> > > 誰か教えて!無職でもブラックでもキャッシングできるカードローン

誰か教えて!無職でもブラックでもキャッシングできるカードローン

誰か教えて!無職でもブラックでもキャッシングできるカードローン

数年前に自己破産してブラックリストに載っています。その後、転職を繰り返しながら食いつないでいます。現在、前の仕事を辞めて新しい仕事を探しています。しかし、なかなか次の仕事が決まらずいい加減お金が厳しくなってきました。

家賃などの支払いも迫ってきているのですが金がないので借りられないかと真剣に悩んでいます。ブラックでも借り入れできるキャッシングローンはないでしょうか?

誰か教えて!無職でもブラックでもキャッシングできるカードローン

中小や地方の消費者金融であればブラックでも借り入れできるところはありますよ。中小や地方の消費者金融は大手と違い宣伝力が圧倒的に弱く、厳しくなった法規制によって新規顧客の獲得に苦労しているところが多いようです。そういう会社だと審査がゆるくブラックリストでも借り入れができるところもあります。ただし、貸金業者の指定を受けているか、金利は法定内かどうかなど気をつけて申し込みをしないと闇金の可能性もあります。

現在は仕事をされていないと言う事なので、そういう意味ではブラックかどうかは関係かく審査には通らないでしょう。キャッシングローンは収入があることを前提に借り入れができるので無職だと借り入れできません。

また、数年前に自己破産されているとのことですが、キャッシングローンで借り入れを行うと個人信用情報機関というところにすべての情報が登録され、一定期間保管されます。個人信用情報機関には金融会社は加盟することになっていて、加盟する金融会社は登録されている情報を検索閲覧することができます。

自己破産者として個人信用情報機関に名前が載っている間は申し込みをしても自己破産者だということはすぐにわかるので審査には通りません。自己破産から7年が経過するとデータが抹消されるので大手消費者金融等でも借り入れが可能になります。自己破産されてから何年経っているか確認されてみてもいいと思います。7年を過ぎていれば借り入れが可能になりますよ。

個人信用情報機関にデータが登録されているのは、ただそれだけのことであって、法的にブラックリストの人にお金を貸してはいけないということではありません。貸すかどうかを決定するのはあくまで金融会社によります。中小企業だとブラックでも借り入れできるところもあるというのはブラックでも関係なく借り入れできるところもあるということです。ちなみに、ブラックでも借り入れできるところで有名なところで言えば、フクホーというところがあります。絶対に借り入れできるかはわかりませんが、一度申し込まれてみてはいかがでしょうか。

ブラックや無職で利用できるキャッシングはあるのか

キャッシングは多くの人が利用している便利な金融サービスですが、やはり審査にクリアできない人もいらっしゃるものです。審査に落ちてしまう原因は人それぞれ違いがありますが、いずれの場合も返済能力がない、信頼が低いと判断されていると言えますので、融資を受けられるようになるには、信用を回復していく必要があります。
(⇒逆に審査に通るコツとは何か?

まず、無職の方の場合はやはり融資を受けるのは難しいと言えますので、パートでもアルバイトでもとにかく職につき、安定した収入を得ることが大事です。

さらにいわゆるブラックリストに掲載されているために融資が受けられない場合もあります。ブラックになってしまう原因としては、まずは自己破産をしているなど過去に債務整理を行っていることがあげられます。この場合は、何年かするとその情報も消え、新たに借入をしたり、カードを作ることができるようになりますが、その間にお金のトラブルを起こしてしまうと、また信用を落としてしまうこととなります。それゆえに債務整理後はお金の管理はしっかり行っておく必要があります。

それから、現在、遅延がある、不払いがあるなどではやはり審査は厳しくなると言えます。新たに借入を増やすより、まずは現在の借金の返済を順調に行うことが大切です。借入件数が多い場合は、その件数を減らしていくことで信頼度もアップします。

さらに申し込みブラックとなってしまうと、しばらくはその情報も信用情報に掲載されてしまいますので、一度に多くの業者に申し込むことも避けましょう。こうした場合は遅延などを起こしていなくても数ヶ月は融資が難しくなってしまいます。

過去にブラックとなった場合でもそれからかなり年月が経っている場合は情報も消え、順調に融資を受けられる場合があります。それから業者により審査の基準は違いがありますので、厳しく審査される場合もあれば、過去にブラックであった場合も現在の状況に問題がないと判断してもらえれば融資が受けられる場合もあります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY