> > > キャッシングを借りれない基準っていうのはあるんですか?

キャッシングを借りれない基準っていうのはあるんですか?

キャッシングを借りれない基準っていうのはあるんですか?

変な質問というか他に誰も聞いてなさそうなので、お尋ねさせてもらいますね。キャッシングを借りられる基準では無くて『借りられない基準』というのはあるんでしょうか?

ものはかんがえようって感じではあるのですが、良くネットの融資紹介サイトとかで「こうすれば借りられる!」とか「これで審査に通った!」とかの紹介がありますよね?それを集約すれば先ほど言った『キャッシングが出来る基準』が完成するわけですが、逆に関してはほとんど見かけません。まあ、ネガティブな情報を掲載するよりも借りられた!とかのポジティブな情報の方が価値があるわけですし、仕方が無い事かもしれませんが…。

そこで、今回は『キャッシングの審査に落ちてしまう基準や目安』について、有識者の方々にはっきりとお答えいただければと思います。誰も聞かない事かもしれませんが、私としては非常に参考になる意見ですので、お詳しい方はふるってお答え下さい。こんな質問に付き合って下さりありがとうございます。
(⇒そもそも融資審査の基準はどうなっている?

実は借りられない基準っていうのもあると言えますね

こうして色んなご質問にお答えしている者ですが、確かに質問者さんの言っているような内容っていうのは、レアケースと言っても良いかもしれません(笑)。といっても馬鹿にしているわけではなくて、こうして答えさせてもらう側としても「なるほど、そういうのもあるのか…」という考え方について関心しています。落ちてしまう要素なんていうのはネガティブな情報というのも事実で、サイトに掲載する優先順位は低そうですしね。

で、実際にそうした基準をまとめるとしたら、キャッシング審査に通らない基準やポイントはあると言えますね。通る基準の真逆で考えてみると良いのかもしれませんが、それだと急ぎの時にはややこしいですからね。そこで、私なりにまとめて何点か解説していきますので、是非ともお役立て下さい。

まず、ブラックリストという人は通らないと言っても過言ではありません。ブラックリストは正式名称で言えば金融事故記録者で、返済に遅れたり自己破産した人が記録されます。言うなれば、金融業者側から見た危険人物ですね。危険人物になれば警戒されるのは当然で、返さないかもしれない人にお金は貸さないのです。

次に未成年も無理ですね。未成年でも収入を得ている人はたくさん居ますが、未成年のうちは特定の時間の間は働けないなどの規制があるように、融資についても同じようなものです。自分の判断で自分の事が実行できる20歳以上でないとお金は借りられない、そう覚えておく事が肝要です。

さらに年齢続きですが、高齢者の方も厳しいですね。というか、キャッシングを利用する際には対象年齢について確認していると思うのですが、大体は65歳から70歳までの間が融資を受けられる限界の年齢となっています。この年齢になると働ける環境及び収入にも制限が多く、妥当な判断としか言えません。(参考ページはこちら→やはり仕事が無いと融資は受けられない?

これらの点で共通しているのは『審査が厳しくなるのではなくそもそも通らない』という点です。どれも該当する人は少数かもしれませんが、覚えておいて損は無いでしょうね。

キャッシングで借りれないときの基準とは?

ちょっとしたお金が足りなくなることというのは、生活をしているとよくあることでしょう。そんなときには身内や知り合いなどに借りる方法もありますが、それではあとでもめることもあります。それなら、ほかの金融会社に借りるようにすることを検討するといいでしょう。

ほかからのお金の借入はキャッシングが便利です。金融会社といっても、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがありますが、それぞれ基準が異なりますので、特徴を知って自分に合ったところを選ぶようにするといいでしょう。

銀行やクレジットカード会社では、審査が厳しく、時間もかかります。しかし、金利が低かったり、経営が堅かったりするので安心感があります。仕事や収入の関係でかなり制限があるので、不安定な収入の人では借り入れが難しいでしょう。

消費者金融では、わりと審査が緩く、対応もスピーディなので、すぐにお金がいるときには便利です。若干金利が高めだったりしますが、今は法的な規制が入っているので、返済額が膨大になることもないでしょう。こちらでは、安定した収入のある人はもちろんのこと、派遣や契約社員、アルバイト、パートの人でも審査に通る可能性が高いので、ハードルが低いといえましょう。

しかしながら、いずれの金融会社であっても、通常は無職の人では借りれないような基準があります。これは、返済能力があるのかどうかということを本人の情報から裏をとり、判断していくものなのです。ですから、ある程度の収入があり、返済をしていけるだけの人物であるのかということをそれぞれのジャンルの会社なりに決めてあるのです。収入がたくさんあっても、今まで返済できないことがある人では審査も厳しくなるのです。

ただ、まれに消費者金融でも無職の人で条件が整えば、キャッシングができることもあるのです。それは、親や配偶者などで返済能力がある場合や、就職の内定をもらっている場合、派遣などの契約期間の間の無職期間であったりする場合などです。

やはりお金を貸す限りは、きちんと返済のできるような人に貸すということなのです

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY