> > > キャッシングローン手数料はだいたいどのくらいかかるの?

キャッシングローン手数料はだいたいどのくらいかかるの?

キャッシングローン手数料はだいたいどのくらいかかるの?

いつも借り入れをするときには、いろいろな情報を集めて「ここを使おう」というようにかなり吟味するようにしているんですが、最近あ一つのところに決めていたので、よく知らなかったことがあります。それがキャッシングローン手数料というものが結構あるということです。

キャッシングローン手数料っていったい普通はどのくらいかかるものなんでしょうか。人によっては結構掛かると言っている人もいますし、私の場合はほとんど支払っていないので業者によるとは思うのですが、一般的にはどの程度なんでしょうか?
(⇒融資を受ける為の条件について

キャッシングローン手数料は引き出しと振込の時にかかる

キャッシングローン手数料というのがあって、それをしっかりチェックしていない人もいるみたいなので、借り入れをするときにはどのくらい手数料がかかっているのかとういのは見ておいたほうがいいでしょう。たいていの業者では係る場所というのが決まっていて、借入をした時と返済をした時のどちらか、もしくは両方ともにかかるという場合がほとんどだと思っていいでしょう。

大手の銀行系カードローンの場合、そういったものがないところもありますが、これは例外で地方銀行であろうとも信用金庫でも、消費者金融でもまずほとんどの場合はこのキャッシングローン手数料はかかります。だいたいどのくらいの金額かというと100円から500円といったところです。そこに消費税がかかってくるといったものになっているのですが、かかっていることがわかりにくいのもあるでしょう。

なぜなら例えば3万円足りないからということもあって、3万円だけATMで借入をした時には手元に3万円がATMから出てきます。ここで手数料が400円と消費税がかかると消費者金融から借りたとします。その時に3万円借りているのに画面上、つまり残高としては借り入れていて返済しなければいけない残高が3万400円と消費税というようになっている、というわけです。

手元には3万円しか無いので借りた側としては「3万円借りた」というイメージかもしれませんが、実はそこに手数料がかかっているということがあり、手数料も元金のうちに入るのです。もちろん金利も付きますから、無いに越したことはないのです。大手の銀行系カードローンではそういったものが一切ないところもあるのですが、人気に秘密の一つといえるかもしれません。

キャッシングローン手数料は一回ずつにかかりますから、こまめに引き出しをしたり返済をする人にとってはかなりの負担になりかねませんのでしっかりチェックしてから使うようにしましょう。

キャッシングローン手数料がかからないメリットとは

お金が必要なとき、家族や友人に頼むよりもずっと気軽で計画的な借り入れができるのがキャッシングやカードローンです。こうしたキャッシングカードローンは、使用目的の制限が無い自由な借り入れです。そのため、遊びに使おうと専門学校に使おうと審査に影響することがないのです。一般的なローンが住宅ローン、カーローン、教育ローンなど貸付の使用目的が決められているのに対しキャッシングやカードローンは大変自由度が高いのです。しかも保証人も担保もいらないので、誰にも迷惑をかけずに借り入れをすることができるのです。

こうしたキャッシングローンの魅力は手数料不要というところにもあります。通常銀行にあずけている自分の口座の預金ですら、時間外や休日に引き出すときには多額の手数料がかかってしまいます。中には口座とは違う銀行のATMなどを時間外に利用した時など324円などかなり高額な手数料が掛かるケースもあり、その額も軽いものではありません。

一方、キャッシングローン手数料はコンビニエンスのATMを使っても無料というケースも多いのです。借り入れは各社競争のためサービスを充実させており、より便利で豊かなキャッシングローンの利用のために、手数料を廃止している会社も多いのです。借りたい時に手数料無料で時間を選ばずに借りることが出来るのは大きなメリットですが、さらに有利なのが返済時も手数料がかからないというところです。

借り入れは借入期間を短くすればするほど返済総額を減らすことができます。そのため、お金が出来た時にこまめに返済しておくのが上手なキャッシングローンの利用方法なのです。返済も最寄りのコンビニエンスのATMから行うことができ、使用手数料もかからないのであればこれも大きなメリットと言えるでしょう。
(⇒返済は計画的にしよう

うまく利用することで、自分の口座から預金を引き出すよりも、低価格に借入返済をすることができるのがキャッシングローンの充実したサービスと大きな魅力なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY