融であればキャッシングできる可能性は高い筈です。三菱UFJ銀行に特別にこだわりが有るような場合は別ですが、審査に通ら名ようなときには、他の方法も有ると言うことは覚えておいた方が良いでしょう。ただし借り過ぎは良く有りませんので、三菱UFJ銀行の審査に落ちたら、キャッシングを諦めると言うのも選択肢としては良い方法だと言えるかもしれませんね。

三菱UFJ銀行のキャッシング審査とは

銀行系のキャッシング審査と聞くと、金利が安い分厳しくなっていると考える方も多いのではないでしょうか。実はそうとも限らないのです。

と言いますのも、銀行では本来お金を貸すことを仕事とはしていないため、お金を貸すことに関しては素人なのです。ですので銀行がキャッシング業務を行う際には、そのノウハウをプロに教えてもらい、それを採用しているのです。

そのプロとは消費者金融になります。今現在キャッシング業務を行っている銀行の多くは消費者金融と提携を組んで、行っています。ですので審査の基準に関しても、消費者金融の物を、そのまま採用していることが多くなっているのです。

このことは三菱UFJ銀行の社員の方も「銀行がキャッシング業務を行う理由は、消費者金融で借り入れることができなかった利用者の受け皿になる為です。」と、このように語っています。

ですので銀行系は審査が厳しくて、消費者金融は審査が甘いという考え方は間違いとなります。また消費者金融では、昔悪質な取り立てが多く、借金で破産する方も多くいました。

この事態を重く見た国が、対策を打ち出し年収の3分の1以上の金額を貸すことを禁じた総量規制を制定しました。これにより借金で破産する方も減少していったのですが、実はこの総量規制は銀行系には適応外となっているのです。

このことから考えると、むしろ銀行系の方が優しくて、消費者金融の方が厳しいと考えることもできます。では銀行系ではどのような審査を行うのか見ていきましょう。

最も重要な項目は仕事になります。当然働いていることが前提で、そこから年収、勤務期間、雇用形態などを総合的に判断していきます。

雇用形態はリストラなどのリスクが低い方が良いので、公務員が最もよく、次に正社員、アルバイトやパートは評価が低くなり、自営業もどんなに収入が多くても、低評価とされてしまいます。

また勤務期間は一般的に最低半年は勤務している必要があるとされています。確実に借り入れたい場合には1年以上は働いている方が良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY