> > > キャッシングでリボ払いが原因でブラックリストになることある?

キャッシングでリボ払いが原因でブラックリストになることある?

キャッシングでリボ払いが原因でブラックリストになることある?

キャッシングを利用するときにリボ払いにするとブラックリストになる事があるって本当ですか?(参考ページはこちら→そもそもブラックリストって何?

返済するときに一括なんて無理そうなのでリボ払いがいいんですけど、これでブラックになるって聞くと怖いです。みんな一括で払ってるわけじゃないですよね?どういうことですか?

キャッシングのリボ払いは気づかないうちに高額になることも!

キャッシングの返済方法はいくつかありますが、一般的な返済方法は残高スライドリボルビング式と一括返済でしょうか。残高スライドリボルビング式がリボ払いという事になります。この残高スライドリボルビング式は毎月の返済金額が返済残高によって決められるというもので、キャッシング会社によっては2000円程度から返済出来る事もあります。比較的負担が少なくなっていますから、毎月の返済を滞りなく行うことが出来るというメリットがありますね。
(⇒融資を一括で返す事のメリット

ただ、この残高スライドリボルビング式の返済にもデメリットがあるんです。毎月の返済負担が少ない為、次々とキャッシングを重ねてしまう事があるんです。返済残高が多くなればその分月々の返済金額も増えますが、それでも数万円という返済になりますから、自動引き落としでの返済をしていると問題なく返済できてしまう事も多いんですね。ただ、毎月の返済金額は少なくても利用した金額プラス金利の返済はしなければいけませんから、返済期間がどんどん長くなってしまう事になります。気づいたときには返済を数年続けなければいけない状態になる、ということもあり得るのです。

この状態になってしまうと、利息も膨らんでしまいますからいつまでたっても返済が終わらないという状況になってしまいます。返済期間が長くなれば返済できなくなってしまう月もあるかもしれません。それが重なっていくと延滞が続いたということでブラック扱いになる事があるんです。また、完済できなくなれば債務整理をしなければいけなくなり、それでもブラックになってしまいます。

リボ払いが原因でブラックになる、という事ではなく、計画的な利用をせずに返済金額を把握できず、気づいたときには返済金額がすごいことになってしまう、という事があり得るという事ですね。そうならないようにするためには、利用金額と返済金額をしっかりと認識しておくことが大切です。リボ払いは毎月の返済担を軽くしてキャッシングを利用できる便利な返済方法であることは間違いありませんから、上手に使うようにしたいですね。

【参考ページ】
リボ払いは使いよう?

リボ払いとキャッシング、ブラックリストとは何か

リボ払いはクレジットカードの返済方法として利用されているもので、支払残高に対して予め定められた額を支払って行く方法になります。

リボ払いのメリットは、定められた額を支払い事になりますので、月々の支払額が一定になりますので返済のやりくりがし易いと言うメリットを持ちます。最近は、クレジットカードにキャッシング機能が付いたカードも注目されています。

これは1枚のカードに2つの機能が付いたものであり、キャッシュレスでの買い物や食事の時はクレジットカードのショッピング枠を利用し、現金が必要な時はキャッシング枠を利用していけるという特徴を持ちます。

尚、キャッシング枠については信販会社が発行するカードでも貸金業法が適用されることになるのが特徴です。貸金業法には総量規制と呼ばれる規制があり、貸金業者に対しての規制になるものです。具体的には、キャッシングを利用する人の年収に対して、3分の1を超える貸し付けを禁止している規制になります。

そのため、枠を大きくしたいけれども、年収の3分の1を超えてしまうので枠を広げられないと言うケースも出てくるのが特徴なのです。

因みに、クレジットカードやキャッシングと言うのはブラックリストに掲載されることで作ることや契約を行う事が出来なくなると言います

ブラックリストと言うのは、審査を行う時に利用する個人信用情報の中に金融の事故の情報が記録されている事を意味しており、ブラックリストと呼ばれているリストを照会しているのではなく、あくまでも個人信用情報を照会し、その情報の中に延滞や自己破産と言った金融における事故情報が記録されている状態を意味しているのです。

延滞は借金の返済を数か月間滞らせている事で延滞となり、遅延を繰り返している事になります。また、自己破産は返済能力が無いと認められて破産が成立する事からも、これらの金融事故を起こした情報が掲載されている事でクレジットカードを作ったり融資を受ける事が出来なくなるのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY