> > > フリーランスの場合はキャッシングの在籍確認をどうやるの?

フリーランスの場合はキャッシングの在籍確認をどうやるの?

フリーランスの場合はキャッシングの在籍確認をどうやるの?

若い人を中心にフリーランスで働くという人が増えているようですね。私はそういうブームが来る前からフリーランスで働いていたわけですけれども、いろんな働き方ができるということはいいことですね。ただフリーランスは信用も低いしいいことばかりではありません。

特に思うのはフリーランスでキャッシングをする時です。キャッシングをすることが難しいですし、そもそも在籍確認などもできないかと思うのです。会社で働いていないのですから当たり前なのですが、どういうふうに在籍確認をすればいいのでしょうか。

フリーランスの在籍確認は本人確認と同じようなもの

フリーランスで在籍確認をするということは基本的にはありませんから気にしなくてもいいでしょう。在籍確認が必要なのは働いている人で会社員などの外で働いている人だけです。自分の事務所や自宅で働いている人に、わざわざ在籍確認をする必要もありません。それに所属というものもあるかどうかわからないですから、必要ないということになります。

さて、フリーランスは在籍確認をされない代わりに本人確認の時に色々と聞かれることになると言われています。「仕事はどういうことをしているのか」というところから、収入の詳細なんかについても聞かれることになります。収入については特に厳しく聞かれることになります。在籍確認がない代わりに、いろいろなものを提出するように言われたりするでしょう。所得税の課税証明書などです。
(⇒融資の在籍確認は様々な方法があります

多くは課税証明書もそうですが、去年の確定申告書を出すように言われたりするんじゃないかと思います。確定申告書ならば確実ですしそれによって収入もわかります。たとえ売上がかなりあったとしてもその売上だけを見ているのではなく、最終的に残った利益を見てフリーランスは評価されるのです。利益が少なければ借入自体ができない場合も考えられるでしょう。

フリーランスの評価というのは一般的には「自由でいいなぁ」というイメージが有ります。自由なのはそのとおりですけれども、必ずしもフリーランスのほうが会社員よりも恵まれているということもありません。フリーランスのほうが恵まれていない、ということもあります。その一つがこのキャッシングの評価でしょう。

キャッシングを会社員時代と同じように使えると思っていたら、脱サラした後はかなり大変になってしまうでしょう。フリーランスは在籍確認なしで借入をすることができますが、だからといってキャッシングはしやすく放っていない、ということは覚えたうえで若い人たちには独立してもらいたいものですね。

キャッシングフリーランスの在籍確認ならこの裏技を使え

サラリーマンなら決まった日に決まった収入があるので、支払いが滞ることはありませんが、自営業やフリーの仕事の場合は、決まった日に決まった収入があるとは限らないので、支払いなども遅れることもあります。自営業やフリーの仕事は、病気になると収入も入ってこないので、生活がとても苦しくなります。

そんな時にキャッシングできるカードを一枚持っているだけで、いざというピンチもしのぐことができます。キャッシングの申し込みは、安定した収入があれば、パートやアルバイト、主婦やフリーランスでも申し込めることができますが、フリーランスの場合は審査がとても難しくなります。

なぜフリーランスだと審査が難しいかといえば、在籍確認がしにくいことがあげられます。会社などと契約していたり、事務所を借りて働いているなら、在籍確認もとりやすいので審査もスムーズにいきますが、勤務先がない場合は在籍確認が難しくなります。自宅で仕事をしている場合は、自宅に電話をかけて在籍確認としたり、納税証明書や確定申告書の控えなどを提出させて在籍確認の代わりにすることもあります。

フリーランスの場合は、手続きに時間がかかるので、少し余裕をもって申し込む方がいいでしょう。フリーランスの審査自体は本人の収入や借入状況などをみて、総合的に判断することが多いです。大手の消費者金融の方が審査が通りやすいので、できるだけ大手の消費者金融に申し込むといいでしょう。

キャッシングの審査は、無職の人でも安定した収入があれば、申し込めるケースがあります。そのケースとは、専業主婦でも配偶者に安定した収入がある場合や、年金を受給している人です。専業主婦の方は、配偶者の収入証明書と同意書が必要になるので、あらかじめ申し込む前は用意しておくといいでしょう。年金受給者は、年金だけでもキャッシング出来る場合と、年金だけではキャッシングできず、他に安定した収入がないと申し込めない場合があるので申し込む前に確認が必要です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY