> > > 内定の状態でキャッシングするとどんな影響がありますか?

内定の状態でキャッシングするとどんな影響がありますか?

内定の状態でキャッシングするとどんな影響がありますか?

高校を卒業して社会人となるに合わせて、大人の付き合いでは急の出費があるようなので、その時に備えてクレジットカードを作った方が良いと多くの人から言われたので親の同意を得てカードを作ったのですが、詳しく調べてみたところ、こうしたクレジットカードを使った出費は小口の融資と同じことで、意味的は借金と同じだということを知りました。縁があって地元の会社に内定が決定している自分ですが、移動の際にはどうしても車が必要なこともあってすでに細々としたことにカードを使ってしまっています

すでに相手先の企業からは内定をもらっているのですが、クレジットカードや借金と聞くとどうしてもマイナスのイメージが先行しているような気がして気になってしまいます。実際に社会に出ている人の中には様々な金融機関から色んな形でキャッシングを利用している人がいることは知っていますが、自分はまだ働いているわけではありませんから、収入もありません。こういった人間がクレジット―カードを使うことに問題はないのでしょうか?
(⇒クレジットカードと融資について

内定状態でキャッシングしても影響はほとんどありません

親御さんの同意を得て、という形でしたらクレジットカードを使ったキャッシングを利用することに問題はありません。また、未成年であってもアルバイトなどで収入がある場合は金融機関からの融資を受けられる場合がありますから、クレジットカードを使ってキャッシングを行ったことにそれほど心配をする必要はないでしょう。世の中にはパートをしている主婦の方やフリーターの方でも利用することができるキャッシングサービスがありますから、きちんとした企業に内定が決まったのであれば、その時点でクレジットカードを利用することに不安を覚える必要はありません

ここで気をつけなくてはいけないのは、あなたの生活が就職という大きな機会に合わせて変化するということです。ライフスタイルが変わるのですから。出費のバランスも変わってきます。ましてや社会人となるとあらゆることが初体験になる場合が多く、そこでキャッシングに頼りすぎてしまうと後々になって利息の支払いなどで大変な思いをする場合があります

生活の変化に伴って不安を感じるのは当然だと思いますが、本格的にキャッシングサービスを利用したいと考えているのでしたら、ある程度仕事に慣れてからにした方が無難だと思います。安定した収入があるからならこうしたサービスはいつでも受けられるのですから、あせる必要はありません

内定状態でのキャッシングはなにか不利なことがありますか

内定状態でのキャッシングを控えている方が多いようですが、必要であれば内定状態でも利用は全く問題ありませんので利用をおすすめします。

内定状態でのキャッシングを気にされる方は借り入れがあると内定に響くと勘違いしている方です。実際には内定から本採用になる際に借入状況の確認は行われず、会社が個人の借入状況を勝手に調べることはありません。一部職種では本人の同意を持って借入状況の確認をする場合もあるようですが、ほとんどの企業ではプライバシー情報でもあるので借り入れ状況の確認は行われません。

内定後には何かと現金が必要になります。スーツも新調しなくてはならない方もいますし、引っ越し、新しい家具や家電を揃えるなどお金は思った以上にかかるものです。アルバイトで用意する方もいますが、卒業研究などで時間が無いという方も少なくないのでキャッシングサービスを上手に利用して新しい生活に備えたいものです。

現在キャッシングサービスを利用していない場合には審査を受ける必要がありますが、その際、内定している企業のことは一切書けませんので注意が必要です。審査では現状を書きますので、学生なら学生、フリーターならアルバイトと申告する必要があります。審査では所得と借り入れの状況が確認されます。所得についてはアルバイト収入で全く問題ありません。ただし、源泉徴収されていない場合には確定申告してることが条件となり、市町村が発行する所得証明を提出することになります。
(⇒フリーターでも融資は気軽に使っていけます

借入状況については奨学金や車のローンなどは除外することが多いですが、すべての借り入れを申告することになります。キャッシングサービスを申し込むには借入希望額を申告する必要があり、所得の3分の1を目安にすると良いです。これは総量規制と呼ばれる法律で所得の3分の1を超える現金は貸してはならないという制限があるためです。金融機関には適用されませんが、多くの金融機関で法律に準拠した制限を設けていることが多いです。

【参考ページ】
学生のうちに融資を受ける為に

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY