> > > 学生生活を楽しみたい学生専用のキャッシングってありますか?

学生生活を楽しみたい学生専用のキャッシングってありますか?

学生生活を楽しみたい学生専用のキャッシングってありますか?

高校を卒業して、すぐに就職した同級生は給料があるから僕たち大学に進学した者よりも楽しそうなんですよ。自分の車を買った友達もいるんです。飲みに行く時も、彼らの方が先輩や上司に連れられて行ったことがあるから、よく知っているんですよね。遊んでいる時間は僕たちの方があるんだけど、お金は彼らの方が断然ある!しかもかなり自由な感じですよ。とても羨ましい!。そこで学生生活をもっと楽しみたいからキャッシングをしたいなって思っているんです。学生仲間とのサークル活動や旅行にも行きたいですし。少しバイトはしているんだけど、それでも通用する学生専用のキャッシングとかあるのでしょうか?教えてください。(参考ページはこちら→学生向けな融資について

バイトをしているのなら学生証など必要書類でキャッシングできる

数々の金融会社では、学生専用のキャッシングを受け付けています。まず、二十歳以上であること。少しの時間でも働いていて収入があること。必要な書類は学生証、運転免許証、住民票で本人確認、基本的には無担保、保証人なしで申し込みができます。金融会社によって多少違いがありますから、その辺りは確認してください。学生専用のキャッシングのメリットは何と言っても金利が低く設定されている事です。学生さんにとって少しでも負担が少ない方が良いですからありがたいですよね。

審査はほとんどの場合その日で結果がわかります。上限限度額は金融会社によって違いますし、あなたのアルバイトの収入によっても違いますが、50万円まで設定される事もありますから、おそらく学生にとっては十分な金額ではないでしょうか。申し込み方法としてはネットからの手続きも可能ですし、どうしてもすぐにキャッシングしたいという人には即日融資が可能な場合もあります。さらに学生専用のキャッシングならではの有利な点もあります。たとえば卒業までに返済ができなくても卒業後も返済可能です。

学生生活を楽しみたいというのはみなさん同じです。趣味をお持ちの方もいるでしょうし、サークル活動や彼女や友達と食事に行ったりして、若い時の思い出を作りたいですよね。そんな人には実にピッタリのキャッシングです。ですがくれぐれも延滞や滞納はしないでください。学生とはいえ、成人としても責任があるのです。お金の貸し借りは社会人になればとても重要で、なおかつ一番トラブルに見舞われやすい事だと察する事ができるでしょう。あくまでもキャッシングはしっかりと余裕のある計画を持って行ってくださいね。

学生専用のキャッシングを利用する条件の解説

社会人になっていなくても学生であれば学生専用のキャッシングを利用できます。利用するためには学生である必要がありますが、高校卒業以上でなければなりません。ただし、高校卒業していても予備校生の場合は利用できない金融機関もあります。

学生であることを示すため、申し込みの際に必要になる提出書類には学生証の写しも追加されます。また、アルバイトなどで収入を得ていなければなりません。消費者金融などでは貸金業法の対象になるため、収入がなければ借り入れできる上限が0になってしまい、利用できません。銀行などはこの対象になりませんが、収入が一切なければ返済能力がないため審査に通りにくくなります。(参考ページはこちら→融資を受ける為に大切な事を学ぶ

また、安定した収入でなければならないため、半年以上は勤務していた方が審査に通りやすくなります。アルバイトを始めた直後の利用は難しいです。なお、審査ではこの収入によって返済能力があるかを判断します。通っている学校が一流大学であるか、無名の専門学校であるかなどは影響しません。

年齢は20歳以上であれば親にばれずに利用できることが多いです。申し込み書類には親の連絡先を記載しますが、返済の遅延などの問題を起こさない限り連絡されることはありません。しかし、未成年の場合は親の同意書が必要になる場合があります。

民法上は保証人のいない未成年との契約は無効にできるため、金融機関が貸し付けたお金を取り戻せなくなるリスクがあります。そのため、親を保証人にすることで利用を認めています。しかし、未成年であっても親の同意なしで利用できる金融機関もあります。
中小の金融機関が行っている学生専用のキャッシングに多いですが、これは前述の制度が特別に免除されているということではなく、リスクを理解した上で顧客を得るために未成年の利用を認めています。

学生専用のキャッシングでは利用限度額が低くなる傾向があります。50万円まで借りられることもありますが、アルバイトでは収入が低く、多額の借り入れを行っても返済が困難になるため、空きがあるからと借りすぎないように注意します。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY