> > > 新社会人でもキャッシングローンで借り入れできますか?

新社会人でもキャッシングローンで借り入れできますか?

新社会人でもキャッシングローンで借り入れできますか?

今年から新社会人として会社勤めをしています。会社の近くで初めての一人暮らしも開始したのですが、引っ越しにもお金がかかり、家事や家計のやりくりも初めてで実家で生活していた時と同じようにお金を使っていたら、見る見る貯金がなくなってしまいました。

色々と支払いも迫ってきているのでどこかでお金を借りたいのですが、新社会人でもお金を借りることはできるでしょうか?会社に連絡がはいったりしませんか?借金がばれたら解雇されないか不安です。(参考ページはこちら→お金を借りる為に必要な条件を見直す

新社会人でもキャッシングローンで借り入れできますか?

新社会人でも安定した収入があるのなら借り入れは問題なくできますよ。身分証明書さえあれば借り入れできます。審査の際に在籍確認といって、提出した書類に嘘がないかを確認するために勤務先に電話がかかってきます。ただ、会社名ではなく担当者の個人名でかかってくるのが一般的で、お金を借りていることがそれでばれることはないと思います。

もしばれたとしても会社に迷惑がかかっているわけではないので解雇にはならないと思いますよ。解雇された場合はむしろ不当解雇となるでしょう。ただし、あなたが入社したのが金融機関であれば事情は変わってくるかもしれませんので気を付けて下さい。

最近では金融会社が指定する銀行口座を自動引き落としの口座に利用するなどの条件によっては在籍確認がないキャシングローンや在籍確認をなしにすることもできるので、会社に在籍確認の連絡を入れてほしくないという旨を利用するカードローン会社に相談されるといいと思いますよ。

借り入れの金額が50万円を超える場合は収入証明書を提出する必要が出てきます。収入証明は直近2、3ヶ月の給与明細や源泉徴収票などで、新入社員であれば提出できないと思いますので、50万円以上の借り入れは希望しない方がいいでしょう。また、キャッシングローンを初めてり利用されるのに希望額が大きすぎると審査に通らないこともあります。あくまで収入によって借り入れ金額は変わってくるので、それなりに収入がもらえる見込みであれば問題はありませんが、あまり大きな金額を希望しない方が得策でしょう。

初めての一人暮らしだと色々と大変だと思いますが、お金の使い方ややりくりの方法など社会人として勉強になると思います。キャッシングローンをうまく活用すれば余裕のある生活を送れると思いますよ。それも含めて大人の第一歩だと思いますのでがんばって下さい。

【参考ページ】
融資審査の在籍確認が嫌な方へ

新社会人のキャッシング。その注意点とは

安定した収入がある成人した男女が利用できるキャッシングは、上手く活用することができれば非常に便利なものとなってくれます。もちろんキャッシングは借金なわけですから、借りたお金はいつか返済をしなくてはなりません。しかしいつか返すものであったとしても、当座の支払いに際して自身がお金を持ちださなくてもよいということは非常に大きな意味を持ちます。

さて、安定した収入を持つ成人となると、アルバイトをしている大学生などを除いて殆どの場合は社会人と言うことになるのですが、それでは新社会人がキャッシングを利用する場合の注意点とはどこになるのでしょうか。

まず最初に注意をしたいのが「限度額」についてです。限度額とはキャッシングと契約する時に決定される「借り入れることができる上限の金額」ということになるのですが、これは新社会人が契約をした時だとかなり低い水準になることが多くなっています。たとえ就職した企業が全国で知られる大企業であったとしても、限度額はそこまで高くなることがありません。なぜ新社会人の場合は限度額が低くなるのかと言うと、これは「信用が蓄積されていないから」と言うのが理由です。

信用とは日々の生活の中や、これまでの金融機関の利用態度などによってゆっくりと形成されていくものですから、新社会人のほとんどの人はこうした信用が蓄積できていないのです。そのため、最初の段階は低い限度額が設定されていて、そこからステップアップするように高くなっていくと考えるべきなのです。

また「審査」についても注意が必要です。審査とはキャッシングにおいて「お金を貸しても大丈夫かどうか」がチェックされる最も重要な部分です。新社会人であっても就職をしているなら、かなり高い確率で審査を通過することが可能です。

しかし「内定をもらった」という段階だとまだ就職をしているわけではなく、安定した収入が確保できているわけでもありません。そのため「内定をもらったから」といって審査の申し込みをしても、審査を通過できないことが多いのです。そのため、申し込みを行うタイミングには必ず注意が必要になります。

契約ができた後でも、返済が滞ったりしてしまうとそれは自身の「信用の喪失」というペナルティが課せられることになります。利用の際には必ず収支バランスをチェックし、無理のない範囲内で利用するように心がけましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY