> > > 銀行でのキャッシングは年収の3分の1以上必ず借りれる?

銀行でのキャッシングは年収の3分の1以上必ず借りれる?

銀行でのキャッシングは年収の3分の1以上必ず借りれる?

確か銀行系カードローンや銀行カードローンって言われているものは消費者金融と違って、総量規制は関係ないから年収の3分の1以上の借入をすることができるんですよね?これもひとつの理由になって、銀行系カードローンが人気だっていうのを聞いたことがあります。

じゃあ銀行カードローンなどのキャッシングをする時や、銀行のフリーローンも総量規制は関係ないので年収の3分の1以上貸してくれるって言うなら、いつでもそれだけの枠をもらえるということなんでしょうか。最初から年収の3分の1以上で借入をすることができるんだったら、かなり有利なような気がします。

必ずしも年収3分の1以上借りられるわけではない

確かにキャッシングで銀行カードローン系のものと消費者金融系のものと比較をしたら、一番違うと言われている点は年収3分の1以上借り入れができるかどうかという点だというのはそのとおりでしょう。実際に年収3分の1以上を借りている人もいるし、おおよそ年収の半分くらいまでは枠が大きくなると言われています。そこまで大きな枠をもらっている人もいますが、残念ながら誰もが限度額が高くなるわけではないのです。

これは限度額の考え方で、信用のある人は限度額いっぱいまで貸出をしますが、信用が必ずしもあるとはいえないような人の場合は、貸出をあまりしてもらえない時もあります。それこそ総量規制に関係がないからたくさん借りられると思っていたら、実は借りられる金額はすごく少なくて、年収の3分の1にすら届いていなかったという場合もあるのです。あくまで限度であってみんなに設定されるわけではないのです。

だからキャッシングをするときに一番気をつけるのはそういうウワサや情報をうまく利用することです。明らかにだれでも当てはまるかのように書いてあることもありますが、だいたいの場合は総量規制に関係ない借り入れというのは出来る場合もあればできない場合もあるし、ひとによっても違うのです。年収がどの程度あるか、安定しエチル化などによっても変わります。

もちろんそれだけじゃなくて返済実績がしっかりあるかないかなどによっても変わります。銀行系カードローンは確かにメリットが多いために、使う人も多いですし、それだけのメリットも有ります。年収の3分の1以上借りることだってできます。しかし結局、人によって借りられる人もいれば借りられない人もいるのです。信用力や自分自身がどうなのかを考えることのほうが重要だといえるでしょう。
(⇒融資の信頼力に繋がる第一ポイント

銀行系キャッシングなら年収の3分の1の縛りがありませn

キャッシングはお金が足りない時にはとても便利な存在です。そして、キャッシングといえばやはり消費者金融の商品を思い浮かべる方が多いと思いますが、現在では銀行系キャッシングもとても人気があるのです。では、消費者金融の商品と銀行の商品では、具体的にどのような点が異なるのでしょうか

最も大きな相違点は、総量規制の対象になるかどうか、という点にあります。総量規制とは2010年6月に行われた貸金業法の大改正の中で作られた法律であり、この法律は貸金業者に対して貸付金の上限を利用者の年収の3分の1以下に制限させるものです。つまり、消費者金融などの貸金業者には総量規制が適用されることになりますから、利用者側から見ると消費者金融では年収の3分の1までしか借りられないということになるのです。

また、専業主婦などの収入がない人の場合には、そもそも基準となる年収がゼロですから消費者金融ではお金を借りることすらできません。つまり、総量規制の対象のキャッシングの場合には、それだけ借入額に大きな制限がかかることになります。でも、収入がない人であってもお金を借りたい事情はあるでしょうし、特に家計を預かるような専業主婦の場合にはどこからもお金を借りられないとなると、その家族にまで影響が及んでしまうこともありますよね。

このような時に利用していただきたいのが銀行系キャッシングです。銀行は総量規制の対象となっている「貸金業者」には含まれませんので、年収の3分の1という縛りはありません。つまり、専業主婦であっても審査にさえ通ればお金を借りることが可能になります。審査はご主人の年収をもとに行われることになりますが、ご主人の同意書や収入証明書の提出は原則不要なので、この点でも使い勝手がいいものになります。また、金利の面からみても、消費者金融よりも低金利の商品が多いので、この点でも有利です。

お金が足りないときには、このような方法もありますから是非検討してみてください。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY