> > > キャッシングのこまかい審査シミュレーションをしたい

キャッシングのこまかい審査シミュレーションをしたい

キャッシングのこまかい審査シミュレーションをしたい

お金を借りるのは初めてで、キャッシングをしたらどう返済していけばいいのか、月にいくらくらい返済すればいいのか、どれくらい利息が付くのかなどがわからず、不安です。できたら細かい返済シミュレーションをして、一番条件の良いところで借入したいと思うんですけどそういった細かいシミュレーションはどうやったらできるんでしょうか?
(⇒融資利息の計算について

各金融会社のHPなどで行えます

返済の細かいシミュレーションはキャッシングに慣れた人でも結構難しいものです。返済方式や利息、サービスなどにより返済状況はいろいろ変わってきますし、計算がめんどかったりもしますしね。でも、やっぱり返済シミュレーションはしたいものですよね。大体の消費者金融は細かいシミュレーションができるように、HPなどに返済シミュレーションページを持っていることが多いようです。もし、HPなどになくても、ネット上には返済シミュレーションサイトがたくさん存在してますのでそういうのを利用するのがベストでしょう。

返済シミュレーションをするにはまず、借り入れる金額、利率、返済期間、返済方式の4つの情報が必要です。当然、借入金額が少なく、利率が低く、返済期間が短い方が断然低い金額で返済していけますし、同じように返済していっても早く返し終わるでしょう。返済方式はちょっと複雑なのですが、基本は元本で計算するのか、一定の利息を払い続けるのかということになってきます。一般的には残った元本で利息がはじき出されることが多いので、返せば返すだけ返済する金利も低くなってきます。ただ、毎月支払う金利額が変動するということですから面倒と言えば面倒ですね。この計算で躓く人が多いようですので、やはり機械に任せてしまったほうがいいでしょう。

計算の仕方としては・借入金額+利息-返済額が一つの項目となり、・残金+利息-返済額を繰り返していくことになるでしょう。これを見るといかに計算が面倒化がわかりますね。期間が長引けば長引くほど計算するのが面倒になってきます。

実際には、一括払いや繰り上げ返済などを利用してシミュレーションよりも早く安く返済したというパターンが多いようです。一括返済や繰り上げ返済は利息軽減効果がありますので生活に余裕があればやってみてもいいかもしれませんね。しかし、余裕がないというのであれば無理をせず、シミュレーション通りに返済することをお勧めします。

細かいシミュレーションを確認し、自分にとって無理のない範囲での借り入れを行いましょう。

キャッシングの細かい審査は簡易審査シミュレーション後に

キャッシング初心者は、本当に借り入れできるのか、どれくらいの額を融資してもらえるのかが気になるところです。おおよその目安を知るためには、簡易的な審査を受けることが有効です。簡易審査には個人情報の入力が必要ありませんし、Web上から気軽に行うことができます。良い審査シミュレーションになりますので、キャッシングに慣れていない人は一度行ってみることが大切です。審査基準は会社によって異なりますので、できれば複数で行ってみて結果を比較してみるのも良い方法です。(参考ページはこちら→複数の金融業者で条件が異なります

簡易審査を受けてみると、自分がどのくらいの信用度なのかが分かります。一般的な借り入れ上限額も把握できますので、実際の申し込みをする際に参考になります。目標額とあまりにもかけ離れている場合には、もう一度借り入れ額について検討してみる必要があります。また、簡易審査に通ったからといって、実際に借り入れできるかどうかは行ってみないと分かりません。

シミュレーションができたら、借り入れ先を絞り込んで申し込みを行います。ここではじめて細かい情報を入力するわけですが、審査を有利に進めたいからといって事実に反するようなことを入力してはいけません。後で本当のことが明らかになった時に、より厳しい状況に追い込まれてしまいます。

審査の際に本人確認書類や収入証明書を求められたら、速やかに提出することが大切です。提出が遅れると、その分借り入れが遅れてしまいます。大抵の金融会社では、過去に遅延があったり、自己破産等を起こしていたりしなければ、審査には無事通過します。
(⇒申し込みで必要になる物は事前に用意しておこう

中には、予想外に多い限度額を提示されるケースもあります。銀行系では限度額が高いところが多く、利子も低めですので、借りやすいといえます。ただし、借り入れすれば当然返さなければなりませんので、必要最低限の額だけを借りた方が後が楽です。借り入れできる額イコール返せる額ではないということを、申し込む際には覚えておかなければなりません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY