> > > アコムカードはキャッシング枠利用と現金化のどっちがお得?

アコムカードはキャッシング枠利用と現金化のどっちがお得?

アコムカードはキャッシング枠利用と現金化のどっちがお得?

アコムカードって凄いですよね!だって一枚のカードでキャッシングもショッピングも出来るんですから、他の消費者金融とは本当に次元が違うのでは無いかな?と個人的には思っています!それに大手ということで潰れたりの心配も無さそうですし、これからカードを作ろうと思っている私に不安な部分がほとんどありません。(参考ページはこちら→やはり持つべきは大手のカード?

でも、一つだけ聞きたい事があるので、よろしいですか?アコムカードはキャッシング枠とショッピング枠があり、それぞれが独立していますよね?で、ショッピング枠を現金化してくれるというサービスが都市部には良くあるじゃないですか?こういうところでショッピング枠を現金化すれば、さながらキャッシングに近い用途で使えるわけであって、どちらがお得なのでしょうか?

もしも現金化の方がお得なら、キャッシング枠を敢えて付けずにショッピング専用のカードを作っておく方が便利だし作りやすいのでは?とも考えていますが…どう思いますか?詳しい方教えて下さいね!

現金化はそもそもルール違反なのを忘れないで下さい

アコムカードは消費者金融のカードキャッシングの中でも珍しく、買い物も融資も一枚でこなしてくれる凄いアイテムですね。普通にキャッシング付きクレジットカードでも良さそうですが、それだとキャッシングの限度額がせいぜい50万とかになってしまいますので、アコムカードみたいにガンガン使えるというほどではありません。買い物も融資も余裕があるのがアコムカード最大の強みです。

でも、現金化を活用した場合、キャッシング枠無しのカードでもお金を借りる事ができるし何より一括返済なら金利もかからないし、相当便利に見えます。アコムではキャッシング専用カードだけじゃなくて買い物専用のクレジットカードも作れますので、キャッシング枠などを一切考えずにカードを作った方がお得なら、確かにそうすべきでしょう。

でも、世の中そんなに甘くないです。というか、クレジットカードに共通しているルールなのですが、基本的にショッピング枠の現金化という形で融資を受けるというのは、NGとなっています。これが合法であるのなら、そもそもキャッシング枠の存在について疑問視されると思っても良いでしょうね。つまりは、この現金化を利用していると利用停止、あまりにも悪質だと判断されると何らかの訴えに出られる事もあるのです。

そしてそんなルール違反を増長している現金化業者がまともな業者かどうかで言えば、甚だ疑問です。というか、現金化という響きを利用した違法業者の方が多いというのが現状であり、利用してしまうとどんな不利益を被るか分からないのです。例えば、10万の買い物をさせて現金は5万しか渡さない等々…換金率的に考えても微妙でしょう。ルール違反を犯すほどのメリットがあると思えますか?

とにかく、詐欺も多いのが現金化業者なので、ショッピング枠を利用した融資というのには期待しない方が良いでしょう。

【参考ページ】
クレジットカードで借りるならキャッシング機能のみを使おう

アコムの紹介とキャッシング枠の現金化のリスクについて

日本ではかつて消費者金融をサラ金と呼んでいた時代があります。サラ金とはサラリーマン金融の略語ですが、顧客にサラリーマンが多かったことからこう呼ばれるようになったそうです。貸金業者の店舗は会社員が立ち寄りやすい立地に多いのが特徴で、駅周辺にはいくつもの貸金業者の看板が目立つようになりました。
(⇒金融業者の数は今でも多い?

アコムは、日本の消費者金融の先駆けとして時代を生き抜いてきた金融機関です。その歴史は1936年(昭和11年)に遡り丸糸呉服店として創設されました。その後信販会社を吸収合併するなど徐々に金融業に手を広げ、現在は三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の貸金業者です。また、2014年(平成26年)2月現在でマスターカードがライセンスを与えているのは国内でアコムだけです。
(⇒三菱UFJ銀行は独自のカードローンも用意しています

消費者金融などの貸金業者を利用するのは、慎重に行う必要があります。個人に対する信用貸し付けを行っていますので、金利が高いなどの特徴があるからです。ただし、信頼のおける貸金業者であれば、使い方次第で日常生活の資金不足を補うよいアイテムとして利用できます。

巷には、悪いことを考えそれを仕事にする人がいます。一般生活者はそれらの被害に遭わないために知識を持つ必要があります。例えば、近年被害が増えているものにクレジットカード現金化やクレジットカードのキャッシング枠の現金化があります。これは、お金が必要な人にクレジットカードでブランド品や電化製品などを購入させ、その商品を買い取るという名目で利用者に現金を渡すものです。クレジットカードで購入したものは、代金が決済されるまではクレジットカード会社の所有物でありこの行為自体に違法性があります。また、利用者は購入代金よりも少額の現金しか渡されず、さらにクレジットカード会社から商品の正当な対価が請求されることになります。

利用者にとっても違法性を問われるものですので、くれぐれもキャッシング枠などの現金化の話に乗らないように注意しましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY