> > > 専業主婦が可能なキャッシングを教えてちょうだい

専業主婦が可能なキャッシングを教えてちょうだい

専業主婦が可能なキャッシングを教えてちょうだい

主人は、あと3年で定年なんですよ。ここまで来たら無事に定年を迎えたいわねえ。本人は早く辞めたいなんて言ってるけど冗談じゃないわよねえ、私たちの老後のために最後まで頑張ってもらわなきゃあね!子供は男の子が一人だけど、もう結婚して二人の子供がいるのよ。地方に住んでいるから一年に二回ぐらいしか会えないのよ。孫の顔を見たいから、こちらから会いに行きたいけど私だけのお金がないしね。さらっと一人で行ってすぐ帰って切るのがいいのよ。主人には内緒でね。あとでばれても大丈夫、そんなことでケンカにはならないから。

そこで消費者金融からキャッシングをしようと思っているんだけど、専業主婦が可能なキャッシングってあるのかしら?今さら働けないし、でも孫の顔は見たいし。なんか良い方法を教えてくださるかしら?

家族カードを発行すればキャッシングできますよ

お孫さんの顔を見に日帰りで出掛けたいんですね。夫婦2人で出掛けると大げさになるからという事でしょうか。私の母も同じ事を言ってましたから、なんとなくわかりますよ。ご主人様はまだ現役で働いていらっしゃいますから、キャッシングカードを申し込むのに問題はありませんね。あるいはすでにお持ちでしょうか。お持ちになっているカードの家族会員カードを申し込まれたら良いのではないでしょうか。家族会員カードはキャッシングはもちろんの事、その他のサービスも元のカードと同じに受けられます。どうやらご主人様は奥様のキャッシングの使い道などを気になさらないようですから、会員登録もスムーズにできると思われます。

他の方法としては、ご主人様の収入証明書のコピーや同意書に記載してもらって、専業主婦が可能なキャッシングの手続きもあります。これはご主人様に安定した収入のある専業主婦が申し込めるキャッシングです。しかし、どうしても主人に内緒でキャッシングがしたいとなると、パートタイムでもいいですから働いていないと難しいでしょうね。毎月安定した収入があれば、返済できる可能性があるわけですから金融会社もキャッシングしても返済が可能な人だと判断するわけです。

もし奥様にお時間があれば、一日で数時間のアルバイトをする事により、奥様だけのキャッシングができます。しかも女性専用のキャッシングもあるのです。申し込みの段階から、ご主人様はもちろん他の人にも内緒で手続きができるんですよ。どの方法にせよ、ご主人様が働いていらっしゃるのですからキャッシングができそうですね、お孫さんに会いに行ける日も近いですよ。

専業主婦が可能なキャッシングは銀行系キャッシングです

以前はサラ金、消費者金融の大きな顧客層だった専業主婦ですが、自分自身に収入がないのに借り入れをしてそれが家族に知られるのを嫌って更に借り入れをする悪循環に陥って、返済できなくなり自己破産に至る人が多く出ました。

その為に収入のない人は消費者金融を利用出来ないという制限ができました。それが貸金業法の改正による総量規制です。そう考えるともう専業主婦はキャッシングを利用できないように思えますが、実はそうではありません。(参考ページはこちら→現代において専業主婦が融資を受けるには

使えなくなったのは総量規制に制限される消費者金融だけです。つまり所謂サラ金や、クレジットカードのキャッシングは収入のない人には利用できなくなりましたが、それ以外ににも簡単に借り入れできるキャッシングがないわけではありません。つま専業主婦が可能なキャッシングがあるのです。

それは銀行系キャッシングです。貸金業法は銀行以外の貸金業者の為の法律です。つまり貸金業法の定める総量規制は銀行法に従って営業している銀行には関係ないのです。つまり銀行の行うカードローンやキャッシングはよく似ていてほぼ同じようなサービスですが、総量規制の対象外なのです。つまり銀行さえ審査に通せば、自分自身は無収入の専業主婦でもキャッシングは可能なのです。

さてでは実際に利用できる銀行系はあるのでしょうか。元々リスクをあまりとらないものですが、最近は審査をクレジット系の会社を子会社化して積極的な融資をしているので、専業主婦といった少ない上限額にしかならない人にも積極的に融資しています。専業主婦の人は収入はないのですから収入が少ないと言う理由では審査落ちしません。(参考ページはこちら→融資審査に落ちてしまう場合の明確な基準とは?

しかもあまり大きな上限額にはしませんので、比較手誰でも借り入れます。そう考えると一般的には審査の厳しい銀行系ですが、専業主婦だけはそうでもないということです。はっきり問題があると自分でも判っている人でなければ利用できる可能性が高いのです。金利も安めですしおすすめです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY