> > > ローン審査中でも他社でキャッシングできるというのは本当?

ローン審査中でも他社でキャッシングできるというのは本当?

ローン審査中でも他社でキャッシングできるというのは本当?

現在、とあるサラリーマン金融でローン審査中となっています。そこで質問なのですが、ローン審査中のキャッシングというのは他社で行っても問題ないようになっているのでしょうか?契約の約款については確認してみましたが、特に制限のようなものはありませんでした。(参考ページはこちら→複数融資の利用後について

また、銀行の審査を受けている場合であっても、ローン審査中のキャッシングというのは可能になっているのでしょうか?私はキャッシングをサラリーマン金融で受けて、他のローンを銀行で受けようかなと考えています。現在は借金もなく一般的なサラリーマンとして勤務しているので、審査についてはすんなりと通るのではないかと予想してもいます。他に良い方法などありましたら、よければ併せて教えて下さい。
(⇒サラリーマン金融って何?

銀行カードローンなどでまとめたほうがいいでしょう

まず、契約になかった行為についてですが、特に制限についてはかかっていないとなるので問題ありません。ちなみに、ローン審査中に他でもキャッシングするというのは制限そのものがかかっていませんので大丈夫です。今では一般的になっているので、業者のほうでもあまりうるさく言わないようになっているだけで、契約の約款を見てもそのことについては簡素に触れられていたりします。

契約書などでは他社からの借入については・・・という項目で書かれているでしょう。他社からの借入が規定の金額を超えない場合には、審査上では問題ないという内容になっておりますので、「借り過ぎにだけは注意してほしい」というふうに受け取っておけば問題ありません。実際にそのような法律も存在し、銀行以外のノンバンク系金融については、総量規制という規制がかかっているのです。

現在、借入については少ないほうであれば50万円前後で借入が可能だと思っておいていいです。総量規制は、「年収の3分の1で設定される」ようになっているので、年収が400万円であれば133万円まで借入が可能になります。また、ローン審査中のキャッシングを行うと審査上で落とされやすくなっているというわけでもありません。基本的に審査において重要なのは「返済において問題がない相手かどうか」だけなのです。なので、すでにクレジットカードや自動車ローンなどを組まれていたとしても、業者側が返済対応できそう・・・と判断した場合は、審査で受かるようにもなっています。ただ、借入件数が多い場合には審査時間が長くなり、落とされやすくなってしまうので注意してください。

ローン審査中のキャッシングは不利になるか

キャッシングサービスはとても便利なサービスなので複数のサービスを契約しておきたいという方が増えています。サービスを合わせて大きな金額を借りたいというよりは、各サービスで行われている特典に興味がある方が多いようです。特典としては独自ポイントによる景品交換サービスが人気です。中には金融系のクレジットカードのように自行の総合口座と連動し、ATMの利用手数料が無料になるなどのサービスも人気です。
(⇒ポイントの良さが光る金融業者

複数のキャッシングサービスやクレジットカードの契約を持ちたい場合に気になるのがローン審査中のキャッシングです。キャッシングはいつでもコンビニのATMなどから現金が借りられることもあり、時間のかかるローン審査中とはいえ、利用した場合に振りになるのではないかと心配される方が多いようです。
(⇒実際のところ、融資審査にどう関わるの?

結論から言えばできれば使わないことをおすすめします。理由としては現金を借りると法的な制限に抵触してしまい、ローン審査に落ちてしまう可能性が高いからです。現金を貸し出すキャッシングサービスには法的な制限が加わっています。この制限は主に消費者金融向けの制限ですが、多くの金融機関でも法律に準拠した制限として利用しているようです。法的制限は総量規制とも呼ばれ、所得の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。
(⇒融資審査に落ちてしまったらその理由をしっかりと考えよう

貸出金額については一社での制限ではなく、個人が借りている現金すべての合計となります。そのため、他行でのサービス利用分についても情報が共有されており、随時チェックが行われています。ローン審査でも借入状況は逐次チェックされており、総量規制に抵触しそうな場合は審査が打ち切られることも珍しくありません。

審査が通ったあとに法律に抵触しそうな場合は利用停止となりますが、返済が進めばすぐに利用停止が解除されますが、ローン審査に落ちると次男に申し込めるのは数ヶ月先であり、可能な限り、ローン審査中はカードローンやクレジットカードを含めて利用は控えたほうがよいです

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY