> > > アレックスのキャッシングはブラックでも対応してくれますか

アレックスのキャッシングはブラックでも対応してくれますか

アレックスのキャッシングはブラックでも対応してくれますか

私は20代に自由奔放と言いますか無茶をやっていてお金を借りてはギャンブルや旅行、買物などに使い最初は両親にすがって返済してもらっていたのですが、そのうちにあきれ果てられて勘当されてしまい、結局29歳の時に自己破産しました。現在35歳ですが、自己破産してからはそれまでの乱れた生活は全て止めて、いたってまじめにおとなしく貧乏生活をしていました。しかしこの間に親父は齢を取り何度か病気をしていたことが分かりました。
(⇒自己破産後の融資について

何も知らず私は自分の馬鹿さ加減が身に染みています。その親父がまた入院しており、昨日お袋からお金が何とかならないかと言ってきました。どうにかしてやりたいとは思うのですが、自己破産後のブラックの状態ではお金の用意も思うようになりません。そこで調べてみたのですがアレックスと言う業者はブラックでも貸してくれると言う話を見つけました。この話は本当なのでしょうか。現在では返済能力は有ると思っていますので宜しくお願いいたします。(参考ページはこちら→融資では返済能力があっても借りられないケースがあり?

厳しい面も有りますが確かにブラックも借りられる場合が有ります

アレックスは確かにブラックにも対応してくれますが、申込みブラックやブラックで無くても既に何社からも借入しているような場合の対応は厳しく、借り入れはまず無理と言われています。あなたの場合には現在借入はできませんし、申込みブラックと言う訳でもないので、そういう点で厳しい扱いを受けるようなことは無いと思われます。どうしても必要と言うのであれば、申込みをしてみても良いのではないでしょうか。
(⇒ブラックで借りにくい人でも融資をしてくれるところがある?

ただしブラック対応といってもブラックを問題視しないと言うだけで審査は普通に行われます。したがってあなたが必ず審査に通ると言う事ではありません。いろいろ審査したうえで断わられる可能性も有ることは予め覚悟しておきましょう。また審査に通ったとしてもあなたはブラックですから、やはり貸し出す側にとっては危険性の高い人物に見られます。このため貸し出される金額はそれ程高額と言う訳にはいかず、また金利も銀行や大手消費者金融よりも高く設定されることになります。

お父さんがご病気という事では仕方が有りませんが、ブラックという記録は信用情報中に10年記載されるのが普通ですので、本来はあなたの場合あと4年間は自己破産の反省と言う意味でも借り入れなどは考えず、借金しないで済む生き方を実践して、2度と同じような状態にならないようにするための研修期間にするべき時です。したがって借入は必要最小限にして、この借り入れをきっかけにして、更なる借入を始めるような事の無いように充分に注意しなければなりません。

またあなたは現在は返済能力は有ると言っていますが、その確認のためには借入前にどの様に返済のためのお金を毎月用意していくのかということが分かるように完済するまでの間の返済計画を作っておくようにしましょう。自己破産した人の場合再度窮地に陥る可能性が高く、安易な判断はしてはいけません。できれば誰かと一緒に計画を練り、客観的に見ても返済出来るだろうと思えるような返済計画を用意しておくようにして下さい。

アレックスの特徴とキャッシングの利用について

キャッシングサービスを受けたいと思うなら、アレックスを利用するという方法もあります。アレックスは消費者金融ですが、キャッシングサービスを利用することができます。(参考ページはこちら→中小消費者金融の利点

消費者金融のいいところは、なんといっても利便性の良さです。申し込みについていえば、概ね24時間365日対応で、インターネットを通じてパソコンや携帯電話からでも行うことができます。日中どんな場所にいても、インターネットに繋がる環境があれば融資の申し込みができるのです。また、日頃忙しくて申込む時間がないという人でも、早朝や深夜に申し込みを行うことができます。こうした利便性こそが、消費者金融の大きなメリットの一つといえます。
(⇒ネット申し込み可能というのは大きなメリット

さらに、審査に通りやすいということもメリットです。銀行の場合は金利が低い分審査を厳しくしなければなりませんが、消費者金融はそれとは逆に、金利が高い分審査は優し目に設定されています。したがって、正規非正規に関わりなく、しっかりとした収入さえあれば誰でも利用の道が開けているのです。アルバイトの方で銀行の審査では落ちたという方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような方でも安定収入さえあれば、消費者金融の審査に通過できる可能性があります。

一方で、デメリットにも目を向ける必要があります。消費者金融のデメリットは、金利が高いこと、総量規制の対象になることです。金利については銀行よりも高めに設定されているので、利用する場合は事前によく金利計算を行っておかなければなりません。月々の返済額を確認することはもちろんですが、完済予定日についてもしっかり認識しておかなければなりません。

総量規制については、年収の3分の1までしか借りることができないという事実を頭に入れておくことです。年収の3分の1までということは、人によっては大口融資が受けられないということになります。こうしたデメリットもあるんで注意してよく見ておきましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY