> > > 信用情報ブラックのためのキャッシング方法ってある?

信用情報ブラックのためのキャッシング方法ってある?

信用情報ブラックのためのキャッシング方法ってある?

去年自己破産をしてしまい、今はどこからも借り入れできない状況です。実際にいくつかの会社に申し込んでみましたがやはり全滅。しかし、信用情報がブラックになっても借り入れできることがあると聞きました。ブラックでも貸してもらえる方法があるのでしょうか?もし、貸してもらえるものなら借りたいと思ってますので方法を教えてください。

順を追って信用回復に努めよう

自己破産をしたのが1年ほど前だとするといまはちょっと借入するのは難しいですね。いったんブラックになった人が借入できる可能性が出てくるのは最低でも3~4年たってからです。ですので、その間、おとなしくしておいて何の問題も起こさないようにしておくのが良いでしょう。自己破産するということは借りたお金を返せないので、なかったことにしてくれと言うことと同じことなのです。つい1年ほど前に返せないといった人間が、短期間で返済能力はつかないだろと思われて当然だと思いましょう。(参考ページはこちら→返済能力の有無が融資審査では大事

3~4年ほど経ったら、まずは審査がとてもゆるいところに申し込んでみましょう。一番の狙い目は中小タイプの消費者金融です。3~4年と言う年数ではまず、信用情報から破産の事実は消えていません。ですので、銀行や大手の消費者金融は貸してはくれませんから、小さ目の消費者金融を狙うのです。大手の消費者金融などは、わざわざブラックになった人に貸す必要のないほど顧客に恵まれていますので余裕で審査で落としてきます。中小タイプはいい顧客はすべて銀行か大手の消費者金融にとられていますので、ブラックや、それに準じた人に貸すしかないというのが現状だというのが中小タイプを狙えという理由です。あくまでも闇金ではなく、正規の小さな消費者金融に申し込むようにしてください。
(⇒緩い金融業者もきっちり存在します

その後、何度か借り入れと返済を繰り返します。遅延もせず、きちんと期日までに完済することを繰り返すことで信用が徐々に戻ってきます。ある程度の信用を築けば大手でも貸してくれるところがちらほら出てくるでしょう。つまり、自己破産で失った信用の上に、きちんと返済できるという信用を上塗りするのです。

ちなみに、自己破産時にかかわっていた消費者金融では絶対に借り入れできないと思ったほうがいいちうことを添えておきたいと思います。その会社のお金を返済せずに終わらせたのですから、二度と借りれなくなるのは当たり前と言えば当たり前のことなので諦めてください。

ブラックの人が利用できるキャッシング方法

キャッシングやローンでお金を借りても、一定期間返済が滞ってしまったり、自己破産などの債務整理を行うとその情報が、個人信用情報機関というところに登録され、登録されてしまった情報はブラック情報と呼ばれるので一般的にブラックリストと言われています

また、キャッシング申し込みの際、申込書類に嘘の情報を書き入れたり、誤った情報を申告してしまったという小さなミスでもブラックリスト入りしてしまうことがあります。その他にも、複数の金融会社と契約している、同時に4件以上のキャッシングサービスに申し込んだなどの事実があると、融資が受けられないことがあります。

ブラック情報は、その人の信用を著しく下げてしまうため、個人信用情報機関に情報が登録されている限りは銀行や消費者金融のキャッシングサービスは利用することはできません。そのため、お金に困っているからと闇金融を利用してしまう人も少なくありません。闇金融は違法な金利で融資を行ったり、取り立ても厳しいので、闇金融を利用すると大変な目に遭ってしまいます。
(⇒個人信用情報機関について詳しく

しかし、ブラックでもキャッシング方法によっては利用することができます。それは、審査の緩い中堅のキャッシングサービスを利用することです。大手の銀行系や消費者金融は、安定した収入や勤務先、住所などの情報によって審査が行われますが、審査は非常に厳しく、今現在は安定した収入があり、問題なく仕事に就いているという人であっても過去に金融事故を起こしたことがある場合は、審査を通すことはないのです。中堅の消費者金融は、闇金のように違法行為をしていることもなく、法律に基づいて融資を行っているので安心して利用することができます。

中堅の消費者金融は大手のキャッシングサービスの審査に落ちてしまった人でも借りられるように審査を緩くしていることがあるので、お金を借りられる可能性があります。また、インターネットからでも申し込みができ、即日融資を行っていることもあります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY