> > > 磐田信用金庫で少額キャッシングできるカードローンはどれ?

磐田信用金庫で少額キャッシングできるカードローンはどれ?

磐田信用金庫で少額キャッシングできるカードローンはどれ?

妻と3人の子供を持つ30代のサラリーマンです。家族が多いので、学校の行事や外出での出費があると、結構なダメージになるんです。家計は妻に任せてあるので、あまり文句は言わないようにしているんですが、出費のかさむ月に小遣いを減らされるときだけはやはり気分のいいものではありません。それなりに付き合いもありますし…。

来年以降、子供が小学校から中学校へ進学し、さらに高校へとラッシュが来るので、妻には内緒で少額のキャッシングを考えています。そこで質問なんですが、磐田信用金庫にあるローンの中で、少額融資をしてもらえるおすすめのものはどれでしょうか?数が多くて読んでいるうちに疲れてしまって…。
(⇒信用金庫系の融資の基礎

フリーローンとカードローン、両方に少額可能なものがあります

1人で行動すればそんなにかからない外出も、お子様連れでとなると予想外の出費になることがありますよね。それでお父さんのお小遣いを減らすというのが良い事なのかどうかは解りませんが、それが元で会社での付き合いが悪くなってしまうのも困りものですし、難しい問題ですね。

さて、磐田信用金庫での少額キャッシングでしたね。困ったときに何度でも利用ができるカードローンタイプと、一度借りたら返すだけになる証書式(フリーローン)タイプがありますが、ご質問者様のご様子ですと、1回ではなく、何度でもキャッシングできる方をお考えのことでしょうから、フリーローン商品はここでは除外しますね。フリーローンの中には金利が低く設定されているものもあって、1回だけの借り入れにはお勧めできるものがありますが、何度もとなると、やはりカードローンタイプを選ぶことになるでしょう。

磐田信用金庫(いわしん)で取り扱っているカードローンのうち、シニア世代を対象とした物を除けば、30代のサラリーマンが申し込めないカードローンはありません。その中でも特に少額融資にこだわるのであれば、「いわしんカードローン(10万~100万)」「いわしんきゃっする(極度額が50万から10万円単位)」でしょう。カードローンの場合、限度額が100万円あるからといって、必ず100万円借りなければいけない訳ではないので、極度額の設定をそんなに怖がることはないんですが、使いすぎなどを自制したいというような目的があるならば、「いわしんカードローン」で、10万円からの限度額を申し込むのが無難でしょう。

限度額が大きければ、それだけ金利が下がることもあるので、一概に枠を小さくするのが賢明だと言い切れない部分もありますが、あえて少額融資を希望することで審査を通りやすくすることも申し込み方法のひとつですし、まずは「いわしんカードローン」で限度額を抑えた融資を受けられるといいのではないでしょうか。

磐田信用金庫でキャッシングを利用する方法

磐田信用金庫でキャッシングを利用したいと思うなら、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。

例えば、審査についてです。銀行に比べて信用金庫は審査が緩いともいわれますが、それでも審査がないわけではありません。磐田信用金庫独自の審査というものがあり、それに通過しなければキャッシングは利用できません。その審査ですが、本人についてのいくつかの属性が調査されます。

例えば、収入です。収入については、額が大きいほど審査では有利になりますが、額だけではなく定期性も重要です。定期的にしかも安定して収入が得られていること、そのことが返済能力を示す証拠となりますので、審査においては不可欠なポイントです。雇用形態はもちろん無関係ではありませんが、収入の額と定期性、こちらのほうが重要といえるでしょう。

また、居住形態が問われる場合もあります。この場合は、マイホームに住んでいるか、もしくは借家に住んでいるか、このどちらであるかがポイントです。マイホームのほうが審査ではプラスになることはいうまでもありません。なぜなら、借りに返済が行き詰まっても、資産を売り払って返済に充てることができるからです。ただし、借家住まいでも安定した家賃の支払があれば、その事実で返済能力があると判断されます。居住形態についてはこのような点を覚えておきましょう。

他に、過去の金融事故情報などもチェックされます。これはとても重要な審査基準の一つです。金融事故とは、自己破産、債務整理、強制解約、返済遅滞などを指していますが、こうした金融事故の履歴があると、それだけで審査に通過できないことがあります

なお金融事故情報のチェックは、個人信用情報機関を通じて行われます。個人信用情報機関に納められた情報は、一般の人が閲覧することはできませんが、金融機関は閲覧を許されています。したがって、利用者が申告しなくても明らかになるということを知っておきましょう。

さて、審査では以上のような点が基準とされます。

【参考ページ】
融資審査基準についてさらに詳しく

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY