> > > キャッシングの増額申請って何かデメリットはありますか?

キャッシングの増額申請って何かデメリットはありますか?

キャッシングの増額申請って何かデメリットはありますか?

今利用しているキャッシングが限度額いっぱいになってきたので、いろいろと悩んだ結果増額申請をしようと考えています。新規申し込みよりも増額申請のほうがメリットが多いと判断したためですが、メリットの情報はいろいろなところで確認できるものの、デメリットについての情報を見つけることができませんでした。

そこで、増額申請をするときのデメリットがあれば教えてもらえませんでしょうか?メリットばっかり見ていると不安になります。デメリットがあらかじめ分かっていれば、後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することもなくなると思います。増額申請でのデメリット、教えてください!

意外と多い増額申請でのデメリットの数々!

確かに。新規申し込みと増額申請の比較ってあまり見かけませんものね。新規申し込みはもちろん新規申込みしてほしいわけでしょうから新規申し込みのメリットしか書きませんし、これは増額申請についても同じでしょう。今、ちょっと調べてみましたが、増額申請のデメリットだけ説明しているようなwebサイトはかなり限られていますね。

ところが、増額申請のデメリットは意外にあります。しかしデメリットというと無条件に悪い要素しかないように聞こえますが、注意を払っていれば回避できっるようなものばかりなので、デメリットだけでなく注意点としていくつか説明して行きますね。今後の手続きの参考にしてもらえるとうれしいです。

まずは、申し込みの時点から。一つ目は記入する情報の変化です。給料が上がった、住まいが持ち家になったなど、ポジティブな内容の変化であれば全く問題はありません。しかし、問題はネガティブな変化と、重要な情報の変化です。例えば、借金が増えた、職場が変わった、給料が下がった、などがあります。増額申請は新規申し込みと比較すると簡単なイメージがありますが、このような場合には増額申請でも新規申し込みと同じように手続きが面倒なものになることがあります。
(⇒増額審査の意外な落とし穴

特に、給料が下がった、借金が増えたは要注意です。給料が極端に下がった場合には、増額申請をしているにも関わらず現在の限度額が下がることさえあります。もちろん、こんな状況では新規申し込みで他社に申し込んでもお金を借りることができないのは当然ですが、増額申請の場合には減額される可能性があるということを覚えておきましょう。

また、キャッシング先が消費者金融や信販会社など銀行以外の場合にも注意が必要です。消費者金融業者や信販会社では貸し付けの上限が年収の三分の一までと決まっています。例えば、上限が100万円なのに、増額して120万円になるような限度額を望んでも審査に通ることはありません。最初から審査に通るわけのない増額を申し込んでも、時間の無駄なだけで審査に通ることは絶対にないのです。

このような場合には銀行のキャッシングであれば貸付を受けることができる場合もあります。しかし、新規申し込みであれば借りれるというわけではありません。既に限度額に近づいている、もしくは達しているというのであれば、新規でも増額でも借り入れは難しいと思ったほうが良いでしょう。そして申し込むなら新規でも増額でも構わないのでとにかく銀行に申し込むべきです。

【参考ページ】
融資額増額のメリットデメリットについて

キャッシングの増額申請のデメリットについて

いつでも、必要な時に、コンビニATM等で手軽に現金を借りる事ができて、便利なサービスが、キャッシングです。審査を受け、契約が終わった状態であれば、急に飲み会に誘われた、欲しい物ができた、突然、冠婚葬祭の連絡がきたけれど、持ち合わせがないといった時に、お金がない事で慌てたり、悩んだりする必要がなくなります。

そんなキャッシングは、とても便利なサービスですが、無限にお金を借りる事が出来る訳ではありません。審査の際に提出した、年収や、雇用形態、勤続年数等の様々な条件と、希望金額などを元に、限度額が設定され、その範囲内で借入をしていく事になります

消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、最大で年収の1/3までの借入となりますが、これは、あくまで最大の借入額となります。最初の審査の段階では、50万円以下の少額の限度額となる事が一般的で、その後、必要に応じて増額をしていく事になります。

ただ、増額申請はすぐに行う事ができません。増額をする為には、まず契約をした業者で借入をし、借りたお金を問題なく返済していく事が重要になってきます。問題なく返済出来る事を証明する事で、業者との信頼関係を築く事が出来ます。信頼関係が出来たら、そこで増額申請が可能となりますが、その目安となる期間は、半年から1年程度とされています。

ですから、増額したいと考えた場合、まずは半年以上、借入と返済の実績を作っていく事が大切です。この期間に、返済の遅れなどがあれば、返済能力が低いとみなされ、増額の審査は通らない事になります。(参考ページはこちら→返済の遅れはどんな金融業者でも嫌がります

そんな増額申請をする際は、審査落ちのデメリットも意識しておく事が大切です。審査に続けて落ちた場合、増額どころか、限度額が減額となる、一時的に借入停止となる事も珍しくありません。本当に必要な場合、増額の審査を受けるのも良いでしょう。ですが、限度額を増やしておきたい程度の軽い気持ちで増額申請をするという事はお勧めできません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY