> > > 長期間で無職でもキャッシングは利用できますか?

長期間で無職でもキャッシングは利用できますか?

長期間で無職でもキャッシングは利用できますか?

以前まで、アパレルの事務員をしていたのですが、今では個人の都合により退職となっています。そのような状況なのですが、長期間無職になってもキャッシングを利用するのは可能でしょうか?仕事をしている間にキャッシング契約をしたのですが、利用できないようにも聞いているので不安になっているのです。

また、このような話をよく聞くのですが、実際は長期間無職でもキャッシングを利用するのは可能なのでしょうか?実を言うと、すでに新しい職場についても決まっている状態なので、他にもキャッシング契約をしたいのです。なるべく審査に通りやすい方法について知っているのであれば、そちらについても教えていただけると助かります。
(⇒融資審査に通る為にまず大事な事

長期間無職でもキャッシングは利用できます

回答となりますが、長期間無職でもキャッシングを利用するのは不可能ではありません。そもそも、キャッシング業者については長期間で無職であった場合に、契約が出来ないとは一言も言っていないからです。キャッシング業者の公式ホームページを見てみるとわかりますが、基本的に重要とされているのは「返済能力があって、正しく契約を結ぼうとしているかどうか」となっています。正しく契約を結ぼうとしているかどうかというのは次の通りです。

1つは、「虚偽の報告などをしないで契約をされているか」となっています。虚偽の報告というのは、年収・住所・氏名といった個人情報などを言っているのですが、家族構成や借金の履歴についても嘘をついてはいけないようになっています。特に借金については20万円程度でサバを読むとバレる場合があります。今では、キャッシング業者のほうで個人信用情報機関で情報の照会を行えるようになっているので、嘘をついても数分でバレてしまうようなケースが多いのです。

それと、長期間無職でもキャッシングを利用するのは可能なのですが、こちらについても決まりがあります。それは、新しい職場が決まった際に在籍確認がとれているかどうかとなっています。こちらについても公式ホームページに掲載されているのですが、「本人確認の書類の提示と在籍確認については必須」となっています。過去であれば、新規のローンなどを組む以外では不要であったこともあったのですが、現代では法律についても更新されているので、過去のような契約方法は適用されないようになっているのです。なので、それらの情報についてもメモしておき登録できるようにしておきましょう。

【参考ページ】
無職と融資の関係について

無職でもキャッシングできる条件とは何か?

一般的に仕事をして収入を得ることで生活をしていくようになります。仕事があって、しっかり働いていれば、少なからず収入があるものであり、生活レベルは人によって異なるものの、食べていくことはできるでしょう。しかしながら、リストラされたり、病気やけがに見舞われたり、人生何が起こるかわかりません。当然、働いていない状態、つまり無職の状態ではかなり生活が厳しくなります。

お金に困った時には、人から借りるということもできるでしょうが、なかなかそれも問題が発生してしまうものです。ですから、外部の金融会社に借りることができればそうするのもいいでしょう。

しかしながら、キャッシングというのは通常収入の見込みのある人ができるものであり、返済の見込みのない人には金融会社のほうでも貸すことはできないものなのです。銀行やクレジットカード会社では審査が厳しいので、無職では審査落ちになります。それに対して、消費者金融も難しい審査になるのですが、一定の条件を満たしていれば、無職でも借り入れが出来る場合があります。(参考ページはこちら→銀行と比較すれば消費者金融は借りやすい?

これは、近い親族、例えば配偶者や親に経済的な余裕があり、返済できるだけの資産がある場合や、就職の内定をもらっていて収入の見込みがある場合、年金生活者で60代くらいでまだ働ける状態である場合、派遣や契約社員で契約期間の間で一時的に無職でも今後働く予定がある場合などです。

このように、無職だからといって全ての融資が出来なくなるということではなく、可能性は残っているということなのです。ですから、まずは申し込みをしてみて、審査をしてもらい、融資が可能かどうかを知るといいでしょう。

しかしながら、仕事をしていない状態での借入はのちの返済でかなり苦労していくものでしょう。借金で一生をダメにしてしまう人もいるものなのです。ですから、利用するときには計画的にお金を使うように気をつけ、借金をしているという意識を持つようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY