> > > 今までのキャッシング審査で通らない理由を教えて!

今までのキャッシング審査で通らない理由を教えて!

今までのキャッシング審査で通らない理由を教えて!

今まで数々の人がキャッシング審査を受けてきたと思います。キャッシング審査を受けてきた人の属性も様々でしょうし、実際に通った人もいれば通っていない人もいますし、その結果も様々だと思います。そんな中でキャッシング審査に通らなかった理由というのを知りたいのです。(参考ページはこちら→融資審査には何故落ちる?

キャッシング審査に通らなかった理由はひとによってある程度は違うと思いますが、実際にはどういう理由が最も多かったのでしょうか。多かったキャッシング審査に通らなかった理由を知りたいです。

キャッシング審査に通らなかった理由で多いのは申込過多だ

まぁこれも統計の取り方や業者によっていろいろと言われていて、一つではありませんからはっきりと言えるわけではありません。しかしいくつかのキャッシング審査に通らなかった理由があげられる中で、よく入っていて、そういう経験をしたことがあるという人もいるくらいのものがあります。それが多数の申し込みをするということで、これが原因で落ちることになるのです。
(⇒融資の審査基準が判然としない理由

キャッシング審査に通らなかった理由というのは年収だったり職業だったり借入だったり様々ありますが、その中の一つであるたくさんの申し込みをするというのも大きな理由になります。どうしてたくさんの申し込みをするのか?というと基本的に一つだと物足りないと思っている人や、落ちた時に大変だと考えてしまう人が多いようで、そういう人は3社4社連続して申し込みをするようです。

確かに通らないリスクとか、必要な金額が借りられないかもしれないというリスクを考えると、消費者金融や銀行系カードローンをたくさん申し込むというのは理にかなっているように思うでしょう。しかし残念ながら業者側というのはそういうふうには見ていないのです。業者側はたくさん申し込みをする人を「かなりお金に困っている、危ない人だ」というように見るのです。

なのでたくさん申し込みをしたけれども、すべての業者におちてしまったということもよくあります。これがいわゆる申込ブラックという状況だと言われています。たくさんの申し込みをしてそれでリスクを分散しようという考え方は、基本的に良くないのです。業者側に嫌われてしまえば、1年近くは申し込みをしてもまた通らないという状況になってしまうでしょう。

まずは申し込みブラックにならないようにすることが重要です。一つ一つ申し込みをすれば、こういう人は特に問題なく借りられることが多いので、まず一番いいなと思う物があれば申し込みをして結果を待地ましょう。ダメなら次にいけばいいですが、それも3社までにしておいたほうが申し込みブラックにならないのでいいかと思いますよ。

キャッシング審査に通らない理由として考えられることは?

基本的にキャッシングに申し込みをすると、どこの貸金業者でも審査が行われます。もしキャッシング審査のない所があるとすれば悪徳業者の可能性もあるので利用しない方がよいでしょう。

そのキャッシング審査の内容はどこの貸金業者も公表はしていませんが大体の内容は分かっており、万が一キャッシング審査に落ちてしまった場合には通らない理由がいくつか考えられます

例えば過去に半年程度債務の返済に遅れたことがある場合、また個人再生や自己破産などの債務整理をした場合、そして1か月~2か月の短い期間にいくつものキャッシングに申し込んで全て断られた場合などが考えられます。

この情報は「信用情報機関」に掲載されて(これを「ブラックリストに載る」と言います。)案件毎に決められた最大で10年の間はキャッシング審査に通ることは難しくなります。

ちなみに複数の貸金業者へのキャッシングの申し込みは1か月に多くても2社程度が望ましいと言われています。

その他にも現在無職の場合はもちろんのこと、現在の勤務先の勤務年数が短いこと、そして貸金業者によってはパートやアルバイト、自営業の場合も安定した収入が見込めないという理由で通らない可能性もあります。

また現在賃貸住宅に住んでいたり、過去の引っ越し回数が多かったり、万が一の時の連絡先が携帯電話しかない場合も考えられます。つまり持ち家で連絡先が固定電話と携帯電話の両方あることが望ましいです。

そして当たり前のことですが、申し込み書に虚偽の内容を書いてもすぐにばれてしまいます。また貸金業者が独自に設定した基準(年収いくら以上、専業主婦はダメなど)を満たしていないと通らないことは十分に考えられます。

キャッシング審査に落ちてしまった場合に理由を教えてくれる所は少ないため、通らない理由は自分でかんがえなければなりません。しかし自分がなぜ通らなかったのかが分からない場合は一度聞いてみてもいいかもしれません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY