> > > 大学生は住宅ローンの影響でリボキャッシングが出来ない?

大学生は住宅ローンの影響でリボキャッシングが出来ない?

大学生は住宅ローンの影響でリボキャッシングが出来ない?

住んでいるアパート費用についてですが、毎月の支払をクレジットカードで行っています。また、ネットなどを使っていると大学生は住宅ローンの影響でリボキャッシング出来ないケースもある、というのを見かけることがあります。

これについては、正確にはどのようになっているのでしょうか。個人的には、できればクレジットカードとキャッシング両方を使える状況にしておきたいのです。また、クレジットカードについては親に保証人になってもらって加入していますので、返済などについてはトラブルなしとなっています。このような状況であれば、キャッシングについても利用できるのではないでしょうか?
(⇒返済にトラブルがあればもちろん融資は不可能?

この状況であれば問題なく利用できます

状況について確認させていただきましたが、この状況であれば大学生として住宅ローンを支払っていても、影響でリボキャッシングが出来ないというふうにはならないでしょう。また、どうしてネットなどでは、大学生は住宅ローンの影響でリボキャッシング出来ない場合もあるというのを言っているのかというと、それはリボキャッシングは細かいキャッシングとなっているので、ローン件数が必然的に多くなりやすいからです。

実際に、大学生が便利だからといってリボキャッシングを利用しているケースは多いです。しかし、一度の金額については少なかったとしても、人によってはリボキャッシングを利用しすぎて返済で困られている人もいます。そのような背景について現代では知られるようになってきているので、大学生は住宅ローンの影響を受けすぎると、リボキャッシングを何度も利用できなくなると言われているのです。ちなみに、返済についてトラブルなしとなっているのであれば問題はありません。

また、このような毎月の支払については、キャッシング業者のシステムで簡単に調べられるようになっているので、2・3件の返済遅れについて放置されていると、基本的にリボキャッシングについては利用が出来なくなったりします。それだけでなく、キャッシングなどを通じて同商品を購入し、現金などに換金されているような状況を把握されるなどすると、同じようにキャッシング利用が出来なくなったりするのです。意外と後者については知られていないようで、後になってキャッシング業者から制限をされてしまう学生は多いです。そのような場合には、カードローンなどで対応をするようにするのが賢いでしょう。
(⇒融資審査に落ちる要因は多数ある事に注意

大学生の時のリボやキャッシング枠は住宅ローン審査に影響する

大学生や専門学校生などの学生や、会社勤めの社会人の多くが所有している「クレジットカード」は、手元に現金がなくてもカードを提示するだけで買い物が出来る大変便利な道具です。特に、金額の大きな買い物をする時には、クレジットカードがとても役に立ちます。

しかし、カード1枚で買い物が出来るからといって、調子に乗ってついつい使いすぎてしまい、毎月の支払い時にお金がなくて支払いが出来なくなってしまうことがあります。そのような時に便利なのが「リボ払い」です。これは、利用分の金額に応じて毎月の支払い額が一定になる便利なサービスで、毎月決まった支払い額に手数料を加算した額を支払っていきます。「分割払い」と異なり、支払う回数や期間を定めないのが特徴です。月々の支払い額が一定になるため、毎月の支払いの負担が減るメリットがあります。
(⇒リボ払いでの返済は楽?

しかし、これは見方を変えればクレジットカード会社に対して「キャッシング」をしているのと同等であり、住宅ローンなど高額のローンを組む際、審査に影響することがあります。リボ払いが残っている状態は、本来クレジットカード会社に支払うべきお金を支払っていない状態であり、言い方を変えればクレジットカードに対して借金をしている状態になります。住宅ローンの審査は、他に借り入れがあると審査に影響するため、住宅ローンを組もうとしている人は、リボ払いを使わないのが無難です。もちろん、一括払いの場合なら全く問題ありません。
(⇒借入がある状態での融資は問題?

クレジットカードによっては、「キャッシング機能」と呼ばれる、消費者金融のカードローンと同様、カード1枚でお金を借りられる機能が付帯されています。このキャッシング機能も、住宅ローンの審査においては「既に借り入れがある状態」とみなされてしまいます。1円もキャッシング機能を利用していない場合も同様です。クレジットカードを作ること自体は住宅ローンの審査に影響しないため、これからクレジットカードを作ろうと思っている人は、キャッシング機能は付けないようにするのが無難です。
(⇒融資審査を可能な限り良い条件で受けるには

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY