> > > キャッシングで年収を多めに書くと何か不利になりますか

キャッシングで年収を多めに書くと何か不利になりますか

キャッシングで年収を多めに書くと何か不利になりますか

キャッシングを申し込もうと思ってます。申し込むときに年収を書くところがありますよね?年収って多い方が有利だと思うのでちょっと多めに買いとこうって思うんです。

キャッシングで年収を多めに書くって何か後々不利になったりします?別に年収が本当かどうかって調べようは無いかなと思うんですけどばれちゃうものなんでしょうか?

キャッシング申し込みの時の虚偽記載はばれます!

キャッシングの申し込み書には様々な項目があります。氏名、住所、電話番号にメールアドレス、配偶者や扶養家族の有無、勤務先と勤続年数、そして年収、借入希望額など多くの項目に記載が必要です。キャッシング会社によっては勤め先での役職などを記載しなければいけないこともあるでしょう。これらの情報はすべて審査で使用されるものですから、嘘偽りなく記載しなければいけません。

年収については、確かに少ないよりも多い方が審査で有利にはなってきます。ですが、仮に多めに記載する、虚偽の記載をしてしまってそれが判明してしまった時はそれだけで信用できないと審査に落ちてしまう場合があるのです。虚偽記載はしない、これは基本なのです。

年収なんてちょっと上乗せしてもばれないのではないか、と考えるかもしれませんが、もしも多くの金額をキャッシングで希望するのであれば年収の虚偽記載は必ず知られてしまいます。なぜなら、収入証明書の提出が必須になる事が多いためです。源泉徴収票、確定申告書を提出すれば年収は簡単に知られてしまいます。これは自分で修正できるものではありませんから確実に本当の年収を知られてしまいますよね。本当の年収で問題が無かったかもしれない場合でも、年収で嘘をついてしまったことがばれればこの人は信用できないな、ということで審査に通らないかもしれません。

収入証明書は必ず提出しなければいけないキャッシング会社、50万円や100万円など一定の金額を超える金額を希望した場合のみ提出しなければいけないキャッシング会社があります。いずれにしても調べれば簡単にばれてしまうようなことについて、嘘をつくことは賢い選択ではありません。正直に書くことで信用してもらうと考えるようにしておきたいですね。

キャッシングは残念ながら審査に通らないことはあります。ですが、安定した収入があってその収入に見合う金額を希望しているのであれば審査に通る可能性は十分あるのです。与信に問題が無ければ不安に思う事もないですから、きちんと正直に記載して審査に臨むようにして下さいね。

キャッシングで年収を多めに申告するとどうなるか

キャッシングを利用する場合、消費者金融などの総量規制の制限のある金融機関では年収が少ないと借り入れ額に年収による制限がかかります。銀行のような総量規制の制限のない金融機関を利用する場合でも、年収が高い方が返済能力があると見られるため、審査や限度額の設定で有利になります。そのため、キャッシングで年収を多めに申告する人も少なくありません。
(⇒銀行なら大金を簡単に借りられる?

年収を偽った場合でもばれないケースもあります。総量規制では1社の借り入れが50万円を超えるか、他社との合計が100万円を超える場合に収入証明書の確認が必須になります。これよりも少ない金額であったり、銀行などでは収入証明書の提出が求められない場合もあり、気付かれにくいです。

収入証明書が必要な場合でも偽ることはできます。給与明細などは統一されたフォーマットはありません。大企業などでは利用者が多ければ提出された明細によってその会社がどのようなフォーマットであるか把握されている可能性はありますが、中小企業などでは把握できていないこともあります。このような場合、給与明細を偽造しても判別できません。(参考ページはこちら→金融業者によって対応が違う理由

しかし、金融機関は貸し倒れのリスクを下げるために様々な情報を利用して年収を確認するため、収入を偽るとばれる可能性も十分にあります。例えば、同じような年代・業種の統計から考えてあまりにも多すぎる年収を申告すれば不自然なのでばれやすくなります。ばれた場合、虚偽の申告をしたことで印象の悪化は避けられず、審査に通りにくくなります。

もし審査に通った場合でも安心はできません。定期的に情報をチェックしているようなところもあり、契約後に虚偽が発覚して限度額を下げられることがあります。また、金融機関が安全と判断できる基準を超えた借り入れをすることで返済が困難になるリスクを負うことになります。この状況で自己破産した場合、返済能力を偽った借り入れであるため免責不許可事由に相当し、債務が免責されなくなることがあります。

キャッシングで年収を多めに申告するのはリスクを伴う方法であるため、できるだけやらない方が良いです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY