> > > オリコのショッピングとキャッシングで利息が高いのはどっち?

オリコのショッピングとキャッシングで利息が高いのはどっち?

オリコのショッピングとキャッシングで利息が高いのはどっち?

オリコのショッピングとキャッシングで利息が高いのはどっち?

来月旅行に行くのですが旅行用でオリコカードを作ろうと考えてます。カード自体持っていないので良く分からないのですがショッピングとキャッシング、そしてIDでの支払いができるカードを作ろうと考えてます。ショッピングといいますかクレジットというんですか?クレジットとキャッシング?
(⇒借入先で融資の仕方も変わる?

例えばですが旅行に行ったときに事前にキャッシングをして現金を持っていくのと、カードで支払いをするのとではどっちのほうが利息が高くなりますか?利息の計算方法も分からないので併せて教えていただけると助かります。無知で申し訳ありませんがどうか教えて下さい。よろしくお願いします。

一般的にキャッシングのほうが年利は高くなります

ショッピングカードといえばクレジットカードのことです。大体はクレジットとキャッシングといいますね。しかしご旅行で使われるということですがクレジットカードでの支払いは旅行先によっては使えないこともあります。例えば田舎のほうに行くとクレジット払いに対応していないお店も多くあります。逆に海外ではクレジットカードでの支払いが一般的です。

ですからどちらが良いと明言はできませんし、遊びに行く地域に合わせる必要があります。その点はご注意ください。ご旅行先も分かりませんからここではご質問の利息についてだけ言及しますね。

一般的に利息が高いのはキャッシングのほうです。試しに計算してみましょうか。ID付きのカードということですからオリコの『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』というカードで比較してみます。(参考ページはこちら→オリコの良さについてはこちら

クレジットでの利息は年利で15%とされています。ですが2回以内で完済すれば手数料無料とされています。すぐに返せば利息はとられません。もし返せるのであればご旅行から戻られてすぐに返せばお得となります。

次にキャッシングですがこちらの利息は15~18%となっています。詳しい内訳はカードを作るときに尋ねてみて下さい。ここでは利息制限法に沿って計算してみます。法律では10万未満の貸し出しでは年利20%が上限となっています。10万以上となると18%に下がり、100万以上では15%まで上限が下がります。

オリコカードの利息も100万を超えたら15%となるのですが、100万以下は18%と考えてクレジットとキャッシングの利息を計算してみますね。一度の旅行で使うかどうかは分かりませんが使ったとします。その場合は、

クレジット:50万円×15%÷365(1年)=1日当たり206円
キャッシング:50万円×18%÷365(1年)=1日当たり247円

となります。1ヶ月30日で計算しますとクレジットでは6180円、キャッシングでは7410円。その差は1230円です。つまりクレジット払いのほうがお得ということです。100万円を超すとどちらも利率は同じですから変わりません。これはオリコだけに限らず他のカードでも同様です。一般的にキャッシングのほうが年利が高いのです。

結論としてはクレジットのほうが利息が安いとなりますが、はじめに書いたように旅行先によってはクレジット払いに対応していないことがあります。旅行先に合わせてキャッシングにするかどうか判断してくださいね。それではご旅行を楽しんでください。

オリコのショッピングキャッシング利息が高いのはどちらか

オリコはショッピングローンで有名ですが、キャッシングサービスでも利用者を増やしてきています。そのため、ショッピング、キャッシングどちらを使って物を購入するのがお得なのか、利息が高いのはどちらかなのか興味がある方が多いようです。

結論から言えば分割回数によりますが多くの場合はキャッシングサービスのほうが利息が高く設定されていることが多いです。オリコのショッピングローンは主にメーカーの直販サイトで採用されていることが多いです。例えばアップル社などの直販サイトでは長年オリコがショッピングローンを提供しています。そのため、利息は低めに設定されることが多く、また、利息無料にするキャンペーンもよく行われており、大変好評です。

また、オリコのショッピングローンが好評な理由は審査が簡単で通りやすいこともあるようです。物販系のローンは利用者が増えていることもあり、審査が簡単になってきていますが、利用額によっては審査が通らないという方も多いようですが、オリコのローンの場合は通りやすいと言われています。

また、キャッシングサービスについてはカードローンやクレジットカードとも連携して利用者が増えています。キャッシングについては現金を直接借りられることもあり、利用が自由ということがあります。物販系の場合は利用できる店舗が限られているため、値引き交渉ができなかったり、欲しい商品が在庫がなかったりと購入にあたっては問題となることが多いようです。そのため、必要な現金をローンで借りて店舗を巡って安く、確実に購入したいという方が増えています。

ただし、利息については現金を直接借りる方が高く設定されていますので総支払額についてはよくチェックしておくことが大切です。また、現金を借りる際は他の借り入れも含めて所得の3分の1位上は借りられないので事前によく確認しておくとよいです。物販系のローンではこの制限は当てはまることはありません

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY