> > > ブラックでも担保なし保証人なしでキャッシングって出来ますか?

ブラックでも担保なし保証人なしでキャッシングって出来ますか?

ブラックでも担保なし保証人なしでキャッシングって出来ますか?

当方ブラック状態にあるのですが、やはり担保なし、保証人なしという条件でキャッシングをするということは出来ないのでしょうか。(参考ページはこちら→無担保無保証人の融資を受ける為に

もしこの状態でもキャッシング出来る手段があればご教示頂けないでしょうか。少しまとまった出費がありどうしてもキャッシングを利用したいのです。

ブラック状態でキャッシングの審査をパスするのは困難

ブラックということは過去のキャッシングやローン利用で問題があったはずですね。延滞、保証会社による代位弁済、任意整理や自己破産などの債務整理いずれかの問題を起こしたためにブラックになってしまったという事でしょう。ブラックという状態は個人信用情報に事故情報という形で登録されていますので、キャッシングを申し込むときは審査の過程でブラックであることが知られています。ブラック=過去に返済トラブル有、ということになりますので、その状態でキャッシングを許可するというのはかなり困難です。

キャッシングをすること自体が困難ですから、そこに保証人がいる、担保があるという条件をつけたとしても審査をパスすることは厳しい事には変わりありません。そもそも、ブラックという状態なのに保証人をつける、担保があるということは考えにくいです。確かに保証人がいたり担保があったりすれば、返済できなくなった時に返済してもらうことが出来る保証があるという事になりますから、多少キャッシングを受けられる可能性が出てきますが、やはり簡単ではありませんね。

ブラック状態でなくなれば審査をパスする可能性は出てきます。ブラックというのは一度なってしまうと永遠にブラックになるという事ではなく、一定期間が経過すれば削除されるもので、5年程度で削除されることが多くなっています。ただし、自己破産をした場合は官報の情報が7年~10年経過しないと削除されませんので、そこは注意が必要ですね。

ブラックじゃなくなった後に申し込みをするというのが良いのでしょうが、それを待てないからと言って闇金に手を出してしまうようなことはしないように気をつけましょう。ブラックでもOKというキャッシング会社には闇金が平気な顔をして混ざっていますので、利用前に慎重に考えることが必要なのです。闇金は利用するときは良いもかもしれませんが、返済できなければ自分だけでなく家族や友人、恋人も苦しい状況に追い込まれてしまうかもしれません。そうならないようにしたいものですね。

担保なし保証人なしキャッシングでブラックが通りにくいその理由

個人のキャッシングは、基本的に担保なし、保証人なしとなっています。これは、もし貸したお金を返済してもらえない時は、回収できる担保なし、代わって返済してくれる保証人なしということで、つまり、その人の信用によってお金を貸してもらえるわけです。ですから、きちんと返済ができるだけの収入があること、そして、ブラックでないことが、お金を借りる上での第一条件となります。(参考ページはこちら→ブラックでは基本どこもお金を貸してはくれません

収入はわかるけど、なぜブラックがそこまでうるさくいわれるのかわからない、そういう人もいるでしょう。そもそもこれは、信用情報に登録される事故情報のことで、クレジットカードやその他ローンの返済が、3回続けて遅れた場合に登録されます。また、任意整理や自己破産などの債務整理を行った場合にも登録されます。このため、ブラックがつくということは、期日までにきちんと返済ができない、あるいは、過去の時点で返済が不可能になったということを意味するわけです。
(⇒お金を借りられないのには仕方ない理由がある?

お金を貸す方としては、期日までにきちんと入金をしてもらわないと困るわけです。ですから、申込をする場合に事故情報の有無がチェックされることになります。しかし、ブラックになってしまったけど、どうしてもお金を借りたいということもあります。そのような時には、中小の消費者金融だと、少額ですが融資をしてもらえることがあります。また、一部の大手消費者金融も融資をしてくれるところがあります。この場合も始めは少額ですが、きちんと返済をしていると、徐々に借入枠を広げてくれます。
(⇒融資審査は返せるかどうかを見ています

一方で、ブラックでも多額のキャッシングOKという業者を時々見かけますが、これは闇金である可能性が高いので、利用してはいけません。闇金は違法業者ですので、金利が通常の消費者金融よりもかなり高く、しかも返済が遅れた場合には、法で禁じられている取立て、たとえば真夜中でも督促の電話を入れるとか、家や職場にまで来て返済を迫るといったことを行います。また、もし闇金を利用してしまった場合は、弁護士や司法書士に頼んで、業者に介入通知を出してもらうようにしてください。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY