> > > 誰か教えて!水商売だとキャッシング出来ない?

誰か教えて!水商売だとキャッシング出来ない?

誰か教えて!水商売だとキャッシング出来ない?

ホステスをしています。いわゆる水商売というやつです。自分で言うのもなんですが、お金使いが荒く持っていると持っているだけ使ってしまいます。手持ちのお金がなくて困ることもよくあって、こんな時にキャッシングのカードがあったらといつも思っています。

なので、思いきって申し込もうと思っているのですが、友人に聞いたところによると水商売だと審査に通りにくいと言われました。仕事が不安定で信用が低いというのが理由のようです。水商売だとキャッシングできないのでしょうか?

誰か教えて!水商売だとキャッシング出来ない?

キャッシングできないわけではありませんが、審査に通りにくいのは確かです。キャッシングローンの審査は安定した収入がある方というのが条件です。安定した収入というのは毎月決まった金額の収入があるということを指します。それによってカードローン会社も月々これくらいの返済が可能だろうと試算しやすく会社勤めであれば毎月ちゃんとお給料として収入を得られるという信用にもなっています。(参考ページはこちら→どんな仕事がお金を借りやすいのか

しかし、水商売の場合は歩合制のところが多いので毎月安定した収入とは言えず、返済における査定が難しいという欠点があるので審査に通りにくいということになりますが、カードローンであれば比較的作りやすいと思います。銀行の住宅ローンのように借り入れ額大きい場合にはかなり慎重に審査も行われるので水商売だと審査に通りませんが、カードローンであれば、少額からの借り入れができるので取りあえず貸し付けて様子をみるということもあるようです。

あと、問題になってくるのは在籍確認ですね。在籍確認とは提出書類に勤務先を記入し、嘘がないか勤務先に電話をして本当に勤めているかを確認するというものです。ホステスだと本名ではなく源氏名で働かれている方もいるかもしれませんし、呼ばれるのも下の名前がほとんどだと思います。在籍確認の際、キャッシングローン会社は会社名ではなく担当者などの個人名で電話をかけてきます。

「○○と申しますが、△△さんおられますか」とかかってきた時に、本名でかけてくるので電話に出た方が誰のことかわからない可能性もありますね。「わかりません」「いません」と対応されるとその時点で審査には通りません。また、仕事柄親兄弟に内緒で働いている方もおられたら、店側が考慮して「いません」と言ってします可能性もあるでしょう。そんな時のために電話に出る人には電話がかかかってくることを伝えておく必要があるでしょう。

水商売だとキャッシング出来ない?のはうそなのか

よく水商売だとキャッシング出来ない?と言われますが、実はそんなことはありません。しかし、一般の会社員や公務員と比べると審査が厳しくなるのは本当です。(参考ページはこちら→どうして仕事によって審査の通りやすさが変わるのか

水商売だと審査が厳しくなるのは、収入が安定していない仕事だからです。一般的には、水商売だと将来的に不安定だと判断される職業で、将来的に不安定だと収入面でもやはり不安要素が高くなるので、どうしてもキャッシングの審査では不利になります。

ただ、水商売でも毎月一定の収入はありますから申し込むことは出来ます。キャッシングの審査で最も重要視されるのが、返済出来るかの信用です。例え年収が高くても安定した収入でなければ信用度は下がりますし、逆に年収が低くても安定した収入があれば信用度は高くなります。また、申し込み者に対しても返済をしてくれるかの判断をキャッシング会社は行っています。

信用出来ると判断されれば、キャッシングは水商売でも利用出来ます。審査に通りやすくするためには、少しでも信用度を高める必要があります。収入や職業以外で信用を高めるには、勤務期間や書類の記入、電話の対応、申し込む前までの返済実績などです。水商売でも、同じ職場に長く務めている方が信頼度は上がってきます。出来れば一年以上は、同じ職場で働いている方がよいです。

申込書類では、嘘など偽りは書かずに正直に丁寧に書きましょう。嘘を書いても、会社側が調べれば直ぐにばれてしまい審査も通らなくなります。本人確認のための電話の対応も、丁寧にきちんと質問に答える方が印象がよくなります。電話での連絡がきた時点で、ほぼ審査は通ったともいえますから必ず連絡がとれるようにしておきましょう。
(⇒嘘をついて審査に落ちると後が大変?

また、申し込んだときに他社からの借入がある場合は、完済させておいた方がよいです。完済させることで返済実績も上がりますし、信用も高くなります。逆に延滞などを起こしていると、審査に通りにくくなりますから返済が遅れないようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY