> > > 借入ありでもキャッシングの増額できた人いますか

借入ありでもキャッシングの増額できた人いますか

借入ありでもキャッシングの増額できた人いますか

現在、あるキャッシング会社に十万円程度の借入がある状態です。今の状況で他のキャッシング会社の増額をすることは可能なんでしょうか。

他社借入ありの状態でキャッシング増額できたって人いませんか?増額できないとちょっと出費が増えてくる時期になるのは厳しいんです。(参考ページはこちら→融資増額の基本的な仕組み

キャッシング増額するためには再審査が必要

キャッシングを利用していて、今の限度額をさらに増やしたい、上限金額を上げたいという事であれば増額申請を行う必要があります。増額したいです、ということをキャッシング会社に伝えれば増額を検討してくれるわけですが、申請すればすぐにOKとなって増額出来るわけではないんですね。申請した後は、必ず審査を受けなければいけないんですね。増額しても返済可能かどうかをチェックするわけです。この審査で通らなければ増額は認められません。増額の為に行われる審査はどういうものか、それは新規キャッシング申込時に行われた審査とほぼ同じようになっています。(参考ページはこちら→融資の為の審査は基本どれも同じ?

現在の年収など基本情報の確認を行い、あとは与信チェックを行います。実際に今キャッシングを利用しているわけですから、その利用実績もチェックされますね。滞納してしまったことがあれば不安要素であると考えられて審査に通らないこともありますから、キャッシング利用時にはしっかりと返済しておくことがとても大切です。
(⇒融資審査の基本情報の一つとは

与信チェックでは増額申請をしているキャッシング会社の利用実績だけではなく、他社のキャッシング状況もチェックされます。そのとき、他社キャッシングを現在も利用していて返済中であるという情報があれば少なくとも審査には不利になってしまいますね。返済出来ないかもしれないというリスクが少しでもあれば、審査で不利になってしまうのです。

ただ他社利用があるから必ず増額申請に通らないのかという事でもありません。やはり今の収入や実際の利用と返済実績を総合的に見て増額可能かどうかを判断します。増額希望している金額が、他社借り入れがあっても返済可能であると認められれば増額してもらうことが出来るのです。どのような条件ならOKなのかというのはキャッシング会社によって新基準が異なりますし細かい条件も含めれば一概に言う事はできません。

増額したいと思ったときに、どうしよう、審査に通るかな、と不安ばかり抱えていても仕方ありませんから、思い切って増額申請をしてみましょう。キャッシング会社によっては増額可能かどうかを会員ページからチェックできる場合もあります。一度チェックしてみると良いでしょう。

借入ありでもキャッシング増額できた人の特徴

キャッシング増額できた人にはある特徴があり、これまで厳しいと思われていた他の借入ありの方でも増額ができるようになってきています。キャッシングサービスの借入可能額については一般的に新規での申し込み時に決まった額面のまま増えないと考えている方が多いようでうが、実は利用を数年経た後での利用可能額は増えていることが多い上、さらに増額申請をして通る方もとても多いのです。

キャッシングの利用可能額は新規の申し込みの際、実際に利用できる額面よりも少なめに利用可能額が設定されることが多いと言われています。これはキャッシング以外の同社の利用実績がない場合には特に少なくなる傾向があり、利用実績に応じて利用可能額が変動するとも言われています。キャッシングの利用可能額については法律で上限が決められています。制限としては所得の3分の1を超えないことが求められ、他社の借り入れも含めた金額で制限が決まります。そのため、他社の借り入れが多い方はさらに少なくなることになります。

キャッシングサービスやクレジットカードの利用可能額については審査で決まった金額のほか、定期的に利用実績に応じて増減することがあります。これは各社とも半年や一年ごとに自動審査を行っているため、他社の借り入れの状況も踏まえて利用可能額を増やすことがあります。そのため、数年利用していれば少なくとも1度は利用実績に変化があると言われており、初期に設定された利用可能額によっては利用が全くない方でも利用可能額が増えたという方も少なくありません。

利用可能額については明示されている可能額の他に法律での制限に抵触しそうになっている場合は自動で引き下げが行われ、場合によってはカードの利用停止が行われることもあります。滞納等による利用停止ではないので、返済が進めばまた自動で利用可能となります。普段から所得の3分の1に制限されていることを踏まえてキャッシングを利用するとよいです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY