> > > キャッシングの審査基準が分かってるところあれば教えてください

キャッシングの審査基準が分かってるところあれば教えてください

キャッシングの審査基準が分かってるところあれば教えてください

キャッシングの審査基準が分かれば自分が使えるかどうか、審査に通るかどうかってすぐに分かると思うんですけど、審査基準分かってるキャッシング会社ってありませんか?

探してみてるんですけどなかなかないんです。審査基準って書いてないものなんでしょうか。分かれば便利だと思うんですが。

キャッシング審査基準は基本的に非公表となっています

キャッシングを申し込んで審査を受けるとき、その審査がどういう項目で行われているのか、どういう基準で審査に通る、落ちるを判断しているのかという基準があらかじめ分かれば自分が申し込むかどうかを判断する材料の1つになるかもしれません。審査で落ちようと思って申し込みをする人はいないわけで、申し込む人全てが審査に通りたい、キャッシングを利用したいと思っているでしょうから審査基準も知りたいはずですよね。ですが、審査基準を公表しているキャッシング会社というのはありません。審査基準が分かれば便利なのに、という気持ちも分かりますが、審査基準を公表することはキャッシング会社にとってリスクがあることでそのリスクを補えるだけのメリットがあるものでは無いのです。

キャッシング会社の審査基準がもし公表されてしまえば、自分の条件と比較してここなら通る、というところに申し込むようになりますよね。キャッシング会社によっては利用者が激減してしまうところもあるでしょう。大手で自分が通る条件と合致していればそっちに申し込みをしてしまいますからね。中小のキャッシング会社は出来るだけ審査基準を低くして利用者を集めなければいけませんが、周囲の審査基準をチェックして出来るだけ緩く、低く…となれば集まってくる人はリスクがある人ばかりになってしまうかもしれません。
(⇒中小金融業者の利点とは

それだけでありません。キャッシング会社の審査基準を公表しても、その審査基準のみで審査可否を判断するわけではありません。審査方法はキャッシング会社で異なりますが、年収、家族構成、勤務先、勤続年数、過去の借入状況、現在のローン、そういうところを総合的に判断するのが審査です。人によって様々なパーターンがありますから、それをすべて審査基準をとして公表することは物理的に不可能です。公表したところで、結局は他の項目審査によって利用不可となる場合があります、といった一文を記載しなければいけなくなってしまうのがオチですね。

単純に審査基準を記載出来ないのは、いくら一流企業に勤めて高額な年収を得ていたとしても扶養家族が多く支出が多い、現在高額ローンの返済をしているという状況であれば返済する余裕があるとは言えないかもしれませんし、年収が少なくても毎月返済することが出来るという人もいるかもしれません。審査はキャッシング会社で基準が異なるのは基本、そしてその基準を公表しないというのも基本なんです。自分が通るかどうか気になるのであれば、借り入れ無料診断を利用するなど方法もありますのでそういうのを利用してみてはどうでしょうか。

いろいろな金融会社でキャッシングする時の審査基準

お金が足りなくなりと、生活をしていくのが大変になることでしょう。そういったときには、知り合いや身内からお金を工面してもらうという方法もありますが、親しき人では特に揉め事になりやすいものです。それなら、外部の金融会社からkり入れをすることを考えるといいでしょう。

外部の金融会社としては、いろいろなところがあります。いずれにしても、審査に通らないことには借り入れができないので、それぞれの特徴を知って、自分の置かれた状況に合ったところにするといいでしょう。

銀行やクレジットカード会社では、審査が厳しく、時間がかかるのですが、経営が堅く、金利も若干低いので、安心感があります。それに対して、消費者金融では審査基準のハードルが低いので、わりと通りやすいのです。また、即日審査・即日融資でスムーズに手続きをすることができるので、すぐにお金が欲しいという人ではちょうどいいでしょう。しかし、若干金利が高めなので、返済額も少し上がるのですがm、今は法的に規制がされているので、それほど膨大な額になるということはなく、安心です。

それぞれの会社では、キャッシングをする際に審査基準があります。申込時に氏名、年齢、職業、年収、他からの借り入れ、家族構成、住宅の形態などの個人情報を提供することで、それをもとに在職確認と収入の確認をしていくことになります。銀行やクレジットカード会社では、安定した収入があればいいのですが、消費者金融ではアルバイトやパートであっても返済能力があるかどうかというところを見るので、通ることも多いのです。さらには、消費者金融は無職であっても一定の条件がそろっていれば、まれに通ることがあるものなのです。

このように、金融会社のジャンルやそれぞれの基準によって、かなり違ってくることは確かですが、やはり一番緩いのは消費者金融です。いろいろなところから情報を集めて、自分に合ったところから借入をしていくようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY