> > > 学生ですが借金をキャッシングで払う

学生ですが借金をキャッシングで払う

学生ですが借金をキャッシングで払う

現在友人に借金があります。もうすぐ大学を卒業するので借金を返したいのですが、学生でもキャッシングは利用できますか?

成人していてアルバイトをしている学生は審査に通る可能性があります

学生でも成人していればアルバイトをしていればカードローンは借りられます。キャッシングもできます。これはつい自分の所得以上の金額を借りられることになり、計画的に借りないと借りたはいいけれど返済ができなくなってしまった人の話を聞きます。アルバイトは一見収入はありますが、正社員のように安定継続して収入が入ってくるかというと、夏休みの合宿や、帰省でバイトの主筋日数が減り、収入も減ったり、バイト代も金額は不安定です。もしカードローンで月々の返済額があり、継続して返済している場合、こうしたバイト代の変動は支払えなくなりかねません。

今は学生や主婦という収入が不安定な人でもカードローンやキャッシングが利用できますが、まず最低限の申込み基準として20歳以上でないといけません。クレジットカードはカード会社によって18歳の学生でも、親権者の同意書があれば作れますが、学生でも未成年のうちはカードローンやキャッシングを利用することはできないでしょう。ちなみに、カードローンやキャッシングは金利が付くので、例えば、クレジットカードのキャッシングで金利15%などと金利が大きいです。

学生の場合クレジットカードの限度額は社会人より低いわけですが、学生専用のクレジットカードがありますね。学生専用の特典がついてたりそれなりに利点はあります、初めからキャッシング機能はついていなかったりします。学生だから学生専用でないといけないわけではないので、該当年齢のクレジットカードを作ってそれにキャッシング機能がついていることもあり、クレジットカードは、ポイントも貯まるし海外旅行の傷害保険や優待やいろいろ特典があります。私は使わないと損な気もしています。

そこについているキャッシング機能ですが、使うには当然、審査があります。学生でアルバイトなどして収入があるとしても、審査に通らないと使えません。本来、カードローンやキャッシングでの審査は、20歳以上で安定して継続された収入がある人が審査対象で申込みするわけですが、今は収入のない専業主婦でも、アルバイトをしていれば学生でも貸してくれるのです。ただ、学生や専業主婦などは安定した収入ではないですし、貸出限度額も低いです。それでも金利は貸出額が低い程高いので、返済に苦しまないよう余裕をもって借りましょう。

学生が借金であるキャッシングを利用するときに気をつけたいこと

学生でも学業や趣味を考えた時にまとまったお金が欲しいことがあります。多くは両親に頼んだり、アルバイトをして貯金をすることになりますが、学生をやっている時間は意外と短く、社会に出ればまとまった時間が取りづらいこともあってチャンスを逃したくないと考える方も少なくありません。まとまったお金が必要なときに社会人であればローンを組むことでまとまったお金が得られますが、学生の場合は厳しいと言われてきました。

しかし、現在ではアルバイトである程度の収入があればキャッシングなどの借金をすることは難しくありませんし、未成年でなければ親の承認無しでローンを組むこともできることが多いです。ローンを組む際には審査があります。審査では収入と借入状況の確認が行われて、借入可能額が決まる仕組みです。

所得については学生はアルバイトが主な収入となることが多く、定期収入は無い方が多いですが、年収による審査が可能ですから、アルバイト収入をきちんと確定申告していれば市町村で所得証明が発行されますのでそれを利用できます。学生でありながら会社から収入を得ているような場合は給料明細なども利用できます。(参考ページはこちら→学生が安定してお金を借りるには

借入状況の申告については、他のローンも含めてすべて申告する必要がありますが、奨学金や車のローン、住宅ローンなどは申告しなくても良いローンも多いので申請書類をよく確認しておくと良いです。ローン審査はローンが利用できるかの確認の他に利用可能額を設定しますが、目安としては所得の3分の1です。3分の1の根拠は総量規制が関係しています

総量規制は主に消費者金融に課せられている現金の貸出制限です。総借入額が所得の3分の1を超える現金は貸してはならないという法律です。総量規制は消費者金融向けに設定されていますが、金融機関の多くでも法律に準拠した制限を独自に設けていることが多いのでどのローンを申し込む際も所得の3分の1を超えないように考えておくことが大事です

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY