> > > キャッシングの限度額って年収で決まっているってほんとですか?

キャッシングの限度額って年収で決まっているってほんとですか?

キャッシングの限度額って年収で決まっているってほんとですか?

今キャッシングを利用しています。二枚のカードを利用しているのですが、そろそろ二枚とも限度額に達してしまうので返済が苦しくなってきていることもあり、新しくカードを申し込もうと思っています。

次のカードを決めるためにいろいろと情報を集めていると、借金には限度額があるという情報を見つけました。この上限は年収で決まっているとその記事には書かれていましたが、これは本当なのでしょうか?本当だとしたらどのように上限が決まっているのか、そしてそれをどのようにして確認しているのか教えてほしいです。(参考ページはこちら→融資の限度額について学ぶ

確かに上限は決まっています。でも、抜け道がないわけではない!

早めに気が付いて良かったですね。知らずに申し込みをして審査に通らないと「なんで?」ってなりますよ。私が現にそうでした。何度申し込んでも、どこに申し込んでも審査に通らない状況になって、一年ぐらいですかね、審査に通らない暗黒の時期を過ごしてました。この限度額のことを知って腑に落ちましたが。(参考ページはこちら→融資審査に落ちる理由についてチェック

さて、この限度額は年収によって決まります。限度額は年収の三分の一。つまり、年収が300万円であれば借り入れの上限は100万円、年収が600万あるのであれば、借り入れの上限は200万円までといった具合です。単純でしょ?たくさん借りたければ年収を上げるのが一番手っ取り早いんです。でも、この上限は全部のカードローンが該当するわけではありません。

この上限は、消費者金融業者、そして信販会社からの現金の借り入れに限られます。つまり、銀行からの借り入れはこの制限は適用されません。法律上は青天井です。つまり、この年収の三分の一を超える借り入れをしたい場合には迷わず銀行に借り入れを申し込むしかないということです。これは「銀行なら借りれる」ということではありません。「銀行しか可能性のあるところがない」ということです。

さて次に、この制限は現金の借り入れに限られるというのもポイントです。車のローンを含めた物販ローンは含まれません。もちろん住宅ローンも。あくまでも現金のみの借り入れです。限度額100万円で、商品を分割で100万円分購入してローンを支払っていても、別途現金で100万円借り入れることが可能です。

仕組みはだいたいわかりました?つまり、限度額内であれば特にどこに申し込んだら良いかってのは決まってませんが、限度額を超えるのであれば必ず銀行に申し込む、そして、商品を買ったローンに関してはこれに含まれないということです。では、限度額超えている場合にはどうしたら良いのでしょうか?

あなたのことを考えるのであれば、「もう借りる生活はやめておけ」と言いたいところですが、なかなか現実としてそうもいかない場合があると思います。そんな時のキーワードは「ブラックでも貸します」という謳い文句です。どこを探せばいいのかは書きませんが、自分で探してみてください。繁華街とか、一部の新聞とか、隅々まで見ると結構こんな言葉が出ていますよ。

普通のところでは借りることができなくなっているあなたは、立派なブラックです!

キャッシングの限度額って?年収と関係あるの?

キャッシングはお金が足りない時にはとても便利なものです。しかし、キャッシングには限度額というものがあり、こレを超えてお金を借りることはできません。では、この限度額はどのようにして決められるのでしょうか。

まず、前提として知っていただきたいのが総量規制という法律です。これは、2010年6月の貸金業法の改正によって作られた法律であり、貸金業者に対して貸付金額を利用者の年収の3分の1以下に制限を課したものです。つまり、利用者側から見れば、消費者金融などでは年収の3分の1までしか借りられないということであり、限度額はおのずとこれ以下に設定されることになります。

これ以下の金額の範囲内でどれぐらい借りられるか、ということについては消費者金融側の審査次第となりますが、これは年齢や他社からの借入などの条件を照らし合わせて総合的に判断されることになります。また、消費者金融の場合には専業主婦のように収入のない方は利用することができません。そもそも年収がゼロなわけですからおのずと借入可能金額もゼロ円になるからです。

では、銀行系カードローンはどうでしょうか。銀行系カードローンは総量規制の対象外のキャッシングなので、年収による法的な制限はありません。つまり、銀行の審査次第で限度額は決定されることになります。また、収入のない専業主婦の場合であっても、ご主人の年収をもとに審査が行われ、審査にとおりさえすればお金を借りることは可能になります。また、その場合であっても、ご主人の収入証明書や同意書は不要なので、ご主人に内緒でお金を借りることも可能であり、この点はとても利便性が高いものになります。
(⇒仕事の有無で融資審査は大きく違います

つまり、キャッシングの限度額はいずれにせよ貸す側の審査にかけられることになり、決定されます。その際には個人信用情報は必ず閲覧されることになりますので、少しでも有利にお金を借りるためには使っていないカードは解約したり、あらかじめ整理しておくことも必要です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY