> > > 無収入でどこまでキャッシングできる?

無収入でどこまでキャッシングできる?

無収入でどこまでキャッシングできる?

無収入の人ってキャッシングできるか教えて欲しい。わたしの友達にすでに結婚していて専業主婦になった人がいるんだけど。なんだかその人が普通にキャッシングできたりしているのよ。だってキャッシングって働いている人なら借入れ出来るって話でしょ。専業主婦って働いているうちに入るの?それとも実際は借入れできないのに、審査を通す秘策があるとか。(参考ページはこちら→専業主婦と融資の関係

専業主婦でも銀行で借入れできます

秘策があるわけでもなく、専業主婦の場合は銀行でなら融資を受けることができるんですよ。基本、無職の方は消費者金融で借入れすることができません。ですから、最初から消費者金融を探し回らないほうが良さそうですね。無職の学生さんでもそうなんですよ。どうしても、消費者金融では収入を基にして融資をするので、審査の基準を考えると「無職」というのは、基本となる収入のデータがないので無理なんですね。

銀行で借入がどうしてできるのかというと、消費者金融とは融資のための法律が違うんです。まずここが肝心です。専業主婦の方が消費者金融に申請しても審査が通らないことを悲観したりしないで下さいね。単純に消費者金融の場合は「無職」での融資ができないんです。ですからムダな努力はせずに、銀行でも専業主婦の方や学生を中心に少額融資の商品を取り扱っているので、そちらを利用されるといいかと思います。

無収入の方が銀行で少額融資を受けることができるとすれば、約30万弱だと考えるのが妥当かと思います。融資を受けるためにはどうしても配偶者の方の同意や、ご家族の方の同意が必要なんです。消費者金融とは法律が違いますが、返済能力を見ているわけですね。申請の時にはやや面倒ではありますが、同意を取り付けることのできたご親族の収入証明や、審査の際に職場のほうへ在籍確認もあるかもしれません。これにも同意者の方に理解してもらわなければいけません。そして、同意者の返済能力を見ながら融資額を決めるわけですね。(参考ページはこちら→融資で大切な部分はいつでもチェックされます

無職の方で一番注意をしなければいけないのは、やはり延滞をしないということです。返済が遅れると自宅に連絡がいくのではなく、同意者の方の職場へ金融機関から連絡がくる恐れがあるんです。ちょっと怖い話ですが…。それに信用情報というものがあるんですが、カードを作ったその日から借入や返済の情報が細かく記録されていきます。延滞情報なども。これらの情報はすべて数ヶ月~5年近く情報が残ってしまいます。月々の返済額も千円単位から可能ですが、くれぐれも使い過ぎに注意をしましょう。

無収入の人がキャッシングを利用することはできる?

キャッシングを利用するという場合には必ず申し込みを行い、審査を受ける必要があります。審査の中ではそれぞれの消費者の信用度がチェックされることとなるのですが、このチェックの中で「信用するにはリスクが高い」として判断されてしまったのであれば、融資を受けることはできません。

とはいえ現代では非常に多くの人が利用をしており、その審査基準も一般の労働者であればほとんどが通過することが可能なものです。それでは、一般の労働者とはやや異なる事情を持つ「無収入の人」などの場合にはどうなるのでしょうか。

これはまず前提として、二つのパターンに分けることができます。一つ目が「専業主婦などで配偶者が働いており、世帯としての収入はある」というパターンであり、もう一つが「失業などによって世帯全体の収入がない」というパターンです。

まず世帯収入があるパターンですが、これはさほど問題にはなりません。配偶者に収入があるのであれば、その配偶者の年収を適用させたうえでキャッシングの契約をすることができるのです。この際には配偶者の同意や、配偶者の収入を証明する書類などの提出が求められますが、そうした書類に問題がなく、また金融事故などを起こした来歴もないのであれば審査を通過できることがほとんどとなるでしょう。

問題になるのが、世帯全体で収入がないというパターンです。この場合はどのようなキャッシング業者からであっても、借り入れをすることは困難です。消費者金融系の業者は総量規制の影響を受けますから、年収が0円の状態の消費者に対して貸付を行うことはできませんし、銀行系も審査は比較的厳しい傾向がありますから、無収入の申請者に対して融資を行うことはまずあり得ないと言っていい状態です。
(⇒無収入での融資利用は不可能?

仕送りや失業保険などが収入ではないかと言うように主張する人もいますが、一般的にはそうしたものは収入として認められません。キャッシングを利用したいというような場合には、まず自身の収入をしっかり確立させてからでなくてはならないので

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY