> > > 銀行でキャッシングしたいけど審査厳しい?

銀行でキャッシングしたいけど審査厳しい?

銀行でキャッシングしたいけど審査厳しい?

今度初めてお金を借りようと思っているんですが、普通の消費者金融はなんか怖いので銀行で借りたいと思ってます。だけど、銀行は審査が厳しいというし、審査に通るかどうかがとても不安です。年収は300万円で、中小企業の事務職に就いているんですが、それでも落ちるでしょうか?

消費者金融よりは厳しいけど無理ではない

確かに銀行は消費者金融に比べて審査が厳しい傾向にあるのは間違いないです。しかし、何が何でも貸さないというような厳しさではなく、普通に返せるであろうと判断した人にはきちんと貸してくれます。質問者さんは、初めての借り入れで、定職についていて、年収もある程度の額があるということで、むちゃくちゃ高い金額を借入れするのでなければあまり心配することはないのではないでしょうか?(参考ページはこちら→融資を受ける事はそんなに難しいわけじゃない?

どの金融機関でも言えることですが、審査に落とすのは【返せない可能性がある人】です。その返せない人の基準が各金融機関によって違うだけです。

以上を踏まえて、自分のマイナスポイントをチェックしてみましょう。たとえば、定職についてない、収入が低すぎる、もしくは安定していない、就職したばかり、貸し付け年齢の上限下限ぎりぎりの年齢である、職歴が短い、この辺りは結構大きなマイナスポイントになってきます。その他のマイナスポイントとしては、未婚で親と同居、未婚で2世帯を建てている、就職先が今にも潰れそう、などですね。

反対に、貸し付けしてもらえやすい条件としては、結婚して子供がいる、マイホームを持っている、年齢が27,8~40代前半、公務員、または有名な企業に勤めている、年収が高い、安定した職業、将来性がある、などです。見ていてわかるように、結婚している、子どもがいるというのは割と大きなプラスポイントです。既婚者はそれだけ責任を背負っているということで社会的信用が付くということがあるでしょうね。(参考ページはこちら→安定した職業は安定して融資が受けられる?

プラスポイントマイナスポイントを見比べて、プラスが多いようであれば借り入れることができる可能性は高いのではないでしょうか?たいしたマイナスポイントがなければ銀行だって貸し付けてくれますよ!

余談ですが、過去に借入したことがある人の場合は、これに、債務整理をしたことがない、返済が遅延したことがないなどもプラスポイントになってきます。返済遅延、債務整理などを行うと、その後の借金がしにくくなってしまいますので十分に注意するようにしましょう。

銀行のキャッシングは厳しい?と考えている方へ

銀行でも消費者金融と同様にキャッシングサービスを提供してきています。銀行でお金を借りるというと融資を思い浮かべる方が多いと思いますが、現在では個人向けの融資はあまり行われず、ほとんどがキャッシングサービスへの誘導もしくは、消費者金融が用意している各種融資へ誘導することが多いようです。銀行でキャッシングサービスを利用したいと考える際気になるのが審査が厳しい?ということです。

結論からいえば銀行であろうと、消費者金融であろうと、審査にさほど差はないということです。銀行の融資の審査に比べるとはるかに簡単に受け付けてくれて簡単審査ですぐに回答がもらえます。また、利用者がとても多いことからもプロパーのローンに比べたら簡単に利用できると言えます。

審査では主に2つのことをチェックされます。ひとつは所得です所得については年収による審査が一般的であり、以前のように月収制のサラリーマンのように給料が安定していない方は利用できないということはありません。月収が不安定でも年収である程度収入があれば審査は通ります。そのため、利用できないと言われてきた、アルバイトやパート、主婦、年金生活者などの方や自営業者でもクレジットカードやカードローンは利用できるようになっています。

2つ目は借入状況のチェックです。現金の貸出については法律で上限が決められています。金融機関の場合は適応外なのですが、ほとんどの金融機関では法律に準拠した制限を設けていると考えておいたほうがよいです。審査においては現金の借り入れを特にチェックされます。総量規制では他社も含めて個人が借りている現金の総額がチェックされます。この時、住宅ローンや車のローンは適用外です。収入と借り入れがはっきりすれば自身で審査が通るのか大体把握できます。理想を言えば借り入れが0ですが、借り入れがあったとしても所得の3分の1を超えないような額目であれば審査は通ると思って良いとお思います。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY