> > > 給料口座はキャッシングの引き落とし口座と同じがいい?

給料口座はキャッシングの引き落とし口座と同じがいい?

給料口座はキャッシングの引き落とし口座と同じがいい?

今度キャッシングを引き落としに変えようと思っています。なんだかなんだでいろいろな方法を試してきたんですけれども、ATMでの返済はコンビニに行くついでに出来るという利点があるけれども、忘れてしまうなぁというのがあるんです。たまたまコンビニで思い出して支払ったというのが何度かあったので。(参考ページはこちら→コンビニATMも使えるカードローン

そういう意味ではキャッシングの引き落としを行ったらまず忘れないでしょうからいいだろうなと思うんですが、このキャッシングの引き落とし口座というのはどこにした方がいいんでしょう。給料口座と同じところでも大丈夫ですかね?それとも別にした方がいいでしょうか。

返済忘れを防ぎたいなら給料口座と同じにするのがベスト

銀行口座の運用方法は人によってかなり違いがありますよね。例えば給料の振込口座があって、実際に使うお金を置いておく口座があって引き落としなどに対応するための口座があるというように、いくつかの口座を使っているという人もいます。貯金用の口座なんて言うのを作っている人もいますが、もし支払いミスを無くしたいというのであればキャッシングは給料口座からの引き落としがいいでしょう。

やはりキャッシングで返済を忘れないためには一番いいのが支払いミスをなくす引き落としということになります。引き落としが一番いいのですけれども、引き落としでも忘れてしまうことがあります。それが口座にお金を入れておかないという時です。特に引き落としの専用口座というのを作っている人に限って、そこにお金が入っていないということはよくあることです。

これを防ぐための方法としてはやはり給料口座と同じ所から引き落としをするという方法がいいでしょう。給料口座と同じにしていればまずミスをすることはないので引き落としされないということもありません。キャッシングの印象も良くなるでしょうし、増額などもできるようになっていくと思います。だから出来るだけ一番お金がある口座と一緒にしておくべきです。

もちろんそれ以外の、引き落とし以外の方法を使うというのも悪くはないです。ATMでの支払いを選んでいる人は一番多いと思いますが、そのときは余裕を持って支払うようにしないとダメでしょうね。特に日程的な余裕というのがなければ厳しいでしょうから、日程の余裕は必ず持って3日前くらいに携帯のアラートなどで知らせるようにしておく必要が有るでしょう。

そこまでして必死になって忘れないようにするなら、やっぱり給料口座と一緒にして引き落とししてしまうのがいいでしょうね。

【こちらも参考に】
返済に自信が無い人は練習してみましょう

キャッシングと給料振込の口座が同じでも大丈夫?

お金がどうしても足りない時に何とかする方法として、非常に役立つのがキャッシングといえます。最近では以前にも増して審査時間が短くなりましたし、ネットや携帯電話で申し込みもできてとても便利なのです

そして返済もいちいち出かける必要がない口座引き落としがとても便利といえます。申し込みの際に登録しておけば、返済日当日にはそこから必要な金額を引き落としてくれるのです。

もちろん借り入れの際の入金も、同じ口座にしてもらうことができます。ですから、店舗へ行かずとも提携している銀行やコンビニのATMでお金を引き出せるため、周囲の人々の目も気になりません

とても便利に利用できるキャッシングですが、お給料の振込口座と同じでも大丈夫なのでしょうか?その答えは、OKといえます。給料振込用とキャッシングの取引が同じ振り込み先でも、全く問題はありません。

しかし一つ条件があります。お金を借りる予定の会社が、口座を開設している銀行に振込み可能であることです。会社のシステム上、銀行によっては振り込みできない可能性もあるからです。それでも、心配な点があるといえます。給料の振込と一緒ということで、会社にお金を借りていることが分かってしまったり、何か不利益を被ることがあるのではないかという問題です。

でも、そんな心配は一切必要ないのです。振り込み先が給料と同じだからといって、会社にキャッシングの利用が分かることは全くありませんし、何の不都合もないのです。

むしろお金の管理が分かりやすくなり、返済日に支払いを忘れることもないため、メリットの方が大きいといえます。家計管理面からいっても、数多くの銀行と取引して複雑になるよりも、シンプルで分かりやすい方が良いといえます。

このようにキャッシングは、現在給料振り込みに利用しているものと同じ口座を利用できる上に、手軽にお金を借りられるという大きなメリットのあるシステムといえます。上手に活用して、充実した暮らしを送りたいものです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY