> > > キャッシングのノーローンで使える提携ATM教えてください

キャッシングのノーローンで使える提携ATM教えてください

キャッシングのノーローンで使える提携ATM教えてください

キャッシングのノーローンを申し込んだときに、利用出来る提携ATMってどこがありますか?よく出張で県外に出てしまうのでそこで使えるATMがあると助かります

逆に利用出来るATMが少ないようならノーローンの利用は考えなおさないといけないかなとも思っているので教えて頂ければと思います。

ノーローンが提携しているATMは20ほどあります

ノーローンが提携しているATMはおよそ20ほどあります。例えば新生銀行のATMやレイクのATMですね。レイクのATMであれば利用手数料無料で利用できますし、入金と出金両方可能です。端数の精算も可能となっていますのでレイクのATMがどこにあるかをチェックしておけば間違いないでしょう。他にもコンビニやショッピングセンターのATMとも提携していますし、地方銀行のATMも利用できるようになっています。どこに行った場合でも大きく困ることなく利用出来るはずですね。

ただし、利用可能なATMは多くあってもそのATMで出来ることというのは提携先によって異なります。出金はどのATMでも可能ですが、入金は出来ないという提携ATMは多いのです。コンビニ、ショッピングセンター、信販会社のATMは入金と出金両方可能となっていますが、地方銀行のATMは入金不可というところが結構ありますので事前に確認しておいた方が良いですよ。

取扱時間についてもATMによって異なります。新生銀行やセブン銀行のATMはほぼ24時間利用が可能となっていますが、あとは深夜の利用には対応していないところがほとんどです。営業時間も確認しておくようにしたいですね。あと確認しておきたいのが利用手数料の有無です。ノーローンの提携ATMは、レイクのATM以外全て手数料が発生することになっています。その金額は1万円以下の取引は108円、それを超えると216円というものです。これは入金、出金両方でかかってきます。

端数精算が出来るATMはいくつかありますが、硬貨での返済が出来るという事ではありません。おつりが出るということ、あとは後日口座への返金を行ってくれる所があるということです。端数での精算が不可になっているATMも多いですし、自分で硬貨を使って返済することは不可能ですので、それは注意しておきましょう。ノーローンを利用する上で利用可能なATMは少なくありませんから便利であることは間違いないですね。あとは、それぞれの提携TMの特徴をsっかりと確認しておくことが大切になると言えるでしょう。

【参考ページ】
融資を受ける前にATMの使い方を覚えよう

ノーローンのキャッシングで提携しているところを知る

お金に関して困ることは誰でもあります。今では、キャッシングをすることが当たり前となった時代です。上司から飲み会に誘われたけど現金がない、翌月までの生活費が足りない、冠婚葬祭の参加費用が足りないといった悩みを抱えている人がいるでしょう。現金に関しての問題を解決するためには、調達の方法を知っておくと便利です。一番効率的な調達方法は、企業と正式に契約をして金銭的なやりとりをすることです。(参考ページはこちら→どんな金融業者がお金を貸してくれるの?

はじめてキャッシングをするときには、企業の特徴を知っておくといいでしょう。また、最低限の知識を身につけていれば利用をしやすいです。企業の選び方としては、お金が必要な状況を分析するのが先決です。必要な状況に合った企業を選びましょう。審査のスピードやサービスや借り入れができる方法などは、企業によって異なるからです。(参考ページはこちら→融資審査の基準も企業で違います

ノーローンといった有名な企業もあります。特徴は、1週間無利息で借り入れができるところです。そのため、短期間でお金が必要な人には向いている企業です。完済をした翌月にはまた1週間の無利息期間が付きます。何度でも1週間無利息がつくので、短期でしか借り入れをしない人は、実質ゼロ円で借り入れができるのです。キャッシングサービスがどのようなものかを試したい人にも向いている企業だと言えるでしょう。使い方次第では、お金をかけずに利用できるからです。

提携をしている金融機関やコンビニは企業のホームページに記載されています。時間帯によっては、手数料が発生するので調べておきましょう。できる限りやすく借り入れをしたい人は、手数料の金額も調べて、手数料が安い時間に利用するのがポイントです。何度も取引をしていると、手数料のお金も積み重なっていくからです。コンビニでも利用ができるので、仕事が忙しい人でも利用することができます。コンビニでキャッシングをすれば、周囲の人からお金を借りていると思われないといった利点もあります。借り入れは計画的にしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY