> > > 三井住友銀行のインターネットキャッシングのやり方を教えて!

三井住友銀行のインターネットキャッシングのやり方を教えて!

三井住友銀行のインターネットキャッシングのやり方を教えて!

三井住友銀行のカードローンには、インターネットやテレフォンバンキングでのキャッシングができるらしいんですが、その方法がよく分からないんです。どうやればネットからのキャッシングができるようになりますか?
(⇒ネットを利用したキャッシングについてはこちら

三井住友銀行の口座は開設してますか?それが大前提ですよ!

三井住友銀行カードローンは、同行の預金口座がなくても利用できるのがメリットのひとつですが、ご質問のようなネットバンキングやテレフォンバンキングを利用するためには口座を持っておくことが非常に重要な役割を果たすんです。

そもそもネットバンキングやテレフォンバンキングは、預金口座を持っている方向けのサービスで、その中でカードローンを利用している方には、ネットでも電話でもキャッシングができるようにしますよ!というものなんですね。ネットで申し込んだ借り入れのお金は、三井住友銀行の口座に振り込まれる仕組みになっています。ですから、最低でも口座開設をしていなければいけません。

さらに、口座をネットバンキングとリンクさせる、つまり、インターネットやモバイルなどで自分の口座を管理できるようにする手続きも必要になってきます。その手続きには数週間程度の時間が必要になるので、今すぐ口座を作って、明日ネットでキャッシング!というわけにはいきません。(参考ページはこちら→その日にお金を借りるには別の方法で

手順としては、①三井住友銀行の総合(普通)預金口座を開設→②カードローンの返済用口座に指定(毎月口座振替での返済となります)→③同時進行でネットバンキング利用の手続きも行なう→④それぞれの手続きが完了すれば、ネットバンキングもネットキャッシングも利用可能…という感じです。何はなくとも三井住友銀行の口座開設が第一に必要なんですね。

三井住友銀行VISAカードで海外キャッシングするやり方

海外旅行の際に行う外貨両替での手数料を節約して、損をせずお得に海外旅行を楽しむことができる」節約方法を紹介します。それは、三井住友銀行VISAカードを利用して海外キャッシングをするやり方です。

三井住友VISAカードを一枚持っているだけで、海外キャッシングはもちろん、海外旅行保険が付いているので、旅行契約時に旅行代理店で海外旅行保険に加入する必要も無く、また旅行時に万が一トラブルに遭遇しても、保険がきくので安心です。

補償は、海外旅行では自動付帯で死亡・後遺障害が最高2,000万円まで、そして傷害・疾病治療が最高100万円まで、賠償責任が最高2,500万円まで、携行損害が旅行一回に付き最高20万円までとなっており、免責は3,000円で尚且つ年間100万円まで、それから最高150万円までの救援者費用も付いています。

旅行代理店で加入する海外旅行保険は、旅行日数などで変わってきますが、相場ではおよそ数千円~1万円前後ですので、三井住友VISAカードがあれば加入の必要がなくなります。結果、海外旅行保険代が節約できることになります。

海外でのキャッシングでは、VISAが利用可能なATMならば世界中どこでも利用が可能なので、とても便利です。また、利用したキャッシングは帰国後に繰り上げ返済が可能なので、数日分の利息だけにもすることができるため、外貨利用のコストと一般的な両替手数料とを比較してもかなりの節約になるのです。

利用限度額は、社会人で5万円~200万円まで、学生は5万円まで利用が可能です。また、実質年率は5万円~99万円まででは、一般カード会員が18.0%・それ以外の会員は15.0%で、100万円~200万円まででは、一般会員が15.0%で、それ以外の会員は14.4%となっています。(参考ページはこちら→仕事や立場で融資の条件は違います

三井住友VISAカードでの外貨為替手数料は、海外キャッシングでは請求されないようになっています。また、返済時には繰り上げ返済をおすすめします。利息は、海外の決済センターにデータが届いた時点から発生しますので、帰国後はすぐに返済して金利を安くして、無駄なお金はなるべく節約しましょう。

【参考ページ】
海外キャッシングを使うこなす極意

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY