> > > キャッシング中にローン審査は可能かどうか

キャッシング中にローン審査は可能かどうか

キャッシング中にローン審査は可能かどうか

キャッシュカードを幾つも持っているんだけど、少し大きなローンを組もうかと思っていて実際のところローンの審査って通る?(参考ページはこちら→審査に通るかどうかを基準から考えてみよう

審査の詳しい内容って開示はされないけれど不要なカードは解約を

キャッシングとローンと言葉を使い分けているようだけど、要は借金があるのにさらに大きな借金ができるのかってことね。ローンの内容にもよるわね。高級車を買いたくてローンを組むんでは通らないし、借金をまとめるためにローンを組むんなら返済能力を鑑みて判断するし、住宅の購入などでキャッシング中の借金をすべて完済したなら、住宅ローンを借入れすることができるだろうし。とにかくキャッシング中というのが、少額であればいいんでしょうが、あまりにも借金の額が大きいと、これから申請しようとしているローンに不利に働くほうが大きいかもしれませんね。(参考ページはこちら→融資審査に通らない原因を知る

借金をするにしても、バンランスが必要です。モノを購入することから先行しがちですが、本当にいま必要ないモノであれば、キャッシングは避けたほうがいいですね。キャッシングしはじめると、完済までの詳細な個人の資金の流れが信用情報に載ってしまいます。例え高収入であったとしても、滞納ばかり続いたり、安定して返済できない相手だと分かれば融資を受けることはできないでしょう。その逆に、収入が世間と平均水準であってもローンの返済を中心に生活してくれる相手なら、ローンを組むことは可能かもしれません。審査の詳細を明かすことをどこの金融機関もやってはいませんが、返済能力にある意味、真面目さも必要なんだと思います。

高収入でキャッシングもしていて、収入があるからローンも組めるなんて考えたら大間違い。融資する側からすれば不安定要素が大きいでしょ。もしかするとそういう高給取りって、サラリーマンとも考えにくいし事業で失敗なんかしたら融資した元が取れないかもしれないでしょ。だから収入が高いってことが融資の理由にもならないらしいのよ。面白いネ!高給取りなサラリーマンでも生活自体が質素でなかったりすることも多いし。そういう人って高収入以上にキャッシングを利用している可能性が高い。
(⇒仕事次第で融資結果も変わってきます

低金利で借入れることのできるローンを組みたければ、できればキャッシングを少しでも減らすことが重要でしょう。他にも、噂ではキャッシングのカードを持っていれば、融資の都合上カード分のキャッシング枠をローンの借り入れ枠から引かれるそうです。親切なんだかでも、購入したい住宅やマイカーをそのローンで無ければ手に入らないと考えたとき、やっぱりキャッシュカードもクレジットカードも不要なものは解約したほうがいいでしょうね。

キャッシング中にローンを組む際の注意点について

資金不足に陥っているときに、簡単な手続きで資金の穴埋めを行える消費者金融のキャッシングを利用している人も多いでしょう。

消費者金融のキャッシングを使うことで、借り入れしたいときにニーズに合わせて融資を受けることが可能ですし、申し込み方法や融資の依頼方法が手軽になっていますので利用しやすいサービスが行われています。消費者金融のキャッシングには借り入れの際の審査の内容によって、借り入れできる金額には個人差があります

審査では勤務先の会社の情報や年収などによって、融資が行われるかどうかが決定しますし、融資が行われる場合でも審査で調べられた個人のスコアリングによって、融資可能な金額が決定します。ひとつの消費者金融業者から借り入れできる金額だけでは、必要な資金の穴埋めができないときには、別の消費者金融業者からも融資を受けたいと考える人もいるでしょう。

キャッシング中にローンが組めるのかどうか気になる人もいると思いますが、消費者金融業者の審査ではおおむね3社程度までは同時に別の金融業者に借り入れの申し込みを行っている場合であっても、審査に通過する可能性があると言えます。審査では他の金融業者に対して借り入れの申し込みを行っていることや、すでに融資を受けているときには、借り入れ状況や金額についても調べられることになります。

また、法律の制限として総量規制というルールがあり、消費者金融業者は借り入れ利用者の年収3分の1を超える金額を融資できないことになっていますので、複数の消費者金融業者から借り入れを行うときには、その点に注意する必要があると言えます。キャッシング中にローンをするためには、貸金業法の総量規制の適用対象外になる金融機関を選択して申し込みをすることをおすすめします。

銀行系のキャッシング会社であれば、総量規制の適用対象外となりますので、他の金融業者から借り入れた金額と合計して年収の3分の1を超える融資額になっても借り入れることが可能になるので便利に利用できます。(参考ページはこちら→総量規制を意識したお金の借り方

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY