> > > 大手消費者金融会社で無職でもキャッシング可能なところは

大手消費者金融会社で無職でもキャッシング可能なところは

大手消費者金融会社で無職でもキャッシング可能なところは

無職でも大手の消費者金融や銀行でキャッシングが可能だと聞きました。ほんとうにできますか。

無職の専業主婦でも大手銀行でできるキャッシングはあります

無職といってもいろいろな状況の人がいますね。大手の消費者金融や銀行で無職でキャッシングが可能なところがあるかというと、ありますがそれにはいくつか条件がクリアできて、借りることができるところもあります。かなり厳しくなります。例えば、無職でも専用主婦で配偶者に安定した収入がある場合は、審査に通るところもあります。年金生活者でも借りられるようですが、もちろん審査があるので、貸し手企業からの信用を得にくい条件である無職は、不利ですね。返済能力が低いので、審査に通っても借入可能額は低いでしょう。

カードローンやキャッシングの審査な内容は、会社によっても違いますし、内容はわかりませんが、貸し出しの条件のようなものに、年齢や安定継続した収入のある人と書いてあります。これは最低限の資格のようなもので、その後申込書などから職業や年収や勤続年数などの収入面での審査や、過去や現在の借り入れ履歴や返済の遅延がないかなどの情報を信用機関から調べたり、審査されていきます。自分でも情報開示を申請できますので、わかりますよ。

審査に通って借りられても、金額が少なければ金利は高いですので、金利も含めて返済日までに金額が用意できるのでしょうか。専業主婦は夫の給料日には返済するお金が用意できるかもしれませんが、収入がないと返済は難しいのではないでしょうか。キャッシングの一括払いで返済したら、その後は継続して支払う必要がないような借り方は、少なく、キャッシングでも、リボルビング払いで、継続して払っていく払い方をする人が多いでしょう。

カードローンを借りる時、審査を受けるのですが申込用紙に職業や勤続年数や年収などの収入面の情報を書き安定して継続した収入がるかを見るのですが、その他に重要な点として信用情報機関から取り寄せた、過去や現在の借入履歴とキャッシュカードも含めた支払いが遅延していないかなど調べます。それらがクリアしていてなおかつ申込用紙に虚偽がないか意図的でなくても間違えないほうがいいですが、確認されます。確認方法としては勤務先に在籍確認の電話があります。こういった審査の過程がありますが仕事があってこその審査になりますので、無職では審査は厳しくなります。

無職でもキャッシング可能な大手の金融会社ってありますか?

消費者金融や銀行などでカードローンを利用する場合には、必ず安定した収入ということが条件になります。たとえ正社員でなくてもパートやアルバイト、あるいは派遣であっても一定の収入があれば審査してもらえますし、借り入れが可能になりますが、無職である場合にはやはり審査に通るのは難しいでしょう。ですので大手ですと無職でもキャッシング可能になるのは困難です。

それならば中小の金融会社ならどうでしょう。中小でも正規の金融会社でしたらやはりカードローンの審査に通ることはできないかもしれません。闇に近いような金融会社であれば、簡単に貸してもらえるかもしれませんが、あとあと非常に困った状況になりますので、どんなに困ってもそれだけは避けるべきです。(参考ページはこちら→審査が甘い金融業者から借りる場合の注意点

ですが無職であっても借りることができる場合があります。それは専業主婦です。専業主婦でしら、配偶者に安定した収入があれば借りることができます。その場合には消費者金融では総量規制の関係で無理ですが、銀行でしたら可能になります。最近では配偶者の同意書なども必要ない金融機関が増えていますので、専業主婦でしたら無職であっても比較的借りやすいでしょう。銀行でも専業主婦枠を設けて積極的にカードローンをすすめているところもありますので、そうした金融会社で借りればいっそう利用しやすくなります。

専業主婦ではなく一般の人であれば無職のままではらちがあきませんので、とりあえず、人材派遣会社でよいので登録します。金融機関によりますが半年から1年くらいはきちんとアルバイトでもかまいませんので働いたという実績が必要です。そのうえで審査を受ければカードローンを利用できる可能性が上がります。現在はちゃんとした仕事についているので関係ないと思っているかもしれませんが、いつ仕事をリストラされ無職になるかもしれません。無職になってからでは審査に通ることは非常に困難ですので、作れるときに借り入れの枠だけ持っておくのもひとつの方法です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY