> > > キャッシングの新規申し込みと増額申し込みの方法って一緒?

キャッシングの新規申し込みと増額申し込みの方法って一緒?

キャッシングの新規申し込みと増額申し込みの方法って一緒?

キャッシングを新規で申し込むときの方法と増額申請したい時の方法って同じ?それとも増額になると特別な申請方法があるの?

新規の時と同じだったら方法も分かってるし誰かに聞いたりする必要もないんだけど。
(⇒増額の審査であっても大体内容は同じ?

増額申請方法はキャッシング先によって違います

キャッシング先のほとんどで、最初に設定された利用限度額を増額することが可能となっています。カードローンのように利用限度額内で自由に利用出来るタイプのキャッシングであれば、限度額が多ければその分利用出来る金額が増えるという事になりますから出費が増えたときに便利ですよね。最初に何万円と決まった金額をかりて、それを完済していくタイプのローンの場合でも追加融資を受けることが出来ることもあります。増額申請でも、追加融資を受けたい場合でも、キャッシング先にその申し込みをして許可が出れば限度額を増やすこと、追加融資を受けることが可能となるんですね。

キャッシングの増額申請、追加融資申し込み方法はキャッシング先によって異なりますがいくつかのパターンがありますので、その内の1つだと考えておくと良いでしょう。まずは新規申し込みと同じように申し込みをするという方法です。新規と同じようにインターネットや電話、郵送で申し込みをして審査を受けます。現在利用しているというデータがあるので増額や追加融資の申し込みだという事がすぐに判断できるんですね。

あとは増額申請、追加融資申し込み専用の申し込みフォームから申し込みを行うという方法です。キャッシング会社のホームページに、増額申請、追加融資の申し込みはコチラ、といった案内がある場合もありますし、ホームページに会員ページがあって、そこから増額申請や追加融資の申し込みが出来る場合もあります。インターネットで申し込みが出来れば簡単ですし深夜や早朝いつでも申し込みが出来ますから便利ですよね。

あとは電話や郵送で申し込みを行うという方法です。まずはカスタマーセンターへ電話をして増額申請をしたい、追加融資を受けたいという事を伝えて、申込用紙を送ってもらうという流れになります。そのまま電話で申し込みが出来る場合もありますね。電話をするのは担当者の勤務時間内でなければいけませんから、伊実の決められた時間に電話をするようにしなければいけません。ただ、担当者と著効説話をできるのは不安点や疑問点を解消できる場所にもなりますから、迷っている様であればまずは電話をしてみるというのも良いでしょう。

キャッシング新規増額のメリットや申請の方法は

キャッシングには、現在の限度額を増額することも出来るようになっています。増額した場合のメリットには、新たに他のキャッシング会社から借りなくてもよいので、返済などの手間が少ない事です。多くの会社から借りてしまうと、返済するだけでも大変ですし利息の負担も大きいです。限度額を上げれば、借りられる金額も大きくなるので利息も安くなります。(参考ページはこちら→実際に返済する額を計算してみよう

キャッシング新規増額では、最初の申込みのように新たに審査があります。また、自分から増額の申請を行うよりも先に消費者金融会社から、増額の案内が来てから申し込んだ方が、増額の審査は通りやすくなります。これは、会社側が限度額を上げても良いと判断している可能性が高いので、申請を行っても落ちる可能性は低いです。

新規の増額するときには、前回契約時の信用情報での借金の金額が年収の3分の1未満であることが条件の一つになります。消費者金融系は総量規制の対象になるので、既に借入が年収の3分の1以上になっていると増額は無理になります。もし、超えている場合は対象外になっている銀行系のカードローンを新たに申し込むか、銀行系のカードローンで増額することになります。
(⇒会社によって融資条件も変わります

返済状況や定期的な借入も重要なポイントになります。毎月の返済に遅れなどがなくきちんと支払いを行っていることは勿論ですが、定期的な借入なども必要になります。最初に申し込んだまま、全く利用していないと信頼の判断材料がありませんから、増額の審査も出来なくなります。余裕が有る月には、追加返済などをして返済をきちんとしていることをアピールしておけば、更に印象が良いです。

また、取引をしている年数も重要になります。新規に申し込んでから一ヶ月から数か月ぐらいしか経過していない場合は、増額は無理と考えた方がよいです。最低でも約半年から一年ぐらいは必要になります。一年以上きちんと返済を行い、定期的に利用をしていれば返済能力があると信頼される可能性が高いので、この時期に申し込んでみるとよいです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY