> > > 年収額の3分の1以下なのにキャッシングが停止しました…

年収額の3分の1以下なのにキャッシングが停止しました…

年収額の3分の1以下なのにキャッシングが停止しました…

ちょっと意味がわからないんですけれどもこういうことってよくあるんでしょうか。私、キャッシングを停止させられてしまったんです。キャッシング停止って結構なことをしないといけないと思うんですが、正直年収額の3分の1以下でしか借入もしていなかったのに停止させられてしまったんです。

これってどういうことなんでしょう?なぜキャッシング停止になってしまったのか、理由がわかりません。年収額の3分の1以上借入をしていたなら分かるんですが、それ以下でもありえるんですか?

キャッシングの停止は年収額の3分の1はあまり関係ない

ちょっと勘違いをしているようで「キャッシング停止になるには年収額の3分の1以上を借りた場合だ」というように考えているようですね。キャッシング停止に確かにそれ以上はできないですからなる可能性はあるかもしれませんが、正直なところあまり関係はありません。この年収額の3分の1以上でも以下でも、キャッシングの停止というのはあり得るのです。

ただしその昔この法律ができた時にはかなり混乱したことは間違いありません。実はキャッシングの停止まで追い込まれて人も多数いたのです。年収額の3分の1までしか借り入れができないというようになり、かつ金利も下げられてしまったということが過去にありましたが、その時には追加融資できる枠が0になってしまった、つまりキャッシングが停止したという人はたくさんいたのです。

これはそれまでに法律で制定されるまでは主婦でもかなりの金額を借りることができたし、無職の人にも貸し出ししたりしていました。また年収額の3分の1以上の貸し出しだって当たり前のようにやっていたために、法律ができた途端に「これで違法になってしまうから」ということで、ぴたっとキャッシング停止になってしまった人たちが多数出てきたのです。これで大混乱したと言われています。
(⇒今では無職はお金を借りられない?

今は年収額の3分の1以上の貸出をすること自体、銀行系カードローン出ない限りはありえないので、そういう理由で停止するということはありません。例えばもし停止をするとしたらありえるのは返済をしていない時でしょう。返済日を一回飛ばしてしまっていて、それで新規のキャッシングを停止させられてしまうということはよくあります。ちゃんと返済していれば問題はありません。

また何かしらのウソの情報が入っていたということで新規取引を停止させられることもあるようですから、申込時にうそをかくのはよくないでしょうね。いずれにせよ借入額が少なくても停止になる可能性もありますから、業者に理由を問い合わせてみるのがいいでしょう。

消費者金融のキャッシングは年収額の3分の1を超えると停止

キャッシングは即日からも融資が受けられるなどのスピード対応が魅力です。そして、申し込みの際はどれぐらいの金額まで借りられるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→金融業者の借入上限について

まず、消費者金融の場合は総量規制があります。これは、個人への過剰な貸付を防ぐ目的で作られた制度ですが、その借り入れできる金額はその人の年収額の3分の1までとなっています。

これは一ヶ所から年収の3分の1の金額を融資してもらえるというわけではなく、複数社の借入があった場合もその合計が年収の3分の1までという意味ですので、誤解のないようにしておきましょう。そして、消費者金融で複数社から借入している場合などは年収の3分の1の金額を超えないよう、しっかり管理をしておくことが大切です。(参考ページはこちら→消費者金融系の融資で発生するルール

借入の合計が年収額の3分の1を超えると、利用が停止となり、それ以上の借入ができなくなりますし、他の消費者金融にも新規で申し込みを行えなくなります。そして、消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシング機能も総量規制の対象となっていますので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

それから、消費者金融の場合は総量規制がありますが、やはりそれ以上の資金が必要となってしまう場合もあります。借入はどれもが総量規制の対象となっているわけではなく、住宅ローンなどは別となりますし、おまとめローンなどより有利なローンに借り換える場合は総量規制を越えていても利用することができます。

そして、キャッシングも銀行の場合は、総量規制の対象とはなっていません。銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングと同じように申し込みや利用ができますが、銀行の融資となりますので、総量規制はありません。(参考ページはこちら→銀行の融資はここが違う!

銀行の場合は、消費者金融と比べて、限度額も大きく、利息もより低金利となっているのが特徴です。まとまった資金を必要としている場合は、最初から銀行のサービスに申し込んでおくという方法もあります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY