> > > キャッシングの審査に不安があるので緩いとこで借りたい

キャッシングの審査に不安があるので緩いとこで借りたい

キャッシングの審査に不安があるので緩いとこで借りたい

自分は多重債務者ですし、年収も低く、返済も遅れがちなので、銀行はおろか、大手などの審査には受かる自信がありません。自分が悪いことはわかっていますが、それでも貸してくれるかもしれない、審査が緩いところってないでしょうか?(参考ページはこちら→審査がとても緩い業者について

審査が緩いところと言えば小さ目の消費者金融

確かにその条件だと、大手などの審査に通るのは厳しそうですね。銀行や銀行系、大手の消費者金融はわざわざ条件の悪い人に貸さなくても他にもいい顧客がいますので審査は厳しめだと思います。(参考ページはこちら→審査が厳しいところにはどう通過すれば良い?

貸してくれるとしたら、中小タイプの知名度の低い消費者金融でしょう。このタイプの消費者金融はどうしても優良顧客が大手に流れて行ってしまいますので、大手が審査に落とした人たちを相手に商売をしないといけないため、審査基準は低めになるからです。その代わり、利率が高かったり保証人が必要で会ったりするのが難点ですが・・・。それでも審査に通らなかった人たちにとってはまさに、救いの手です。計画的に利用することで、便利な存在となるでしょう。
(⇒中小消費者金融の良さ

ただ、私が一つ気になったのは【多重債務】と言う点です。多重債務の合計額はいくらですか?年収が低いとも書かれていますが、審査基準が緩いかどうかではなく、総量規制に引っ掛かって借り入れができないという可能性もあります。総量規制と言うのは年収の3分の一以上の金額の借り入れができないという法律です。年収が300万円の人なら100万円までしか借金はできないということですね。

銀行や銀行系の消費者金融で借りるお金はこの中に当てはまりませんが、普通の消費者金融での借金は合算して年収の3分の一以上は借りれません。もしかしてしまうと消費者金融側が厳しい罰則を受けることになるからです。総量規制に違反しているかどうかは消費者金融側が調べれば一発でわかりますので、たとえ申し込んだとしても総量規制に引っ掛かっていることが判明した場合はどの消費者金融であっても貸してくれないでしょう。

もし、多重債務で首が回らなくなってきて追加で借金と言うのであれば、おまとめローンを検討することをお勧めします。利息分が少し楽になるのと同時に、返済窓口が減りますのでその分、手間がかからず、完済へのめどが立ちやすくなるという利点があるからです。それでもやっていけない場合は素直に債務整理をなさってください。借金は返せること前提で行うものです。あまり、たくさんのところから借り入れする癖はつけないほうが良いと思いますよ。

キャッシング申し込みで不安を感じている場合は仮審査を

キャッシングを申込むとき、自分でもお金をきちんと借りられるかどうか、と不安になる人も少なくありません。お金が必要な場合、お金を貸してくれるキャッシングサービスは、金銭面の問題解決手段として有効ですが、自分は利用できるかどうかが分からないこともあります。(参考ページはこちら→利用出来るかどうかが分かる基準

キャッシングが利用できるかどうかというのは、キャッシング業者側が決めたポイントをクリアしなければならないので、これまでは実際に申込をしてみなければわかりませんでしたが、最近ではわずか数秒で確認できるようになりました。金融会社の多くが「仮審査」というものを導入しており、すぐに申込者が借入を利用できる可能性があるかどうかの結果を知ることで申込者は借入を検討しやすくなり、金融会社側も効率よく業務ができるのです。
(⇒最近の金融業者は申し込みからの反応が早い

仮審査は、本審査よりも本格的ではありませんが、必要事項を入力して結果を推測することができるもので、申込者の生年月日と年収、健康保険の3種類の情報を入力するだけで、利用できる可能性があるかどうかを知ることができます。

この簡易的な結果を確認してから申し込むことで不安を抱えることがなくなります。詳しい個人情報の入力によって何らかのデメリットが発生することもないため、安心して利用することができるのです。

個人情報の入力は必要ないので、金融業者から連絡が来たり、職場や家族に知られてしまう心配もありません。仮審査は、匿名性が高く、迅速に信用性の高い結果を知ることができるので、初めて利用する場合は大きなメリットとなります。

自分が利用できるかどうかわからないという場合は、仮審査の結果を見てから借入を検討するとよいでしょう。多くのキャッシング業者では、公式のホームページを設けており、診断ができるツールも用意されています。そこで簡単な入力事項を記入するだけで、すぐに結果を知ることができるので、不安なまま待たされるということがありませんし、契約可能な額も知らせてくれます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY