> > > 漫画家です。キャッシングは難しいって聞きましたが本当ですか

漫画家です。キャッシングは難しいって聞きましたが本当ですか

漫画家です。キャッシングは難しいって聞きましたが本当ですか

漫画家になって5年経ちます。特殊な女性向けのストーリーで、細々とお仕事は頂けています。これから先はどうなるか分かりませんが、いつか漫画王に私はなる!って野望くらいはあったりします。…でも今はまだ本当に細々です。年に二本くらい雑誌に載れば良い方で、運が良ければデジタル配信。雑誌はともかくデジタルは報酬が低いので、他の有名漫画家さんのアシスタントに入ってしのぐこともあります。

そんな私ですが、今度、半年間の中期連載をさせてもらえることになるかもしれません!また確定じゃないんですが、話が出たので頑張りたいです!それで、捕らぬ狸の何とやらなんですが…期間中はアシスタントさんをどうしても雇わなくちゃいけません。私のような若輩者でもお手伝いして頂くことは多いので、どうしても必要なんです。でもそのお金は原稿料が入るまで工面できません。

それでもアシスタントさんには原稿料が入るまえにアシスタント代をお支払いしなければいけないので、どうしても資金が必要です。今までしたことはないんですが、キャッシングを利用するしかないような気がしています。でも調べてみたら、漫画家だとキャッシングの審査に通りにくい、難しいって聞きました。これは本当ですか?漫画家でも借りられるようなキャッシングはないんでしょうか?(参考ページ→簡単審査の業者はこちら

漫画家は個人事業主!申し込みはもちろんできます!

もう5年も漫画家として仕事してるっていうのは凄いですね!まず漫画家になるだけでも大変なのに、その上何年も……と言うと限られた人だけだと聞いたことがあります。どんな漫画かはちょっと想像がつきませんが、お仕事が来るようなら固定の読者さんもいるんでしょうね。今は雑誌だけではなくてデジタル配信というものもあるのですか。電子書籍の登場は出版界に大きな影響を与えたと聞いています。

しかし、プロの漫画家さんでも他の漫画家さんのアシスタントでお金を稼ぐことがあるとは知りませんでした。でも確かに会社員とは違うわけですから、そういうこともあるものなのですね。知らないことだったので新鮮な気持ちです。そして連載のために雇うアシスタントさんってそんなにお金がかかるものなんですか……!なるほど、それでは原稿料が入る前に何とかお金を都合しなければいけませんね。

漫画家や小説家はキャッシングをしにくい、お金の融資を受けにくいという噂があります。しかしそれは事実とは言いがたい側面があります。例えばある程度の収入が定期的にあるのなら、個人事業主、自営業として成り立つお仕事ですよね?そういう立場であればキャッシングの審査には通るものです。過去に通過しなかった人たちは、仕事が少なく、個人事業主として認めるには難しい収入だった可能性があります。
(⇒個人事業主としての借入

あなたの場合ですと、原稿料の他にアルバイト(他の漫画家さんのアシスタント)をして生活しているという事実があります。これは立派な収入ですし、定期的にそういった収入があるのなら立派な返済能力です。とにかく返済能力があるかどうか、そこが審査のポイントです。今の状況なら、よほど年収が低くない限りは大丈夫ではないかと思います。

ただし借りたい金融機関によっては前年度の収入証明などを求められるかもしれません。これは銀行系に多いことです。消費者金融であれば滅多に求められないので、すぐに必要な書類を準備することが難しい場合、消費者金融を利用するのも良いでしょう。良いアシスタントさんを雇えると良いですね!

漫画家がキャッシング契約する際に気をつけるべきこととは

人が毎日を生きていく中では何かと立て続けに出費が発生し、気がつくとそれらが生活を深刻に圧迫していたりもするものです。自宅の家賃や食費、通院費、子供の教育費、各種ローン、税金、趣味への投資、服や靴などの購入費などにいたるまで、数多くの出費に対して的確にお金を捻出して日々を乗り越えていくためにも、万が一お金が不足した時には消費者金融のキャッシングサービスを活用するとよいでしょう

そもそもキャッシングとはお金を借りるという意味ですが、これを金融用語として使うと手軽な契約手続きで迅速に融資が受けられる振り込みローンやカードローンのことを指すことになります。こうした借り入れ方法は申し込みのやり方も簡単。インターネットや電話、店頭窓口、自動契約機、郵送、ファックスなどを用いて氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの必要事項を消費者金融側に伝え、それらの情報をもとにして正式な審査手続きが始まります。(参考ページはこちら→審査開始後で見られる事とは

この時に特に重要となるのが職業や年収といったものです。サラリーマンや公務員などの安定した職業ならば信用度のポイントも高いですが、たとえば自営業、特に漫画家などの浮き沈みの激しい職業となるとその審査判定の基準も各消費者金融によって変わってきます。しかしながらひと昔前に比べるとこういった自営業者は消費傾向の多様化によってかなり審査に通りやすくなっており、最初からダメと決めつけずにまずは申請してみて相手の出方を待ってみるとよいでしょう。

また漫画家がキャッシング契約を通過させるためのポイントとしては、まず源泉徴収票や確定申告書などの年収を証明できる書類をきちんと揃えておくことにあります。消費者金融の場合、総量規制の原則によって年収の3分の1までしか融資が受けられませんので、きちんと年収を指し示すことのできる書類を事前に揃えておくことは重要です。

さらに、漫画家がキャッシング契約を行う場合、自営業ゆえに最初の契約時には融資限度額が低めに設定される可能性もあります。ですが、これにめげること無く少額の枠内であっても借り入れと完済を繰り返していけば、それが信用度の証しとなってやがて消費者金融側から限度額アップのお誘いがかかるケースも多々あります。こうやって自ら信用を築き上げることで好条件を獲得していけるのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY