> > > なぜキャッシングするのに担保も保証人も不要になったのか

なぜキャッシングするのに担保も保証人も不要になったのか

なぜキャッシングするのに担保も保証人も不要になったのか

61歳幼稚園バスの運転手をアルバイトでやっています。ところでキャッシングについて時代の違いを感じたことがあるんですけどねぇ。私らの古い時代にはお金を借りる時には必ず保証人とか担保ってのをつけてたんだよね。誓約書ってのも書いたことがあるよ。
(⇒アルバイトは融資を受けられる?

今はキャッシングは担保も保証人も要らないってよく聞くが、なんでなの?そんなに金融会社って昔より審査が緩くなったの?(参考ページはこちら→今の消費者金融の審査を知る

時代の違いを感じますね。担保も保証人も要らないなんてね。

なぜキャッシングするのに担保も保証人も不要かは法律改正です

確かに昔の時代はお金を人に貸し借りしたりする場合はお互いに証拠を残すために「借用書」とか「誓約書」っていうのを手書きで書いてましたね。お金を借りた人がドロンしないような意味合いで。私はその時代の生まれではないのですが、TVでよく借金するときは紙で一筆書いて取引をするという光景を見たことは有ります。(ドラマでしたけど。)

現代は法律改正されて、担保も保証人も不要になった金融業者が殆どになりました。それは何故でしょうか?担保も保証人も要らない・・・。古い時代の人には不思議で不思議でなりませんよね?中にはキツネにつままれたなんてぼやく方もいます。

その理由は法律改正されて、キャッシング融資の借り入れは個人の年収の3分の1までという規則が出来たからです。幾ら年収がよくても悪くても誰もが年収の3分の1までしかキャッシング融資は受けられないのです。それなりに審査が厳しくなり、やはり借りっぱなしでドロンでは大変今の時代ではまずいというか、深刻な問題、あるいは犯罪へと発展しかねません。
(⇒今の金融業者はルールを厳守しています

キャッシングは今まで利用者もかなり増えて、キャッシング専用のカードまで出るありさまです。それだけ世の中が便利になったのです。時代が変化したのです。私が子供の頃は「質屋」と言う店があって、自分の家にある高級品を質屋に持って行ってお金に換えることが多かったです。それで約束の日までにお金が返せないとお金に換えた家の高級品は質屋の物になってしまう、という時代でもありました。

現代年間年収3分の1までしか貸付が出来ないと言う法律改正で担保も保証人も不要になったと言うわけです。

そういう規則があれば滅茶苦茶に高額借りる人が出ないから、金融業者も安心して融資できるのです。小額融資であればわざわざ担保も保証人も要らないでしょう。

あんまり「担保・保証人必要」と謳っているとキャッシングを利用したいと思っても、金融に対して敬遠する人が増えかねません。やっぱりいつでもどこでもどうぞというのが今の金融業界のキャッシングサービスのやり方だと言えます。

キャッシングは本当に昔と違って便利で一時しのぎに借りられるサービスになりました。昔のように誓約書や借用書を書く必要もないし、後は返済日にちゃんと返せばそれで取引終了です。実に簡単になったものです。

でもやはり「借りたものは約束の日までに返す」ってことは徹底しないといけませんよ。

キャッシングで担保や保証人が不要なのはなぜか

キャッシングを利用する場合、個人向けであれば担保や保証人が不要であり、利用目的も制限がないことが一般的です。これにより手軽に利用できるので便利ですが、なぜこのようにできるのかという疑問があります。キャッシングは信用貸しというシステムによってこれを実現しています。

信用貸しとは文字通り利用者の信用によって貸し付けを行うか、いくらまで貸すかという判断を行うことです。何もしなくても信用を得られるわけではなく、年収や勤務している会社の規模、持ち家か賃貸か、現在の借り入れ状況がどうなっているかなど、様々な情報を基にして信用性を判断しています。この判断の基準は金融機関によって異なるため、A社に落ちてもB社は通ることがあります。

また、契約した時点では収入が十分でも本当に計画的な利用を行える人物であるか確証を得らえられないため、初期では限度額を低くしています。返済の遅延を起こすことなく継続的に利用することで信用を高め、申請して利用額を増やせるようになります。しかし、高額の借り入れになると審査を行っていても貸し倒れが起きるリスクが高くなってきます。100万円程度であれば問題ありませんが、数百万になると保証人などが必要になるケースもあります。
(⇒高額な融資を受ける為に

万一貸し倒れが発生した場合の損失を小さくするため、金利を高く設定しています。法定範囲内ですが、消費者金融や信販系では適用される最大金利が法定金利の最大になっていることも多いため、返済の負担になります。これに対し、銀行では低めの設定になっているものがあります。

このように、貸し付けても安全であるか十分に確認した上で利用を認め、返済能力に見合った金額しか利用させず、万一の場合に対しても高い金利によって備えているため、担保や保証人が不要になります。手軽である代わりに金利が高いという欠点があるため、もし用途に合った目的別ローンがあり、担保や保証人の用意、審査などに問題がないのであればそれを利用した方が返済しやすくなります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY