> > > 海外でキャッシングをする時の上限金額は?

海外でキャッシングをする時の上限金額は?

海外でキャッシングをする時の上限金額は?

ヨーロッパなどに海外旅行に行く時には、トラベラーズチェックでドルを持っていって、ドルを現地通貨に引き換えるよりも、キャッシングで現地通貨を借りる方が、手数料が少なくて良いという話を聞きました。

国内のキャッシングはもちろん、リボ払いも消費者金融もローンも使ったことが無いので、融資を受けるという事自体、おっかなくて試してはいなかったのですが、今回、思い切って試そうと思っています。そこで疑問なのですが、海外でキャッシングをする時の上限金額はいくら位なのでしょうか?
(⇒消費者金融はそんなに怯える事は無い?

カードによって違うけれども、一月当たり10万円とされているわ

キャッシングの手続きは、とても簡単で、街角のATMにクレジットカードを入れて、カードの暗証番号を入力して、出金を選択して金額を入力するだけで手続きが完了するわ。

カード会社にキャッシングをしたというデータが届くまで、2日位かかるから、2日後にカード会社のサイトに、請求が来ているのを確認してから、繰り上げ返済を希望すると、返済用の口座番号を教えてくれるから、そこに振り込めば大丈夫よ。

キャッシングのレートは、ショッピングのレートより、若干割安になっているわ。ショッピングのレートは。、キャッシングのレートに、1.6%くらいを掛けた数字になっているわ。キャッシングのレートは、同じ日のレートより、1.5%くらい高い位よ。そして、キャッシングを使うと、ATM使用料として1万円以内なら105円、1万円を超えると210円取られるとされるわ。

さらに、キャッシングの手数料として、引き出し金額の2%位が利息として付くけれど、それは、繰り上げ返済で帳消しにされるわ。つまり、繰り上げ返済をしたならば、キャッシングをした手数料と、ちょっとレートの悪い位で現地通貨が手に入るというわけ。

しかも、キャッシングを繰り上げ返済すると、カード会社の入金後にその枠がリセットされるのね。だから、一月当たりの10万円という枠をオーバーしそうになったら入金を繰り返せば、無限に繰り返すことが出来るわ。

ちなみに、海外でも使える一部銀行のカードで、直接下ろすという手段も考えられなくないけれども、この場合、キャッシングのレートに4%位プラスされたレートになったわ。

アメリカドルやユーロやポンド・スイスフランであるならば、FXを使っての為替手数料の安さが使えるだろうけれども、その他の通貨ならば、海外でのキャッシングというのが使える手段であることは間違いないわよ。あと、クレジットカードが安全に使えそうなお店では、なるべくカード払いをすることをおススメするわ。

海外キャッシングでは利用上限に注意が必要です

海外旅行に必需品として考えられている中にクレジットカードがあります。海外での買い物に現金を利用するには面倒が多く、また、海外ではクレジットカードの利用が日本よりも進んでいることもあり、海外でも利用できるクレジットカードを持参する方が増えています。さらに、クレジットカードに付帯されている海外キャッシングの利用も増えています。

海外キャッシングは日本国内でのコンビニのATMでの借り入れと同様にホテルや町中に設置されているATMを利用して現地通貨を借りる仕組みです。日本円を持って行って両替するには両替商に行って貰う必要がありますが、言葉が不自由であったり、そもそも日本人と分かると交換手数料を上げる悪徳業者も多いため、海外での両替に不安を感じる方はとても多いようです。そのため、公正で、簡単に現地通貨を得る手段として海外キャッシングが選ばれています。

海外キャッシングは主にクレジットカード会社がキャッシング枠を海外向けに設定していたり、海外キャッシング専用枠を設けて普段の利用枠と別に用意するなど各カード会社でさまざまな対応をされています。また、海外でクレジットカードを利用するのは何も設定を必要としないことが多いのですが、海外でのキャッシング利用には設定を別途しなくてはならないというクレジットカードも多くありますので注意が必要ですし、設定に時間がかかることも多いので一月前など、時間に余裕を持った行動が必要です。(参考ページはこちら→キャッシングを使うには審査に通らないといけません

また、海外でのキャッシングを利用する際に気をつけたいのが利用可能上限です。キャッシング枠は日本国内での利用分として設定されていることが多く、海外でのキャッシングは別途審査があるカード会社が多いです。そのため、事前に利用申請の他に、利用可能額を確認しておくとよいです。海外でのキャッシングはATM利用手数料が別途かかることもあるので国内でのATM利用のように手軽に何度も使うのは無駄が多いので計画的な利用をおすすめします(参考ページはこちら→お金を計画的に使うには

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY