> > > 仕事場までキャッシング業者はやってこないですか?

仕事場までキャッシング業者はやってこないですか?

仕事場までキャッシング業者はやってこないですか?

キャッシングをしよう、そう思うときはよくあるんですけれども大体キャッシングを使おうと思っていた時にも使えないでいることがほとんどです。なぜか、そのひとつは仕事場や家にまで何かと色々迷惑がかかってしまうからです。キャッシングの通知だとか明細だとか、色んなモノが送られてくるというのを聞いています。

そういうことは絶対にやめてほしいと思っていますし、ウワサでは仕事場まで職員の人がやってくることもある、というように聞いています。そんなことは絶対にやってほしくないですから、キャッシングを使っていないのです。今もそれは変わらないのですよね?

今どきのキャッシング業者はすごく紳士的になった

そういった思い込みをしている人は質問者だけではなく、結構たくさんの人が「消費者金融の人が仕事場までやってきて、返済しろと脅してきたりする」と思っていたり、「自分の家までやってきて周りに迷惑をかけてくる」というように思っていたりします。確かに一時期のキャッシング業者はそういうところもありましたが、今はすごく紳士的な集団に変わっているのです。

なぜ紳士的な集団に変わったかというのは理由大きく分けて2つあります。一つは多くの人に質問者と同じようなイメージを与えていたということから脱却しようと考えていたからです。もともと大手の社員の中にも消費者金融やキャッシングというのはこういうものだと思って脅したりするような人もいました。しかしそのようなことでは支持を得られないと思って、紳士的な態度に改めたのです。

もう一つが法律の問題があります。法律上、今まで危ないとされる問題については禁止されるようになったのです。つまり借入をしている人の家にまで行って取り立てをするようなことはしてはいけないというようになりましたし、電話で脅すよなことをするのも禁止されるようになりました。結果的にお金を借りる人が守られるようになり、違反した業者には罰則が設けられたのです。

この二つの理由から今や昔は当たり前だったようなことも、消費者金融はやらなくなっているというわけです。消費者金融や銀行系カードローンなどのキャッシング業者はできるだけ法律を守って、みんなにいいように見られるようにするようになりましたから、脅されたりするからキャッシングできないと思わなくても大丈夫ですよ。(参考ページはこちら→どの金融業者も今は安全?

一度借りている人の口コミなどを見てもらえればわかりますが、大手の業者はまず安心して大丈夫です。中小の業者についてはまだまだグレーなところもありますから、利用するときには用心してくださいね。

キャッシングと、仕事場への連絡の可能性について

担保や保証人を必要としないキャッシングは、利用する人に、安定した一定の収入がある事が、利用条件の一つになってきます。その為に、審査の際に、重要になってくるのが、利用者が、申告のあった勤務先に本当に在籍しているか確認をする、在籍確認です。(参考ページはこちら→融資審査で欠かせない在籍確認

この在籍確認は、勤務先に電話をして、その人が本当にいるかどうかを確認します。ただ、勤務先に電話をされると、今後の仕事に支障が出ると考えてしまう人も多いでしょう。その為、在籍確認は、消費者金融からの電話だと気付かれないように行われます。

電話をするオペレーターは、利用者の知り合いを装い、個人名で電話をし、私用で利用者を呼び出して貰うといった形をとります。あくまで個人的な電話を装うので、消費者金融からの電話である事は、まず気付かれません。更に、在籍確認は、本人が電話口にでなくても、ただいま席を外しています、という返事があれば、それで確認は終了となります。

本人が勤務先にいる時は、本人と繋いで貰い、生年月日などを確認する事で、本当に本人かどうか、確認していき、在籍確認は完了となります。ですから、審査の際の本人確認で、消費者金融を利用する為に審査を受けているという事を気付かれるという事は殆どありません。
(⇒融資審査で行われている事について

ただ、審査が終われば、もう仕事場に連絡がくる事はないと考えるのは間違いです。返済の遅れが続いた場合等、消費者金融から勤務先に電話がかかってくる可能性がないとは言い切れません。以前のような、強引な取立ては行っていませんが、借りたお金を返さなくても良いという訳ではありません。

ですから、返済が遅れれば、勤務先などに連絡が来るという可能性はあります。ただ、審査の時とは違い、こちらは、利用する人が遅れずに返済をするように心がけるだけで、防ぐ事ができるものです。ですから、勤務先に電話がかかってくる事は困るという場合は、毎月、遅れずにしっかりと返済をするようにしておく事が大切です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY