> > > キャッシング審査でなぜ通らないのか、理由を知りたい

キャッシング審査でなぜ通らないのか、理由を知りたい

キャッシング審査でなぜ通らないのか、理由を知りたい

なぜキャッシング審査でとおるのか、そしてなぜキャッシング審査で通らないのかという理由というのは教えてもらえないのだろうか。なんとかして審査で通らない理由を裏から手を回して教えてもらうというようなことが出来たりするのであれば、その裏ワザのようなものも知りたいのだが…

一般人にはどうやっても知ることが出来ないということなのだろうか。

キャッシング審査のことはまず理由を知ることは不可能

金融機関というのは何時の時代も融通がききにくいものですから、キャッシング審査でもそうですが理由というのを知ることはなかなか難しいというのが結論です。キャッシング審査がなぜとおるのかなぜ通らないのかもそうですし、一般的な銀行融資ですらもそのような事は話さないと言われています。これは審査というものをブラックボックスにしておきたいからなのではないかと考えられています。

審査がブラックボックスであるならなんとかして裏ワザで知ることは出来ないか?と考えるかもしれません。例えば知り合いの人に消費者金融に勤めている人がいてその人から聞き出す、ということを考えている人もいるでしょうがそれは出来ません。守秘義務というのがありますから教えられないですし、仮に教えてしまうとクビになってしまう可能性もあるので聞かないほうがいいでしょう。

そもそもこういった審査というものは日本でも世界でもなかなかその内容というのを教えてもらえないようになっています。例えばですが就職活動も一種の審査のようなものですが、その内容を教えてくれるところはほとんどありません。落ちたという結果だけを教えてくれるでしょう。クレジットカードの審査も通ったか落ちたかだけで、その理由を教えてくれるところはないでしょう。

またこれは銀行の融資でも同じで、窓口の担当者が大丈夫ですよと言っていたにも関わらず、審査になったら落ちてしまったという時もあります。住宅ローンでもあることです。そしてそれを何故なのかと教えてもらおうと担当の人に聞いてみても、話してくれないということはよくあるのです。大体の審査というものは昔からブラックボックスである、と考えられます。

なのでなぜキャッシング審査に通らないのかというのは推測で考えるしか無いというわけです。それでもある程度はこういうことが関係しているというのはわかってきています。だからこれが原因ではないか?ということを他の利用者の口コミなども参考にして考えてみることでだいたいの落ちた理由を知る事はできるでしょう。それ以外に方法は今のところはないのです。
(⇒融資審査の基準から理由を考える

キャッシングの審査はなぜ必要とされるの?

キャッシングは日本の各地で行われる事業となっており、最近ではインターネットの発達や、コンビニATMの普及などによってより多くの人が利用できるようになってきました。また貸金業法の改正によってグレーゾーン金利が撤廃されたということもあって、キャッシングを行っている消費者金融業者はどこも他社より多くの消費者を獲得しようと様々なサービスの拡充を行うようになりました。(参考ページはこちら→すっかりお金が借りやすくなった金融業者たち

しかしだからと言って誰にでも貸し付けが行われているというようなことはなく、融資の際には必ずそれぞれの消費者の信用度のチェックなどが行われるようになっています。この信用のチェックについては審査と呼ばれていますが、ではなぜ審査は必要とされるのでしょうか。

これについて最も大きな理由となるのが「キャッシング業者のリスク回避のため」ということです。キャッシングでは貸し付けたお金に利息がついて返済されて初めて利益が生まれます。利益が生まれることによって新たな消費者に対して融資が行えるということになるわけですから、利息を付けての返済ができないというような消費者に対して融資をしてしまうと、キャッシング業者の経営は悪化してしまうこととなるのです。

経営状態が悪化してしまうと、新たな貸し付けができなくなってしまうほか、既に借りている消費者に対しても融資条件の変化などによってしわ寄せが来ることもあり得ます。またもしその業者が経営不能に陥り、倒産などをしてしまうと債権が別の業者に移り、その業者によって条件の見直しなどがされることもあり得ます。この見直しによって利息が増えてしまったり、返済期限が短くなってしまったりと言ったようなことがあり得ないわけではありませんから、審査がない場所だと、消費者もリスクを背負うこととなってしまうのです。

消費者からすれば「審査をせずにすぐに貸し付けてほしい」という思いがあることは間違いありませんが、審査は安全な事業を続けていくために必要なものとなっていますから、しっかりと情報を伝えて受けるように心がけましょう。

【参考ページ】
悩まずとも今はほとんどの金融業者が普通にしていれば通過できます

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY